米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

審判請求~米国~

審判とは[Appeal]

審判請求とは、審査官の最終的な拒絶に対して不服を申し立てる手段である。
出願人は、所定の手数料を納付した上で、特許審判インターフェアレンス部に審判を請求する。

審判とは、現在のクレーム内容を争う手続きであるため、クレームの補正を行いたい場合には、継続審査請求を請求するべきである。

手数料については、小規模事業体の場合小規模事業体以外の場合を参照。

<関連法規>

特許法第134条;日本語
第 134 条 特許審判インターフェアレンス部への審判請求
(a) 特許出願人
何れかのクレームが 2 度に亘り拒絶された特許出願人は,審判請求手数料を納付した上で,主任審査官の決定に対して特許審判インターフェアレンス部に審判請求をすることができる。
(b) 特許所有者
再審査手続における特許所有者は,審判請求手数料を納付した上で,主任審査官によるクレームの最終拒絶に対して特許審判インターフェアレンス部に審判請求をすることができる。
(c) 第三者
当事者系手続における第三者請求人は,審判請求手数料を納付した上で,特許に関する原クレーム又は提案された補正若しくは新規のクレームの特許性を認める主任審査官の最終決定に対して特許審判インターフェアレンス部に審判請求をすることができる。(特許法第134条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第134条;英語
35 U.S.C. 134 (pre-AIA) Appeal to the Board of Patent Appeals and Interferences.
(a) PATENT APPLICANT.? An applicant for a patent, any of whose claims has been twice rejected, may appeal from the decision of the primary examiner to the Board of Patent Appeals and Interferences, having once paid the fee for such appeal.
(b) PATENT OWNER.? A patent owner in any reexamination proceeding may appeal from the final rejection of any claim by the primary examiner to the Board of Patent Appeals and Interferences, having once paid the fee for such appeal.
(c) THIRD-PARTY.? A third-party requester in an inter partes proceeding may appeal to the Board of Patent Appeals and Interferences from the final decision of the primary examiner favorable to the patentability of any original or proposed amended or new claim of a patent, having once paid the fee for such appeal. (特許法第134条;USPTO)

審判請求

審判請求書[Notice of Appeal]

出願人が審判請求を希望する場合は、審判請求書を特許審判インターフェアレンス部に提出する。

審判請求書を提出すると、2カ月以内に下記の審判請求理由書を提出する必要があるが、かかる2カ月の間は出願が特許庁に係属した状態となる。
従って、最後の拒絶理通知が発行されてから6カ月ぎりぎりで審判請求書を提出すると、さらに2カ月特許庁に出願を係属させることができる。

審判請求理由書[Appeal Brief]

出願人は、審判請求書を提出してから2カ月以内に審判請求の理由を記載した審判請求理由書を提出しなければならない。審判請求理由書の提出は、最大で5カ月延長することができる。

延長手数料については、小規模事業体の場合小規模事業体以外の場合を参照のこと。

<関連法規>

規則1.136;日本語
§1.136 期間延長
(a)(1) 出願人が非法定期間又は短縮された法定期間内での応答を要求された場合は,出願人は,その応答期間を制定法によって定められている最長期間の満了又は応答のために定められた期間後 5 月の内,何れか早い方まで延長することができるが,これについては,延長申請書及び§1.17(a)に記載されている手数料が提出されることが条件となる。ただし,次の条件に該当する場合を除く。
(i) 出願人が庁指令によって異なる通知を受けていること
(ii) 応答が§41.41 に従って提出される審判請求再答弁趣意書であること
(iii) 応答が§41.47(a)に従って提出される口頭審理請求書であること
(iv) 応答が§1.304 又は§41.50 又は§41.52 による特許審判インターフェアレンス部の決
定に対するものであること,又は
(v) 出願が係争事件(§41.101(a))に関係していること
(2) 申請書及び手数料が提出された日が,延長期間及びそれに伴う手数料の金額を決定するための日である。期間の満了は,納付される手数料の金額によって定められる。応答は,出願の放棄(§1.135)を避けるためには,延長期間の満了前に提出されなければならないが,如何なる場合も,出願人は,制定法によって定められる最長の期間の後に応答することはできず,又は本項の規定を利用することができるときは,(b)に基づく延長を認められない。連邦巡回控訴裁判所への上訴又は民事訴訟の開始についての期間延長については§1.304,査定系再審査手続に関する延長については§1.550(c),当事者系再審査手続に関する延長については§1.956,特許審判インターフェアレンス部によって取り扱われる係争事件に関する期間延長については§41.4(a)及び§41.121(a)(3)を参照。
(3) 出願に関して,書面による請求であって,適時の提出であるためには本項に基づく期間延長の申請を必要とする同時の又は将来における応答を,適切な長さの期間についての延長請求を組み込んでいるものとして処理することについての授権であるものを提出することができる。所要の手数料の全て,§1.17 に基づく手数料又は期間延長に関する所要の手数料の
全てを請求することについての授権は,同時の又は将来における応答であって,適時の提出であるためには本項に基づく期間延長申請を必要とするものについての擬制的期間延長申請として取り扱われる。§1.17(a)に記載されている手数料の納付も,同時の応答であって,適時の提出であるためには本項に基づく期間延長申請を必要とするものについての擬制的期間延長申請として取り扱われる。
(b) 応答が,その応答について定められている期間内に提出することができず,また,(a)の規定を利用することができない場合は,応答期間は,十分な理由があり,かつ,指定されている合理的期間に限り延長される。本項に基づく期間延長申請は,それに係る応答の提出期日以前に提出されなければならず,申請の単なる提出は,本項に基づく延長に影響を及ぼ
さない。如何なる場合も,延長が制定法によって定められている最長期間を超える日を応答期日とすることはできない。連邦巡回控訴裁判所への上訴又は民事訴訟の開始に関する期間延長については§1.304,査定系再審査手続に関する期間延長については§1.550(c),当事者系再審査手続に関する期間延長については§1.956,並びに特許審判インターフェアレンス部によって取り扱われる係争事件に関する期間延長については§41.4(a)及び§41.121(a)(3)を参照。本条に基づく申請には,§1.17(g)に記載されている申請手数料が添付されなければならない。
(c) 出願人が「許可可能通知」によって,出願が他の点では許可を受けられる状態にある旨の通知を受けた場合は,次の期間は,それが「許可可能通知」において,又は「許可可能通知」郵送日以後の郵送日を有する庁指令において定められているときは,延長することができない。
(1) §1.63 に従って宣誓書又は宣言書を提出するための期間
(2) §1.85(c)に基づいて正式図面を提出するために定められている期間,及び
(3) §1.809(c)に基づいて寄託をするために定められている期間
(規則1.136;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.136;英語
1.136 Extensions of time.
(a)
(1) If an applicant is required to reply within a nonstatutory or shortened statutory time period, applicant may extend the time period for reply up to the earlier of the expiration of any maximum period set by statute or five months after the time period set for reply, if a petition for an extension of time and the fee set in § 1.17(a) are filed, unless:
(i) Applicant is notified otherwise in an Office action;
(ii) The reply is a reply brief submitted pursuant to § 41.41 of this title;
(iii) The reply is a request for an oral hearing submitted pursuant to § 41.47(a) of this title;
(iv) The reply is to a decision by the Patent Trial and Appeal Board pursuant to § 1.304 or to § 41.50 or § 41.52 of this title; or
(v) The application is involved in a contested case (§ 41.101(a) of this title) or a derivation proceeding (§ 42.4(b) of this title).
(2) The date on which the petition and the fee have been filed is the date for purposes of determining the period of extension and the corresponding amount of the fee. The expiration of the time period is determined by the amount of the fee paid. A reply must be filed prior to the expiration of the period of extension to avoid abandonment of the application (§ 1.135 ), but in no situation may an applicant reply later than the maximum time period set by statute, or be granted an extension of time under paragraph (b) of this section when the provisions of this paragraph are available. See § 1.304 for extensions of time to appeal to the U.S. Court of Appeals for the Federal Circuit or to commence a civil action; § 1.550(c) for extensions of time in ex parte reexamination proceedings, § 1.956 for extensions of time in inter partes reexamination proceedings; §§ 41.4(a) and 41.121(a)(3) of this title for extensions of time in contested cases before the Patent Trial and Appeal Board; and § 42.5(c) of this title for extensions of time in trials before the Patent Trial and Appeal Board.
(3) A written request may be submitted in an application that is an authorization to treat any concurrent or future reply, requiring a petition for an extension of time under this paragraph for its timely submission, as incorporating a petition for extension of time for the appropriate length of time. An authorization to charge all required fees, fees under § 1.17 , or all required extension of time fees will be treated as a constructive petition for an extension of time in any concurrent or future reply requiring a petition for an extension of time under this paragraph for its timely submission. Submission of the fee set forth in § 1.17(a) will also be treated as a constructive petition for an extension of time in any concurrent reply requiring a petition for an extension of time under this paragraph for its timely submission.
(b) When a reply cannot be filed within the time period set for such reply and the provisions of paragraph (a) of this section are not available, the period for reply will be extended only for sufficient cause and for a reasonable time specified. Any request for an extension of time under this paragraph must be filed on or before the day on which such reply is due, but the mere filing of such a request will not effect any extension under this paragraph. In no situation can any extension carry the date on which reply is due beyond the maximum time period set by statute. See § 1.304 for extensions of time to appeal to the U.S. Court of Appeals for the Federal Circuit or to commence a civil action; § 1.550(c) for extensions of time in ex parte reexamination proceedings; § 1.956 for extensions of time in inter partes reexamination proceedings; §§ 41.4(a) and 41.121(a)(3) of this title for extensions of time in contested cases before the Patent Trial and Appeal Board; and § 42.5(c) of this title for extensions of time in trials before the Patent Trial and Appeal Board. Any request under this section must be accompanied by the petition fee set forth in § 1.17(g) .
(c) If an applicant is notified in a “Notice of Allowability” that an application is otherwise in condition for allowance, the following time periods are not extendable if set in the “Notice of Allowability” or in an Office action having a mail date on or after the mail date of the “Notice of Allowability”:
(1) The period for submitting the inventor’s oath or declaration;
(2) The period for submitting formal drawings set under § 1.85(c) ; and
(3) The period for making a deposit set under § 1.809(c) . (規則1.136;USPTO)

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.