米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

認可通知[Notice of Allowance]~米国~

認可通知[Notice of Allowance]

認可通知とは

特許出願が、実体審査の要件を満たしている場合、認可通知が発行される。
認可通知には、発行手数料及び公開手数料の金額及び発行手数料を3カ月以内に納付すべき旨が記載されている。

3カ月以内に上記手数料が支払われなかった場合は、特許出願を放棄したものとみなされる。

審査官は、裁量で認可理由(Reason for Allowance)を述べることができる。

認可通知フォーム

<関連法規>

特許法第151条;日本語
第 151 条 特許の発行
出願人が法律に基づいて特許を受ける権原を有すると見られるときは,出願人に出願に関する許可通知書が与えられるか又は郵送されるものとする。当該通知書には,通知後 3 月以内に納付されるべき発行手数料又はその一部を構成する金額が記載される。
当該金額が納付されたときは特許が発行されるが,期間内に納付が行われなかった場合は,出願は,放棄されたものとみなされる。
発行手数料の未納残額は,それについての通知の送付から 3 月以内に納付されなければならず,納付されなかったときは,特許は,当該 3 月期間の終了時に消滅する。未納残額を計算するに際し,1 ページ以下に対する請求金額は無視することができる。
本条によって要求される納付の何れかが期間内には行われなかったが,その納付が遅延手数料を付して行われ,納付遅延が避けられないものであったことが証明された場合は,長官は,放棄又は消滅がなかったものとして,その納付を受理することができる。 (特許法第151条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第151条;英語
35 U.S.C. 151 Issue of patent.
If it appears that applicant is entitled to a patent under the law, a written notice of allowance of the application shall be given or mailed to the applicant. The notice shall specify a sum, constituting the issue fee or a portion thereof, which shall be paid within three months thereafter.

Upon payment of this sum the patent shall issue, but if payment is not timely made, the application shall be regarded as abandoned.

Any remaining balance of the issue fee shall be paid within three months from the sending of a notice thereof, and, if not paid, the patent shall lapse at the termination of this three-month period. In calculating the amount of a remaining balance, charges for a page or less may be disregarded.

If any payment required by this section is not timely made, but is submitted with the fee for delayed payment and the delay in payment is shown to have been unavoidable, it may be accepted by the Director as though no abandonment or lapse had ever occurred.
(特許法第151条;USPTO)

 
規則1.311;日本語
§1.311 許可通知
(a) 審査の結果,出願人が本法に基づく特許を受ける権利を有するとみられるときは,許可通知書が,出願人に対し,§1.33 に指示されている通信宛先に名宛して送付される。許可通知書は,発行手数料を構成する金額を記載するものとし,出願の放棄を回避するためには,当該金額は,許可通知書の郵送日から 3 月以内に納付されなければならない。許可通知書に記載される金額は,公開手数料も含むことができ,その場合は,出願の放棄を回避するためには,発行手数料及び公開手数料(§1.211(e))の両方が許可通知書の郵送日から 3 月以内に納付されなければならない。この 3 月の期間は延長することができない。
(b) 発行手数料又は§1.18 に記載されているその他の許可後の手数料を予納口座宛てに請求することに関する授権書は,許可通知の郵送後に限り,個別の出願に関して提出することができる。許可通知の郵送後における次の何れかの提出は,納付されるべき正しい発行手数料又は公開手数料を,当該手数料を請求することに関する先に提出された授権書に特定されている予納口座に請求すべき旨の要求として作用する。
(1) 正しくない発行手数料若しくは公開手数料,又は
(2) 発行手数料若しくは公開手数料の納付のための手数料送付様式(又は書信)
(規則1.311;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.311;英語
1.311 Notice of Allowance.
(a) If, on examination, it appears that the applicant is entitled to a patent under the law, a notice of allowance will be sent to the applicant at the correspondence address indicated in § 1.33 . The notice of allowance shall specify a sum constituting the issue fee which must be paid within three months from the date of mailing of the notice of allowance to avoid abandonment of the application. The sum specified in the notice of allowance may also include the publication fee, in which case the issue fee and publication fee (§ 1.211(e) ) must both be paid within three months from the date of mailing of the notice of allowance to avoid abandonment of the application. This three-month period is not extendable.
(b) An authorization to charge the issue fee or other post-allowance fees set forth in § 1.18 to a deposit account may be filed in an individual application only after mailing of the notice of allowance. The submission of either of the following after the mailing of a notice of allowance will operate as a request to charge the correct issue fee or any publication fee due to any deposit account identified in a previously filed authorization to charge such fees:
(1) An incorrect issue fee or publication fee; or
(2) A fee transmittal form (or letter) for payment of issue fee or publication fee.
(規則1.311;USPTO)

認可後の補正

認可通知が発送された後は、補正をすることができない。ただし、手数料の支払い前であって審査官の承認を得ることによりできる場合がある。

認可通知には、審査官の補正[Examiner’s Amendment]が記載されている場合がある。この補正では、軽微な誤記等が審査官によって修正される。

<関連法規>

規則1.312;日本語
§1.312 許可後の補正
許可通知の郵送後は,出願に関する補正は,権利事項としては行うことができない。本条により提出される補正書は,発行手数料の納付前又は納付と同時に提出されなければならず,また,その補正は,主任審査官の勧告に基づき,長官の承認を得て,その出願を特許発行から取り下げることなく,記録することができる。
(規則1.312;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.312;英語
1.312 Amendments after allowance.
No amendment may be made as a matter of right in an application after the mailing of the notice of allowance. Any amendment filed pursuant to this section must be filed before or with the payment of the issue fee, and may be entered on the recommendation of the primary examiner, approved by the Director, without withdrawing the application from issue.
(規則1.312;USPTO)

認可通知発行後の取下げ

手数料が納付された後であっても、以下の場合は認可通知が取り下げられる。

  1. 特許庁側の錯誤
  2. 情報開示義務違反、又は出願の違法性
  3. クレームの不特許性
  4. インターフェアレンスのため

<関連法規>

規則1.313;日本語
§1.313 発行からの取下
(a) 出願は,特許商標庁の発意により又は出願人の申請に基づき,その後の手続に関して発行から取り下げることができる。特許商標庁が出願を発行から取り下げるよう請求するためには,出願人は,§1.17(h)に記載されている手数料を含む本条に基づく申請書,及び出願を発行から取り下げることを必要とする十分な理由の説明を提出しなければならない。本条に基づく申請書は,発行手数料の納付前に§1.114 に基づく継続審査請求書が提出されている場合は,必要とされない。特許商標庁が出願を発行から取り下げた場合において,同庁がその出願を再び許可するときは,同庁は,新たな許可通知を発行する。
(b) 発行手数料が納付された場合は,特許商標庁は,次の理由があるときを除き,如何なる理由によっても庁の発意によって出願を発行から取り下げることはない。
(1) 特許商標庁の側の錯誤
(2) §1.56 に対する違反又は出願の違法性
(3) 1 又は 2 以上のクレームの不特許性,又は
(4) インターフェアレンス
(c) 発行手数料が納付された場合は,次の理由があるときを除き,出願は,如何なる理由があっても,出願人の申請によって発行から取り下げられることはない。
(1) 1 又は 2 以上のクレームの不特許性。これに関連する申請書には,1 又は 2 以上のクレームが特許性を有していない旨の明確な陳述,当該クレームについての補正,及びその補正によって当該クレームが特許性を有することになる理由の証明が添付されなければならない。
(2) §1.114 に従った継続審査請求についての考慮,又は
(3) 出願の明示の放棄。明示の放棄は,継続出願のためにすることができる。138
(d) 本条に基づく申請は,それが発行日前に適切な職員によって実際に受領され,承認された場合を除き,その出願を発行から取り下げる効力を有さないものとする。発行手数料の納付後の,出願の発行からの取下は,出願情報の公開を回避する効力を有することができない。
(規則1.313;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.313;英語
1.313 Withdrawal from issue.
(a) Applications may be withdrawn from issue for further action at the initiative of the Office or upon petition by the applicant. To request that the Office withdraw an application from issue, applicant must file a petition under this section including the fee set forth in § 1.17(h) and a showing of good and sufficient reasons why withdrawal of the application from issue is necessary. A petition under this section is not required if a request for continued examination under § 1.114 is filed prior to payment of the issue fee. If the Office withdraws the application from issue, the Office will issue a new notice of allowance if the Office again allows the application.
(b) Once the issue fee has been paid, the Office will not withdraw the application from issue at its own initiative for any reason except:
(1) A mistake on the part of the Office;
(2) A violation of § 1.56 or illegality in the application;
(3) Unpatentability of one or more claims; or
(4) For an interference or derivation proceeding.
(c) Once the issue fee has been paid, the application will not be withdrawn from issue upon petition by the applicant for any reason except:
(1) Unpatentability of one of more claims, which petition must be accompanied by an unequivocal statement that one or more claims are unpatentable, an amendment to such claim or claims, and an explanation as to how the amendment causes such claim or claims to be patentable;
(2) Consideration of a request for continued examination in compliance with § 1.114 ; or
(3) Express abandonment of the application. Such express abandonment may be in favor of a continuing application.
(d) A petition under this section will not be effective to withdraw the application from issue unless it is actually received and granted by the appropriate officials before the date of issue. Withdrawal of an application from issue after payment of the issue fee may not be effective to avoid publication of application information.
(規則1.313;USPTO)

特許証発行[Issue Notification]

手数料の納付により、順次特許が発行される。
審査の遅延を理由として、特許権の存続期間が延長される場合がある。

手数料については、小規模事業体の場合小規模事業体以外の場合を参照のこと。

<関連法規>
(規則1.701;JPO)
(規則1.701;USPTO)

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.