米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

明細書[Specification]~米国~

明細書[Specification]

発明の名称[Title of the Invention]

発明の名称は、500文字以内で記載する。簡潔すぎる記載の場合には、拒絶理由通知の際に記述的[Descriptive]でないと指摘される虞がある。((MPEP606;USPTO))

[A]や[THE]などの冠詞は付けないことが一般的である。

発明の名称は,明細書の最初のページに見出しとして記載する。日本出願では、クレームが「~を特徴とするA。」の場合には発明の名称は「A」でよかったが、米国に出願する際は、発明の名称を修正する必要がある。

装置と方法の発明の場合には、[… device and method for …]というように[and]で繋いで、発明が2つのカテゴリであることを明記する。

<関連法規>

(規則1.72;日本語)
(a) 発明の名称は,その長さが 500 文字を超えることができず,可能な限り簡潔かつ特定的でなければならない。特許商標庁の自動化情報システムによって捕捉及び記録することができない文字は,当該システムによる特許商標庁の記録又は特許商標庁が作成する書類に反映させることができない。発明の名称が出願データシート(§1.76)によって供給される場合を除き,発明の名称は,明細書の最初のページに見出しとして記載されていなければならない。
(b) 明細書における技術開示についての簡単な要約は,独立した用紙上で「要約」又は「開示の要約」の見出しを付して始まらなければならず,その個所はクレームの後が望ましい。要約を記載した用紙は,出願の他の部分又は他の資料を含むことができない。35 U.S.C.第111 条に基づいてされる出願における要約は,その長さが 150 語を超えることができない。要約の目的は一般に,合衆国特許商標庁及び公衆が一読することによって,技術開示の内容及び要旨を,迅速に決定することができるようにすることにある。(規則1.72;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

(規則1.72;英語)
(a) The title of the invention may not exceed 500 characters in length and must be as short and specific as possible. Characters that cannot be captured and recorded in the Office’s automated information systems may not be reflected in the Office’s records in such systems or in documents created by the Office. Unless the title is supplied in an application data sheet (§ 1.76 ), the title of the invention should appear as a heading on the first page of the specification.
(b) A brief abstract of the technical disclosure in the specification must commence on a separate sheet, preferably following the claims, under the heading “Abstract” or “Abstract of the Disclosure.” The sheet or sheets presenting the abstract may not include other parts of the application or other material. The abstract in an application filed under 35 U.S.C. 111 may not exceed 150 words in length. The purpose of the abstract is to enable the United States Patent and Trademark Office and the public generally to determine quickly from a cursory inspection the nature and gist of the technical disclosure.(規則1.72;USPTO)

関連出願の参照[Related Applications]

米国を指定国に含む国際出願、又は親出願等、関連する出願の出願番号及び出願日を明記する。
また、現在継続している出願であって、同日に出願し相互にIDSするなど関連性が深い出願についても記載する場合がある。

パリ条約の優先権に基づく出願については、基礎出願の記載を省略することもできる。

  • ・優先権
    This application claims priority from Japanese Patent Application No. ….
    The entire teachings of the above application are incorporated herein by reference.
  • ・継続出願
    This application is a continuation application of US Pat. No. ….
    The entire teachings of the above application are incorporated herein by reference.
  • ・分割出願
    This applicagion is a divisional applicartion of and claimed priority of Pat. No. ….
    The entire teachings of the above application are incorporated herein by reference.

<関連法規>

(規則1.78;日本語)
(a)(1) 非仮出願又はアメリカ合衆国を指定国とする国際出願は,先に出願され,同時に係属している 1 又は 2 以上の非仮出願又はアメリカ合衆国を指定国とする国際出願において開示されている発明をクレームすることができる。出願が,先にされ,同時に係属している非仮出願又はアメリカ合衆国を指定国とする国際出願の利益を主張するためには,先にされた出願の各々は,後にされる出願に記名されている発明者の少なくとも 1 を発明者として記名していなければならず,かつ,後にされる出願の少なくとも 1 のクレームにおいてクレームされる当該記名発明者の発明を,35 U.S.C.第 112 条第 1 段落によって定められる方法によって開示していなければならない。更に,先にされた出願の各々は,次の条件を満たしていなければならない。
(i) PCT 第 11 条に従って出願日の認定を受ける資格を有しており,かつ,アメリカ合衆国を指定国としている国際出願であること,又は(ii) §1.53(b)又は§1.53(d)に記載されている出願日についての資格を有しており,かつ,その出願の係属中に§1.16 に記載されている出願基本手数料をその出願に関して納付済みであること
(2)(i) §1.53(d)に基づいてされる継続手続出願を除き,非仮出願又はアメリカ合衆国を指定国とする国際出願であって,1 又は 2 以上の先にされ,同時に係属している非仮出願又はアメリカ合衆国を指定国とする国際出願の利益を主張するものは,先にされた当該各出願への言及を含むか又は含むように補正されなければならず,その際,それらの出願を出願番号(シリーズ・コード及び一連番号によって構成されているもの)又は国際出願番号及び国際出願日によって特定し,双方の出願の間の関係を表示しなければならない。適切な場合は,他の関連出願への相互参照を行うことができる(§1.14 参照)。
(ii) この言及は,後にされた出願の係属中に提出されなければならない。後にされた出願が35 U.S.C.第 111 条(a)に基づいてされた出願である場合は,この言及はまた,後にされた出願の実際の出願日から 4 月,又は先にされた出願の出願日から 16 月の何れか遅い方までに提出されなければならない。後にされた出願が,35 U.S.C.第 371 条を遵守した後の国際出願から国内段階に移行した非仮出願である場合は,この言及はまた,後にされた国際出願に関し,国内段階が 35 U.S.C.第 371 条(b)又は(f)に基づいて始まった日から 4 月,又は先にされた出願の出願日から 16 月の何れか遅い方までに提出されなければならない。これらの期間は延長することができない。(a)(3)に定める場合を除き,35 U.S.C.第 120 条及び本条(a)(2)(i)によって要求される言及が適時に提出されないことは,先に提出されたそのような出願についての 35 U.S.C.第 120 条,第 121 条又は第 365 条(c)に基づく利益についての権利の放棄とみなされる。本項の期間は,後にされる出願が次のものである場合は適用されない。
(A) 意匠特許出願
(B) 2000 年 11 月 29 日前に 35 U.S.C.第 111 条(a)に基づいて提出された出願,又は
(C) 2000 年 11 月 29 日前に 35 U.S.C.第 363 条に基づいて提出された国際出願から,35 U.S.C.
第 371 条を遵守した後の国内段階に移行した非仮出願(規則1.78;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

(規則1.78;英語)
(a)
(1) A nonprovisional application or international application designating the United States of America may claim an invention disclosed in one or more prior-filed copending nonprovisional applications or international applications designating the United States of America. In order for an application to claim the benefit of a prior-filed copending nonprovisional application or international application designating the United States of America, each prior-filed application must name as an inventor at least one inventor named in the later-filed application and disclose the named inventor’s invention claimed in at least one claim of the later-filed application in the manner provided by 35 U.S.C. 112(a) , other than the requirement to disclose the best mode. In addition, each prior-filed application must be:
(i) An international application entitled to a filing date in accordance with PCT Article 11 and designating the United States of America; or
(ii) Entitled to a filing date as set forth in § 1.53(b) or § 1.53(d) and have paid therein the basic filing fee set forth in § 1.16 within the pendency of the application.
(2)
(i) Except for a continued prosecution application filed under § 1.53(d) , any nonprovisional application or international application designating the United States of America claiming the benefit of one or more prior-filed copending nonprovisional applications or international applications designating the United States of America must contain or be amended to contain a reference to each such prior-filed application, identifying it by application number (consisting of the series code and serial number) or international application number and international filing date and indicating the relationship of the applications. Cross references to other related applications may be made when appropriate ( see § 1.14 ).
(ii) This reference must be submitted during the pendency of the later-filed application. If the later-filed application is an application filed under 35 U.S.C. 111(a) , this reference must also be submitted within the later of four months from the actual filing date of the later-filed application or sixteen months from the filing date of the prior-filed application. If the later-filed application is a nonprovisional application which entered the national stage from an international application after compliance with 35 U.S.C. 371 , this reference must also be submitted within the later of four months from the date on which the national stage commenced under 35 U.S.C. 371(b) or (f) in the later-filed international application or sixteen months from the filing date of the prior-filed application. These time periods are not extendable. Except as provided in paragraph (a)(3) of this section, the failure to timely submit the reference required by 35 U.S.C. 120 and paragraph (a)(2)(i) of this section is considered a waiver of any benefit under 35 U.S.C. 120 , 121 , or 365(c) to such prior-filed application. The time periods in this paragraph do not apply if the later-filed application is:
(A) An application for a design patent;
(B) An application filed under 35 U.S.C. 111(a) before November 29, 2000; or
(C) A nonprovisional application which entered the national stage after compliance with 35 U.S.C. 371 from an international application filed under 35 U.S.C. 363 before November 29, 2000.
(iii) If the later-filed application is a nonprovisional application, the reference required by this paragraph must be included in an application data sheet (§ 1.76 ), or the specification must contain or be amended to contain such reference in the first sentence(s) following the title.
(iv) The request for a continued prosecution application under § 1.53(d) is the specific reference required by 35 U.S.C. 120 to the prior-filed application. The identification of an application by application number under this section is the identification of every application assigned that application number necessary for a specific reference required by 35 U.S.C. 120 to every such application assigned that application number.
(3) If the reference required by 35 U.S.C. 120 and paragraph (a)(2) of this section is presented after the time period provided by paragraph (a)(2)(ii) of this section, the claim under 35 U.S.C. 120 , 121 , or 365(c) for the benefit of a prior-filed copending nonprovisional application or international application designating the United States of America may be accepted if the reference identifying the prior-filed application by application number or international application number and international filing date was unintentionally delayed. A petition to accept an unintentionally delayed claim under 35 U.S.C. 120 , 121 , or 365(c) for the benefit of a prior-filed application must be accompanied by:
(i) The reference required by 35 U.S.C. 120 and paragraph (a)(2) of this section to the prior-filed application, unless previously submitted;
(ii) The surcharge set forth in § 1.17(t) ; and
(iii) A statement that the entire delay between the date the claim was due under paragraph (a)(2)(ii) of this section and the date the claim was filed was unintentional. The Director may require additional information where there is a question whether the delay was unintentional.
(4) A nonprovisional application, other than for a design patent, or an international application designating the United States of America may claim an invention disclosed in one or more prior-filed provisional applications. In order for an application to claim the benefit of one or more prior-filed provisional applications, each prior-filed provisional application must name as an inventor at least one inventor named in the later-filed application and disclose the named inventor’s invention claimed in at least one claim of the later-filed application in the manner provided by 35 U.S.C. 112(a) , other than the requirement to disclose the best mode. In addition, each prior-filed provisional application must be entitled to a filing date as set forth in § 1.53(c) , and the basic filing fee set forth in § 1.16(d) must be paid within the time period set forth in § 1.53(g) .
(5)
(i) Any nonprovisional application or international application designating the United States of America claiming the benefit of one or more prior-filed provisional applications must contain or be amended to contain a reference to each such prior-filed provisional application, identifying it by the provisional application number (consisting of series code and serial number).
(ii) This reference must be submitted during the pendency of the later-filed application. If the later-filed application is an application filed under 35 U.S.C. 111(a) , this reference must also be submitted within the later of four months from the actual filing date of the later-filed application or sixteen months from the filing date of the prior-filed provisional application. If the later-filed application is a nonprovisional application which entered the national stage from an international application after compliance with 35 U.S.C. 371 , this reference must also be submitted within the later of four months from the date on which the national stage commenced under 35 U.S.C. 371(b) or (f) in the later-filed international application or sixteen months from the filing date of the prior-filed provisional application. These time periods are not extendable. Except as provided in paragraph(a)(6) of this section, the failure to timely submit the reference is considered a waiver of any benefit under 35 U.S.C. 119(e) to such prior-filed provisional application. The time periods in this paragraph do not apply if the later-filed application is:
(A) An application filed under 35 U.S.C. 111(a) before November 29, 2000; or
(B) A nonprovisional application which entered the national stage after compliance with 35 U.S.C. 371 from an international application filed under 35 U.S.C. 363 before November 29, 2000.
(iii) If the later-filed application is a nonprovisional application, the reference required by this paragraph must be included in an application data sheet (§ 1.76 ), or the specification must contain or be amended to contain such reference in the first sentence(s) following the title.
(iv) If the prior-filed provisional application was filed in a language other than English and both an English-language translation of the prior-filed provisional application and a statement that the translation is accurate were not previously filed in the prior-filed provisional application, applicant will be notified and given a period of time within which to file, in the prior-filed provisional application, the translation and the statement. If the notice is mailed in a pending nonprovisional application, a timely reply to such a notice must include the filing in the nonprovisional application of either a confirmation that the translation and statement were filed in the provisional application, or an amendment or Supplemental Application Data Sheet withdrawing the benefit claim, or the nonprovisional application will be abandoned. The translation and statement may be filed in the provisional application, even if the provisional application has become abandoned.
(6) If the reference required by 35 U.S.C. 119(e) and paragraph (a)(5) of this section is presented in a nonprovisional application after the time period provided by paragraph (a)(5)(ii) of this section, the claim under 35 U.S.C. 119(e) for the benefit of a prior filed provisional application may be accepted during the pendency of the later-filed application if the reference identifying the prior-filed application by provisional application number was unintentionally delayed. A petition to accept an unintentionally delayed claim under 35 U.S.C. 119(e) for the benefit of a prior-filed provisional application must be accompanied by:
(i) The reference required by 35 U.S.C. 119(e) and paragraph (a)(5) of this section to the prior-filed provisional application, unless previously submitted;
(ii) The surcharge set forth in § 1.17(t) ; and
(iii) A statement that the entire delay between the date the claim was due under paragraph (a)(5)(ii) of this section and the date the claim was filed was unintentional. The Director may require additional information where there is a question whether the delay was unintentional.
(b) Where two or more applications filed by the same applicant contain conflicting claims, elimination of such claims from all but one application may be required in the absence of good and sufficient reason for their retention during pendency in more than one application.
(c) If an application or a patent under reexamination and at least one other application naming different inventors are owned by the same person and contain conflicting claims, and there is no statement of record indicating that the claimed inventions were commonly owned or subject to an obligation of assignment to the same person at the time the later invention was made, the Office may require the assignee to state whether the claimed inventions were commonly owned or subject to an obligation of assignment to the same person at the time the later invention was made, and if not, indicate which named inventor is the prior inventor. Even if the claimed inventions were commonly owned, or subject to an obligation of assignment to the same person, at the time the later invention was made, the conflicting claims may be rejected under the doctrine of double patenting in view of such commonly owned or assigned applications or patents under reexamination.(規則1.78;USPTO)

背景技術[Background of the Invention]

発明の分野[Field of the Invention]

発明の関連している分野を記載する。

関連技術の説明[Description of the Related Art]

先行技術を詳細に説明し過ぎると、記載した先行技術について出願人が自認したと判断されて、かかる記載に基づいて拒絶理由通知が発行される場合がある。

この項目で[prior art][conventional technique]等の表現は、自認した公知技術として判断されるためあまり書きすぎないよう注意する。

発明の概要[Summary of the Invention]

発明の概要の記載は、クレームの記載と対応していなければならない。ただし、従属クレーム記載の際は「請求項1に記載の…」という表現は用いない。

<関連法規>

(規則1.73;日本語)
発明の内容及び要旨を表示する発明の簡単な概要は,発明の対象についての陳述を含むことができ,発明についての詳細な説明に先行しなければならない。当該概要が記載されたときは,その概要はクレームされている発明と相応していなければならず,また,詳述される対象は,クレームされている発明の対象でなければならない。(規則1.73;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

(規則1.73;英語)
A brief summary of the invention indicating its nature and substance, which may include a statement of the object of the invention, should precede the detailed description. Such summary should, when set forth, be commensurate with the invention as claimed and any object recited should be that of the invention as claimed.(規則1.73;USPTO)

図面の簡単な説明[Brief Description of the Drawings]

図面を添付する場合には、必ず記載し、すべての図面について言及する必要がある。明細書では、例えば以下のように記載する。

Figure 1 is a schmatic view of …
Fig. 1 shows …

Fig.1AとFig.1Bとがある場合には、Fig.1のみではなく両方について説明する。
クレームの限定解釈を避けるために、[an embodiment of]を落とさないように気を付ける。

例:Fig. 1 shows … in accordance with an embodiment of the present invention

<関連法規>

(規則1.74;日本語)
図面がある場合は,図面中のそれぞれの図についての簡単な説明を記載しなければならず,また,発明についての詳細な説明は,図の番号を指定してそれぞれの図に言及し,また,参照文字又は数字(後者が望ましい)を使用して,それぞれの部分に言及しなければならない。(規則1.74;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

(規則1.74;英語)
When there are drawings, there shall be a brief description of the several views of the drawings and the detailed description of the invention shall refer to the different views by specifying the numbers of the figures and to the different parts by use of reference letters or numerals (preferably the latter).(規則1.74;USPTO)

発明の詳細な説明[Detailed Description of the Invention]

発明の詳細な説明では、以下の要件を満たすように記載する必要がある。

  1. 記述要件[Description Requirement]
    クレームされている発明が明細書中に記載されていなければならない。特に、補正時におけるサポートが明細書に記載されているか否かを判断する際に、留意するべき要件となる。
  2. 実施可能要件[Enablement Requirement]
    当業者が実施できる程度に完全、明瞭に記載しなければならない。
  3. ベストモード要件[Best Mode Requirement]
    発明者が、出願時点において最良と考える実施例を記載しなければならない。

<関連法規>

(特許法112条;日本語)
 明細書は,その発明の属する技術分野又はその発明と極めて近い関係にある技術分野において知識を有する者がその発明を製造し,使用することができるような完全,明瞭,簡潔かつ正確な用語によって,発明並びにその発明を製造,使用する手法及び方法の説明を含まなければならず,また,発明者が考える発明実施のベストモードを記載していなければならない。
明細書は,出願人が自己の発明とみなす主題を特定し,明白にクレームする 1 又は 2 以上のクレームで終わらなければならない。
クレームは,独立形式で,又は事件の内容上適切な場合は,従属形式若しくは多項従属形式で記載することができる。
次の段落に従うことを条件として,従属形式のクレームは,先に記載された 1 のクレームを引用し,それに続けて,クレームされている主題についての更なる限定を明示しなければならない。従属形式のクレームは,それが引用するクレームに係る全ての限定事項を含んでいると解釈される。
多項従属形式のクレームは,先に記載された 2 以上のクレームを択一的にのみ引用し,それに続けて,クレームされている主題についての更なる限定を明示しなければならない。多項従属形式のクレームは,他の多項従属クレームの基礎とすることができない。多項従属形式のクレームは,引用により,それが関係していると考えられる特定のクレームの全ての限定事項を含んでいると解釈される。
組合せに係るクレームの要素は,その構造,材料又はそれを支える作用を詳述することなく,特定の機能を遂行するための手段又は工程として記載することができ,当該クレームは,明細書に記載された対応する構造,材料又は作用,及びそれらの均等物を対象としているものと解釈される。(特許法112条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

(特許法112条;英語)
The specification shall contain a written description of the invention, and of the manner and process of making and using it, in such full, clear, concise, and exact terms as to enable any person skilled in the art to which it pertains, or with which it is most nearly connected, to make and use the same, and shall set forth the best mode contemplated by the inventor of carrying out his invention.
The specification shall conclude with one or more claims particularly pointing out and distinctly claiming the subject matter which the applicant regards as his invention.
A claim may be written in independent or, if the nature of the case admits, in dependent or multiple dependent form.
Subject to the following paragraph, a claim in dependent form shall contain a reference to a claim previously set forth and then specify a further limitation of the subject matter claimed. A claim in dependent form shall be construed to incorporate by reference all the limitations of the claim to which it refers.
A claim in multiple dependent form shall contain a reference, in the alternative only, to more than one claim previously set forth and then specify a further limitation of the subject matter claimed. A multiple dependent claim shall not serve as a basis for any other multiple dependent claim. A multiple dependent claim shall be construed to incorporate by reference all the limitations of the particular claim in relation to which it is being considered.
An element in a claim for a combination may be expressed as a means or step for performing a specified function without the recital of structure, material, or acts in support thereof, and such claim shall be construed to cover the corresponding structure, material, or acts described in the specification and equivalents thereof.(特許法112条;USPTO)

(規則1.71;日本語)
a) 明細書は,その発明又は発見についての,並びにそれを製造及び使用する方式及び方法についての記述された説明を含まなければならず,かつ,その発明又は発見が属している又はそれと極めて近い関係にある技術若しくは科学に熟練した者が,それを製造し,使用することができるように完全,明確,簡潔及び正確な用語によらなければならない。
(b) 明細書は,特許を求める正確な発明を他の発明から,及び古いものから区別することができるような方法で記載しなければならない。明細書は,発明された方法,機械,製品,物質の組成又は改良の特有の実施態様を完全に記述しなければならず,また,該当する場合は,操作方法又は原理を説明しなければならない。発明者が考える発明実施のベストモードが記載されなければならない。
(c) 改良の場合は,明細書は,方法,機械,製品又は物質の組成の内の改良に係る部分を特定しなければならず,また,説明は,その特定の改良,及びそれと必然的に協動する部分又はそれに関する完全な理解若しくは説明のために必要な部分に限定されなければならない。
(d) 著作権又はマスク・ワークの表示は,意匠特許又は通常特許出願において,それに含まれている著作権及びマスク・ワークの要素に隣接して置くことができる。当該表示は,特許出願開示の該当する部分に表示することができる。図面における表示については,§1.84(s)を参照。表示内容は,法律によって定められている要素に限定されなければならない。例えば,「c1983 John Doe」(17 U.S.C.第 401 条)及び「*M* John Doe」(17 U.S.C.第 909 条)は適切に限定されており,その各々は,現行法の下で著作権及びマスク・ワークについての法的に十分な表示である。著作権又はマスク・ワーク表示の挿入は,(e)に規定する許諾文言が明細書の冒頭(第 1 段落が望ましい)に記載されている場合に限り,認められる。
(e) 許諾は,次のとおり表示されなければならない。特許書類の開示部分は,(著作権又はマスク・ワーク)保護を受ける要素を含んでいる。(著作権又はマスク・ワーク)所有者は,特許商標庁の特許ファイル又は記録に表示されている形で,何人かによって特許書類又は特許開示が複製されることに対しては異論を唱えないが,それ以外には全ての(著作権又はマスク・ワークの)権利を留保する。
(f) 明細書は,独立した用紙上で始まらなければならない。明細書の一部を含む各用紙は,出願の他の部分又は他の情報を含むことができない。クレーム,要約及び(配列一覧があるときは)配列一覧は,出願の他の部分を含む用紙に含めてはならない。
(g)(1) 明細書は,共同研究契約(35 U.S.C.第 103 条(c)(2)(C))の当事者の名称を開示することができ,又は開示するように補正することができる。
(2) (g)(1)に基づく補正書が次の何れかの期間内に提出されない場合は,その補正書には§1.17(i)に記載されている処理手数料が添付されなければならない。
(i) 国内出願の出願日から 3 月以内
(ii) 国際出願における,§1.491 に定められている国内段階への移行日から 3 月以内
(iii) 本案に関する最初の庁指令が郵送される前,又は
(iv) §1.114 に基づく継続審査請求後の最初の庁指令が郵送される前
(3) (g)(1)に基づく補正が,発行手数料が納付された後に提出される場合は,発行される特許は,必ずしも共同研究契約当事者の名称を含むことにはならない。発行される特許が共同研究契約当事者の名称を含んでいない場合は,その特許は,その補正を有効にするために,35 U.S.C.第 255 条及び§1.323 に基づく訂正証明書によって訂正されなければならない。(規則1.71;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

(規則1.71;英語)
(a) The specification must include a written description of the invention or discovery and of the manner and process of making and using the same, and is required to be in such full, clear, concise, and exact terms as to enable any person skilled in the art or science to which the invention or discovery appertains, or with which it is most nearly connected, to make and use the same.
(b) The specification must set forth the precise invention for which a patent is solicited, in such manner as to distinguish it from other inventions and from what is old. It must describe completely a specific embodiment of the process, machine, manufacture, composition of matter or improvement invented, and must explain the mode of operation or principle whenever applicable. The best mode contemplated by the inventor of carrying out his invention must be set forth.
(c) In the case of an improvement, the specification must particularly point out the part or parts of the process, machine, manufacture, or composition of matter to which the improvement relates, and the description should be confined to the specific improvement and to such parts as necessarily cooperate with it or as may be necessary to a complete understanding or description of it.
(d) A copyright or mask work notice may be placed in a design or utility patent application adjacent to copyright and mask work material contained therein. The notice may appear at any appropriate portion of the patent application disclosure. For notices in drawings, see § 1.84(s) . The content of the notice must be limited to only those elements provided for by law. For example, “c1983 John Doe”(17 U.S.C. 401) and “*M* John Doe” (17 U.S.C. 909) would be properly limited and, under current statutes, legally sufficient notices of copyright and mask work, respectively. Inclusion of a copyright or mask work notice will be permitted only if the authorization language set forth in paragraph (e) of this section is included at the beginning (preferably as the first paragraph) of the specification.
(e) The authorization shall read as follows:
A portion of the disclosure of this patent document contains material which is subject to (copyright or mask work) protection. The (copyright or mask work) owner has no objection to the facsimile reproduction by anyone of the patent document or the patent disclosure, as it appears in the Patent and Trademark Office patent file or records, but otherwise reserves all (copyright or mask work) rights whatsoever.
(f) The specification must commence on a separate sheet. Each sheet including part of the specification may not include other parts of the application or other information. The claim(s), abstract and sequence listing (if any) should not be included on a sheet including any other part of the application.
(g)
(1) The specification may disclose or be amended to disclose the names of the parties to a joint research agreement as defined in § 1.9(e) .
(2) An amendment under paragraph (g)(1) of this section must be accompanied by the processing fee set forth § 1.17(i) if not filed within one of the following time periods:
(i) Within three months of the filing date of a national application;
(ii) Within three months of the date of entry of the national stage as set forth in § 1.491 in an international application;
(iii) Before the mailing of a first Office action on the merits; or
(iv) Before the mailing of a first Office action after the filing of a request for continued examination under § 1.114 .
(3) If an amendment under paragraph (g)(1) of this section is filed after the date the issue fee is paid, the patent as issued may not necessarily include the names of the parties to the joint research agreement. If the patent as issued does not include the names of the parties to the joint research agreement, the patent must be corrected to include the names of the parties to the joint research agreement by a certificate of correction under 35 U.S.C. 255 and § 1.323 for the amendment to be effective.(規則1.71;USPTO)

明細書作成時の留意事項

日本語を英語に翻訳する際は、必ず主語を確認し、修飾語がどの語句にかかっているかを意識する。

できる限り、短いセンテンスで記載することを心がける。多少表現が冗長になっても、直前の語を表す場合を除き、[thereof]、[therein]等の表現は避ける。

時制は現在形で記載する。単数、複数を意識して明細書を作成する。

明細書とクレームとの関係性は、明細書中に記載しておいたほうが良いでしょう。例えば、クレームに入力部とあった場合は、「入力部とは、マウスやキーボード、タブレット等」と記載します。

クレーム[Claim]

クレームの書き方

クレームの書き出しは、[What is claimed is:]で始まり、one sentenceで記載する。

クレームでは、特に冠詞に注意する。原則的に、初めての可算名詞は[a]とし、2回目以降に登場する可算名詞には[the]又は[said]を付す。従属クレームは、独立クレームの内容をすべて包含しているので、独立クレームに出てきた可算名詞には[the]又は[said]を付す。

他の構成要件が含まれても良い場合には、[comprising]を使用し、他の構成要件が含まれない場合には[consisting of]を使用する。一般的には[comprsing]を使用しておけば問題ない。[consisting of]は化学の分野で用いられることがある。記載方法は、下記の装置クレームを参照のこと。

なるべく否定的な表現[negative limitation]は用いない。否定的な表現は、権利範囲が広くなってしまう傾向にある。

なるべく機能的な表現は避け、構成で発明を特定する。[whereby]等の表現を用いるとどうしても機能的になってしまうため、注意する。

クレーム作成時の留意事項

多数項従属クレームに従属する多数項従属クレームは禁止されている。日本においては、多数項従属請求項に従属する請求項は認められているため、米国に移行する際は、修正すべきである。
多数項従属クレームを含んでいる場合には、別途手数料が必要となる。

クレームの構成要件は、可能な限り単数で記載したほうが権利範囲が広くなります。複数で記載するときには、[a plurality of]を用います。曖昧な表現である[about][substantially]等は避けたほうが良いでしょう。

<関連法規>

(特許法112条;日本語)
明細書は,その発明の属する技術分野又はその発明と極めて近い関係にある技術分野において知識を有する者がその発明を製造し,使用することができるような完全,明瞭,簡潔かつ正確な用語によって,発明並びにその発明を製造,使用する手法及び方法の説明を含まなければならず,また,発明者が考える発明実施のベストモードを記載していなければならない。
明細書は,出願人が自己の発明とみなす主題を特定し,明白にクレームする 1 又は 2 以上のクレームで終わらなければならない。
クレームは,独立形式で,又は事件の内容上適切な場合は,従属形式若しくは多項従属形式で記載することができる。
次の段落に従うことを条件として,従属形式のクレームは,先に記載された 1 のクレームを引用し,それに続けて,クレームされている主題についての更なる限定を明示しなければならない。従属形式のクレームは,それが引用するクレームに係る全ての限定事項を含んでいると解釈される。
多項従属形式のクレームは,先に記載された 2 以上のクレームを択一的にのみ引用し,それに続けて,クレームされている主題についての更なる限定を明示しなければならない。多項従属形式のクレームは,他の多項従属クレームの基礎とすることができない。多項従属形式のクレームは,引用により,それが関係していると考えられる特定のクレームの全ての限定事項を含んでいると解釈される。
組合せに係るクレームの要素は,その構造,材料又はそれを支える作用を詳述することなく,特定の機能を遂行するための手段又は工程として記載することができ,当該クレームは,明細書に記載された対応する構造,材料又は作用,及びそれらの均等物を対象としているものと解釈される。(特許法112条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

(特許法112条;英語)
The specification shall contain a written description of the invention, and of the manner and process of making and using it, in such full, clear, concise, and exact terms as to enable any person skilled in the art to which it pertains, or with which it is most nearly connected, to make and use the same, and shall set forth the best mode contemplated by the inventor of carrying out his invention.
The specification shall conclude with one or more claims particularly pointing out and distinctly claiming the subject matter which the applicant regards as his invention.
A claim may be written in independent or, if the nature of the case admits, in dependent or multiple dependent form.
Subject to the following paragraph, a claim in dependent form shall contain a reference to a claim previously set forth and then specify a further limitation of the subject matter claimed. A claim in dependent form shall be construed to incorporate by reference all the limitations of the claim to which it refers.
A claim in multiple dependent form shall contain a reference, in the alternative only, to more than one claim previously set forth and then specify a further limitation of the subject matter claimed. A multiple dependent claim shall not serve as a basis for any other multiple dependent claim. A multiple dependent claim shall be construed to incorporate by reference all the limitations of the particular claim in relation to which it is being considered.
An element in a claim for a combination may be expressed as a means or step for performing a specified function without the recital of structure, material, or acts in support thereof, and such claim shall be construed to cover the corresponding structure, material, or acts described in the specification and equivalents thereof.(特許法112条;USPTO)

装置クレーム

A device comprising:

A;

B; and

C.

AとBとCとからなる装置。

方法クレーム

A method comprising:

Aing;

Bing; and

Cing.

AとBとCとからなる方法。

媒体クレーム

A non-transitory computer readable medium storing a program causing a computer to execute image process, the image process comprising:

Aing;

Bing; and

Cing.

AとBとCとをコンピュータに実行させるプログラムを保存した媒体。

従属クレーム

The device according to claim 1, further comprising;

D; and

E.

DとEとをさらに備えた請求項1に記載の装置。

The device according to claim 1, wherein A includes D.

AはDを備えた請求項1に記載の装置。

*多数項従属クレーム

The device according to any one of claims 1 to 5, further comprising;

D; and

E.

DとEとをさらに備えた請求項1から5のいずれか1項に記載の装置。

追加費用が発生する場合

独立クレームが3つ以上存在する場合、クレームが20を超える場合、及び多項従属クレームが含まれている場合には、所定の手数料が発生する。

手数料については、小規模事業体の場合小規模事業体以外の場合を参照のこと。

<関連法規>
(規則1.16;JPO) (規則1.16;USPTO)

(規則1.16;日本語)
§1.16 国内出願,調査及び審査に係る手数料

(a) 原特許出願(意匠出願,植物出願又は仮出願を除く)に関し,35 U.S.C.第 111 条に基づく 個々の出願をするための基本手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $70.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $140.00
小規模事業体(§1.27(a))によるものであり,出願が特許商標庁電子出願制度(§1.27(b)(2)) に従ってされる場合 $70.00 小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $280.00
(b) 個々の原意匠特許出願をするための基本手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $45.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $90.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $180.00
(c) 個々の原植物特許出願をするための基本手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $45.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $90.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $180.00
(d) 個々の仮出願をするための基本手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $65.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $130.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $260.00
(e) 個々の特許再発行出願をするための基本手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $70.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $140.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $280.00
(f) 出願(仮出願を除く)の出願日後に出願基本手数料,調査手数料,審査手数料又は宣誓書 若しくは宣言書を提出するための割増手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $35.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $70.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $140.00
(g) 仮出願の出願日後に基本手数料又は添状(§1.51(c)(1))を提出するための割増手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $15.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $30.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $60.00
(h) 出願(仮出願を除く)に係る出願基本手数料の追加として,3 項を超える独立形式の個々 のクレームを出願又はその後に提示するための手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $105.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $210.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $420.00
(i) 出願(仮出願を除く)に係る出願基本手数料の追加として,20 を超える個々のクレーム(従 属形式であるか独立形式であるかを問わない)を出願又はその後に提示するための手数料(§ 1.75(c)が,多項従属クレームについての手数料計算上の考え方を示していることに留意)
微小事業体(§1.29)によるもの $20.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $40.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $80.00
(j) 出願(仮出願を除く)に係る出願基本手数料の追加として,多項従属クレームを含んでい るか又は含むように補正された出願をするための手数料,1 出願につき
微小事業体(§1.29)によるもの $195.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $390.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $780.00
(k) 35 U.S.C.第 111 条に基づく個々の原特許出願(意匠出願,植物出願又は仮出願を除く) に関する調査手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $150.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $300.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $600.00
(l) 個々の原意匠特許出願に関する調査手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $30.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $60.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $120.00 (m) 個々の原植物特許出願に関する調査手数料 微小事業体(§1.29)によるもの $95.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $190.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $380.00
(n) 個々の特許再発行出願に関する調査手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $150.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $300.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $600.00
(o) 35 U.S.C.第 111 条に基づく個々の原特許出願(意匠出願,植物出願又は仮出願を除く) に関する審査手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $180.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $360.00
小規模事業体以外によるもの $720.00
(p) 個々の原意匠特許出願に関する審査手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $115.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $230.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $460.00
(q) 個々の原植物特許出願に関する審査手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $145.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $290.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $580.00
(r) 個々の特許再発行出願に関する審査手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $540.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $1,080.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $2,160.00
(s) 35 U.S.C.第 111 条に基づく個々の出願であって,その明細書及び図面の紙数が 100 枚を 超えるものについての,追加の 50 枚毎又は端数に対する出願サイズ手数料
微小事業体(§1.29)によるもの $100.00
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $200.00
小規模事業体又は微小事業体以外によるもの $400.00
(t)特許商標庁電子出願制度によらずに 2011 年 11 月 15 日以後にされた 35 U.S.C.第 111 条 (a)に基づく出願の非電子的出願手数料,ただし,再発行,意匠又は植物出願は除く。
小規模事業体(§1.27(a))によるもの $200.00
小規模事業体以外によるもの $400.00
(規則1.16;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報


(規則1.16;英語)
FEES AND PAYMENT OF MONEY
1.16 National application filing, search, and examination fees.
(a) Basic fee for filing each application under 35 U.S.C. 111 for an original patent, except design, plant, or provisional applications:
By a micro entity (§ 1.29)……$70.00
By a small entity (§ 1.27(a))……140.00
By a small entity (§ 1.27(a)) if the application is submitted in compliance with the Office electronic filing system (§ 1.27(b)(2))……70.00
By other than a small or micro entity……280.00
(b) Basic fee for filing each application for an original design patent:
By a micro entity (§ 1.29)……$45.00
By a small entity (§ 1.27(a))……90.00
By other than a small or micro entity……180.00
(c) Basic fee for filing each application for an original plant patent:
By a micro entity (§ 1.29)……$45.00
By a small entity (§ 1.27(a))……90.00
By other than a small or micro entity……180.00
(d) Basic fee for filing each provisional application:
By a micro entity (§ 1.29)……$65.00
By a small entity (§ 1.27(a))……130.00
By other than a small or micro entity……260.00
(e) Basic fee for filing each application for the reissue of a patent:
By a micro entity (§ 1.29)……$70.00
By a small entity (§ 1.27(a))……140.00
By other than a small or micro entity……280.00
(f) Surcharge for filing any of the basic filing fee, the search fee, the examination fee, or the oath or declaration on a date later than the filing date of the application, except provisional applications:
By a micro entity (§ 1.29)……$35.00
By a small entity (§ 1.27(a))……70.00
By other than a small or micro entity……140.00
(g) Surcharge for filing the basic filing fee or cover sheet (§ 1.51(c)(1) ) on a date later than the filing date of the provisional application:
By a micro entity (§ 1.29)……$15.00
By a small entity (§ 1.27(a))……30.00
By other than a small or micro entity……60.00
(h) In addition to the basic filing fee in an application, other than a provisional application, for filing or later presentation at any other time of each claim in independent form in excess of 3:
By a micro entity (§ 1.29)……$105.00
By a small entity (§ 1.27(a))……210.00
By other than a small or micro entity……420.00
(i) In addition to the basic filing fee in an application, other than a provisional application, for filing or later presentation at any other time of each claim (whether dependent or independent) in excess of 20 (note that § 1.75(c) indicates how multiple dependent claims are considered for fee calculation purposes):
By a micro entity (§ 1.29)……$20.00
By a small entity (§ 1.27(a))……40.00
By other than a small or micro entity……80.00
(j) In addition to the basic filing fee in an application, other than a provisional application, that contains, or is amended to contain, a multiple dependent claim, per application:
By a micro entity (§ 1.29)……$195.00
By a small entity (§ 1.27(a))……390.00
By other than a small or micro entity……780.00
(k) Search fee for each application filed under 35 U.S.C. 111 for an original patent, except design, plant, or provisional applications:
By a micro entity (§ 1.29)……$150.00
By a small entity (§ 1.27(a))……300.00
By other than a small or micro entity……600.00
(l) Search fee for each application for an original design patent:
By a micro entity (§ 1.29)……$30.00
By a small entity (§ 1.27(a))……60.00
By other than a small or micro entity……120.00
(m) Search fee for each application for an original plant patent:
By a micro entity (§ 1.29)……$95.00
By a small entity (§ 1.27(a))……190.00
By other than a small or micro entity……380.00
(n) Search fee for each application for the reissue of a patent:
By a micro entity (§ 1.29)……$150.00
By a small entity (§ 1.27(a))……300.00
By other than a small or micro entity……600.00
(o) Examination fee for each application filed under 35 U.S.C. 111 for an original patent, except design, plant, or provisional applications:
By a micro entity (§ 1.29)……$180.00
By a small entity (§ 1.27(a))……360.00
By other than a small entity……720.00
(p) Examination fee for each application for an original design patent:
By a micro entity (§ 1.29)……$115.00
By a small entity (§ 1.27(a))……230.00
By other than a micro or small entity……460.00
(q) Examination fee for each application for an original plant patent:
By a micro entity (§ 1.29)……$145.00
By a small entity (§ 1.27(a))……290.00
By other than a small or micro entity……580.00
(r) Examination fee for each application for the reissue of a patent:
By a micro entity (§ 1.29)……$540.00
By a small entity (§ 1.27(a))……1,080.00
By other than a small or micro entity……2,160.00
(s) Application size fee for any application under 35 U.S.C.111 for the specification and drawings which exceed 100 sheets of paper, for each additional 50 sheets or fraction thereof:
By a micro entity (§ 1.29)……$100.00
By a small entity (§ 1.27(a))……200.00
By other than a small or micro entity……400.00
(t) Non-electronic filing fee for any application under 35 U.S.C. 111(a) that is filed on or after November 15, 2011, other than by the Office electronic filing system, except for a reissue, design, or plant application:
By a small entity (§ 1.27(a))……$200.00
By other than a small entity……$400.00
(規則1.16;USPTO)

要約書[Abstract]

要約書作成時の留意点

要約書には、発明の内容を簡潔に記載する。要約書は、150語以内でなければならない。クレームに用いる表現であるmeans、said等の表現は避けて記載する。

<関連法規>

(規則1.72;日本語)
(a) 発明の名称は,その長さが 500 文字を超えることができず,可能な限り簡潔かつ特定的でなければならない。特許商標庁の自動化情報システムによって捕捉及び記録することができない文字は,当該システムによる特許商標庁の記録又は特許商標庁が作成する書類に反映させることができない。発明の名称が出願データシート(§1.76)によって供給される場合を除き,発明の名称は,明細書の最初のページに見出しとして記載されていなければならない。
(b) 明細書における技術開示についての簡単な要約は,独立した用紙上で「要約」又は「開示の要約」の見出しを付して始まらなければならず,その個所はクレームの後が望ましい。要約を記載した用紙は,出願の他の部分又は他の資料を含むことができない。35 U.S.C.第111 条に基づいてされる出願における要約は,その長さが 150 語を超えることができない。要約の目的は一般に,合衆国特許商標庁及び公衆が一読することによって,技術開示の内容及び要旨を,迅速に決定することができるようにすることにある。(規則1.72;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

(規則1.72;英語)
(a) The title of the invention may not exceed 500 characters in length and must be as short and specific as possible. Characters that cannot be captured and recorded in the Office’s automated information systems may not be reflected in the Office’s records in such systems or in documents created by the Office. Unless the title is supplied in an application data sheet (§ 1.76 ), the title of the invention should appear as a heading on the first page of the specification.
(b) A brief abstract of the technical disclosure in the specification must commence on a separate sheet, preferably following the claims, under the heading “Abstract” or “Abstract of the Disclosure.” The sheet or sheets presenting the abstract may not include other parts of the application or other material. The abstract in an application filed under 35 U.S.C. 111 may not exceed 150 words in length. The purpose of the abstract is to enable the United States Patent and Trademark Office and the public generally to determine quickly from a cursory inspection the nature and gist of the technical disclosure.(規則1.72;USPTO)
PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.