米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

出願公開~米国~

出願公開

特許出願は、出願日から18か月後に速やかに公開される。
米国では、2000年の法改正によって出願公開制度が導入された。これにより、いわゆるサブマリン特許(長年公開されず、時間経過により発明が陳腐化した頃に特許権として公開される特許)を防ぐことができるようになった。

<関連法規>

特許法第122条;日本語
第 122 条 出願の秘密性;特許出願の公開
(a) 秘密保持
(b)に規定する場合を除き,特許出願は,特許商標庁によって秘密が守られるものとし,特許出願に関する情報は,議会制定法の規定を実行するために又は長官が定める特別な状況において必要とするときを除き,出願人又は所有者の許可を得ないでは提供されない。
(b) 公開
(1) 一般
(A) (2)に従うことを条件として,特許出願の各々は,本法に基づいてその利益が求められる最先の出願日から 18 月の期間が満了した後速やかに,長官が定める手続に従って公開されるものとする。出願人から請求があったときは,出願は,当該 18 月の期間の終了前に公開することができる。
(B) 公開された特許出願に関する如何なる情報も,長官が定める場合を除き,公衆の利用に供されることはない。
(C) 法律の他の如何なる規定にも拘らず,公開された特許出願に関する情報を発表する又は発表しない旨の長官の決定は,最終的なものであり,かつ,再審理の対象とはならない。
(2) 除外規定
(A) 出願が次に該当する場合は,その出願は,公開されないものとする。
(i) 係属状態でなくなっている場合
(ii) 第 181 条に基づく秘密保持命令の対象である場合
(iii) 第 111 条(b)に基づいて提出された仮出願である場合,又は
(iv) 第 16 章に基づいてなされた意匠特許出願である場合
(B)(i) 出願人が,出願時に,その出願において開示された発明が出願から 18 月後の出願公開を義務付けている他国において又は多国間国際協定に基づいてなされる出願の主題となっておらず,かつ,今後もその主題としないことを証明して請求をしたときは,その出願については,(1)に定めた公開を行わないものとする。
(ii) 出願人は,(i)に基づいて行った請求をいつでも撤回することができる。
(iii) 出願人が(i)に基づく請求をしたが,その後,(i)に記載した外国において又は多国間国際協定に基づいて,特許商標庁に対して行った出願に開示されている発明を対象とする出願をした場合は,当該出願人は,当該の外国出願又は国際出願についてその出願日から 45日以内に長官に通知しなければならない。出願人が所定の期間内に当該通知をしなかったときは,その結果として,その出願は放棄されたものとみなされる。ただし,通知の提出遅延が故意によるものでないことが長官の認めるように証明されたときは,この限りでない。
(iv) 出願人が,(i)に基づいて行った請求を撤回するか,又は(i)に記載した外国において若しくは多国間国際協定に基づいて出願したことを長官に通知した場合は,その出願は,(i)に明示した日に又はその後速やかに,(1)の規定に従って公開されるものとする。(v) 出願人が直接的に又は多国間国際協定を通じて 1 又は 2 以上の外国において出願をし,かつ,特許商標庁になされた出願に対応する当該外国出願,又は当該外国出願における発明の説明が特許商標庁になされた出願又はそれに記載されている発明の説明より範囲が狭いときは,出願人は,その出願に含まれる何れかの部分又は発明の説明であって,外国においてなされた何れの出願にも含まれていないものを削除し,特許商標庁になした出願の編集した写しを提出することができる。本法に基づいてその利益を求める最先の有効出願日から 16月以内に,出願に係る編集後の写しが受領されなかった場合を除き,長官は,出願の編集後の写しのみを公開することができる。本段落に基づいてなされた編集後の出願において,あるクレームに関して公開された発明の説明が,その技術分野における知識を有する者がそのクレームの主題を実施及び使用することを可能としない場合は,第 154 条(d)の規定は,当該クレームには適用されない。
(c) 抗議及び特許発行前の異議申立
長官は,出願人からの書面による明示の同意のない出願公開の後に,出願に対する特許付与について,抗議又はそれ以外の形式での特許発行前の異議申立ができないようにするための適切な手続を定めなければならない。
(d) 国家の安全
特許出願は,それに係る発明の公開又は開示が国家の安全にとって有害であるときは,(b)(1)に基づく公開はされないものとする。長官は,そのような出願が速やかに識別され,かつ,それに係る発明の秘密が第 17 章に従って維持されるようにするための適切な手続を定めなければならない。(特許法第122条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第122条;英語
35 U.S.C. 122 Confidential status of applications; publication of patent applications.
(a) CONFIDENTIALITY. Except as provided in subsection (b), applications for patents shall be kept in confidence by the Patent and Trademark Office and no information concerning the same given without authority of the applicant or owner unless necessary to carry out the provisions of an Act of Congress or in such special circumstances as may be determined by the Director.
(b) PUBLICATION.
(1) IN GENERAL.
(A) Subject to paragraph (2), each application for a patent shall be published, in accordance with procedures determined by the Director, promptly after the expiration of a period of 18 months from the earliest filing date for which a benefit is sought under this title. At the request of the applicant, an application may be published earlier than the end of such 18-month period.
(B) No information concerning published patent applications shall be made available to the public except as the Director determines.
(C) Notwithstanding any other provision of law, a determination by the Director to release or not to release information concerning a published patent application shall be final and nonreviewable.
(2) EXCEPTIONS.
(A) An application shall not be published if that application is
(i) no longer pending;
(ii) subject to a secrecy order under section 181 ;
(iii) a provisional application filed under section 111(b) ; or
(iv) an application for a design patent filed under chapter 16 .
(B)
(i) If an applicant makes a request upon filing, certifying that the invention disclosed in the application has not and will not be the subject of an application filed in another country, or under a multilateral international agreement, that requires publication of applications 18 months after filing, the application shall not be published as provided in paragraph (1).
(ii) An applicant may rescind a request made under clause (i) at any time.
(iii) An applicant who has made a request under clause (i) but who subsequently files, in a foreign country or under a multilateral international agreement specified in clause (i), an application directed to the invention disclosed in the application filed in the Patent and Trademark Office, shall notify the Director of such filing not later than 45 days after the date of the filing of such foreign or international application. A failure of the applicant to provide such notice within the prescribed period shall result in the application being regarded as abandoned, unless it is shown to the satisfaction of the Director that the delay in submitting the notice was unintentional.
(iv) If an applicant rescinds a request made under clause (i) or notifies the Director that an application was filed in a foreign country or under a multilateral international agreement specified in clause (i), the application shall be published in accordance with the provisions of paragraph (1) on or as soon as is practical after the date that is specified in clause (i).
(v) If an applicant has filed applications in one or more foreign countries, directly or through a multilateral international agreement, and such foreign filed applications corresponding to an application filed in the Patent and Trademark Office or the description of the invention in such foreign filed applications is less extensive than the application or description of the invention in the application filed in the Patent and Trademark Office, the applicant may submit a redacted copy of the application filed in the Patent and Trademark Office eliminating any part or description of the invention in such application that is not also contained in any of the corresponding applications filed in a foreign country. The Director may only publish the redacted copy of the application unless the redacted copy of the application is not received within 16 months after the earliest effective filing date for which a benefit is sought under this title. The provisions of section 154(d) shall not apply to a claim if the description of the invention published in the redacted application filed under this clause with respect to the claim does not enable a person skilled in the art to make and use the subject matter of the claim.
(c) PROTEST AND PRE-ISSUANCE OPPOSITION. The Director shall establish appropriate procedures to ensure that no protest or other form of pre-issuance opposition to the grant of a patent on an application may be initiated after publication of the application without the express written consent of the applicant.
(d) NATIONAL SECURITY. No application for patent shall be published under subsection (b)(1) if the publication or disclosure of such invention would be detrimental to the national security. The Director shall establish appropriate procedures to ensure that such applications are promptly identified and the secrecy of such inventions is maintained in accordance with chapter 17 .
(e) PREISSUANCE SUBMISSIONS BY THIRD PARTIES.
(1) IN GENERAL. Any third party may submit for consideration and inclusion in the record of a patent application, any patent, published patent application, or other printed publication of potential relevance to the examination of the application, if such submission is made in writing before the earlier of
(A) the date a notice of allowance under section 151 is given or mailed in the application for patent; or
(B) the later of
(i) 6 months after the date on which the application for patent is first published under section 122 by the Office, or
(ii) the date of the first rejection under section 132 of any claim by the examiner during the examination of the application for patent.
(2) OTHER REQUIREMENTS. Any submission under paragraph (1) shall
(A) set forth a concise description of the asserted relevance of each submitted document;
(B) be accompanied by such fee as the Director may prescribe; and
(C) include a statement by the person making such submission affirming that the submission was made in compliance with this section.(特許法第122条;USPTO)

公開内容

特許出願公開では,以下の事項が公開される。

  1. 発明者、譲受人
  2. 出願番号、出願日
  3. 基礎出願、関連出願
  4. 明細書
  5. 図面、要約書
  6. 一定条件のもと、予備的補正[Preliminary Amendment]

<関連法規>

規則1.115;日本語
§1.115 予備的補正
(a) 予備的補正とは,§1.104 に基づく最初の庁指令の郵送日以前に特許商標庁において受領される(§1.6)補正のことである。特許出願公開は,予備的補正を含むことができる(§1.215(a))。
(1) 出願の出願日に存在している予備的補正は,その出願の原開示の一部である。
(2) 出願の出願日後に提出される予備的補正は,その出願の原開示の一部でない。
(b) §1.121 に従う予備的補正は,長官によって不承認とされたときを除き,記録される。
(1) 新たな又は代替のクレームを提示することなく,全てのクレームの取消を求める予備的補正は,承認されない。
(2) 予備的補正が出願に関する最初の庁指令の作成を不当に妨げる場合は,不承認とされることがある。予備的補正を不承認とするときに考慮される要素には,次の事項が含まれる。
(i) 予備的補正の特許商標庁による受領の日(§1.6)における最初の庁指令の準備状態,及び
(ii) 予備的補正の記録から生じる,明細書又はクレームについての変更の内容
(3) 予備的補正が次の時期より遅くないときに提出される場合は,その予備的補正は,(b)(2)に基づいて不承認とされることはない。
(i) §1.53(b)に基づく出願の提出日から 3 月
(ii) §1.53(d)に基づく継続手続出願の提出日,又は
(iii) 国際出願に関する,§1.491 に記載されている国内段階への移行日から 3 月
(4) (b)(3)に指定されている期間は,延長することができない。(規則1.115;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.115;英語
1.115 Preliminary amendments.
(a) A preliminary amendment is an amendment that is received in the Office (§ 1.6 ) on or before the mail date of the first Office action under § 1.104 . The patent application publication may include preliminary amendments (§ 1.215(a) ).
(1) A preliminary amendment that is present on the filing date of an application is part of the original disclosure of the application.
(2) A preliminary amendment filed after the filing date of the application is not part of the original disclosure of the application.
(b) A preliminary amendment in compliance with § 1.121 will be entered unless disapproved by the Director.
(1) A preliminary amendment seeking cancellation of all the claims without presenting any new or substitute claims will be disapproved.
(2) A preliminary amendment may be disapproved if the preliminary amendment unduly interferes with the preparation of a first Office action in an application. Factors that will be considered in disapproving a preliminary amendment include:
(i) The state of preparation of a first Office action as of the date of receipt (§ 1.6 ) of the preliminary amendment by the Office; and
(ii) The nature of any changes to the specification or claims that would result from entry of the preliminary amendment.
(3) A preliminary amendment will not be disapproved under (b)(2) of this section if it is filed no later than:
(i) Three months from the filing date of an application under § 1.53(b) ;
(ii) The filing date of a continued prosecution application under § 1.53(d) ; or
(iii) Three months from the date the national stage is entered as set forth in § 1.491 in an international application.
(4) The time periods specified in paragraph (b)(3) of this section are not extendable.(規則1.115;USPTO)
 
規則1.215;日本語
§1.215 特許出願公開
(a) 35 U.S.C.第 122 条(b)に基づく出願の公開は,特許出願公開を含むものとする。特許出願公開に関しては,公開日が表示されるものとする。特許出願公開は,その出願の出願日に特許商標庁に寄託された明細書及び図面,並びにその出願を完成させるために提出される,作成された宣誓書又は宣言書を基にするものとする。特許出願公開はまた,明細書(要約又はクレームを除く)の補正であって,§1.125(b)に基づく差替明細書に反映されているもの,§1.121(b)に基づく要約の補正,クレームの補正であって,§1.121(c)に基づく完全なクレーム一覧に反映されているもの,§1.121(d)に基づく図面の補正を基にすることができるが,ただし,当該差替明細書又は補正書が,その出願の公開についての技術的準備が行われる前に,その出願に係る特許商標庁のファイル・ラッパーに入れるのに間に合う時に提出されることを条件とする。出願公開の技術的準備は,一般に,公開予定日の 4 月前に開始する。35U.S.C.第 371 条に基づいて国内段階に移行した出願についての特許出願公開もまた,国際段階において行われた補正を含むことができる。特許商標庁電子出願制度を使用してされた出願文書を基にする出願公開に関しては,(c)を参照。
(b) 出願人が特許出願公開に譲受人情報を含めることを希望する場合は,出願人は,譲受人情報を出願送付様式又は出願データシート(§1.76)に含めなければならない。譲受人情報は,当該情報が出願送付様式又は出願時の出願に含まれている出願データシート上で提供される場合を除き,特許出願公開に含めることができない。出願送付様式又は出願データシート上で当該情報を提供することは,譲渡を特許商標庁によって記録させるためのこの章第 3 部の要件を満たすことの代わりにはならない。
(c) 出願人が選択したときは,特許出願公開は,出願に係る補正後の書面(明細書,図面及び宣誓書又は宣言書)に基づくものとするが,これについては,出願人が,出願の確認番号を含む特許商標庁の最初の通信に係る郵送日から 1 月,又は合衆国法典第 35 巻に基づいてその利益が求められる最先の出願日から 14 月の何れか遅い方までに,特許商標庁電子出願制度の要件に従って当該書面を提出することを条件とする。
(d) (c)に従って提出された,出願に係る書面が特許商標庁電子出願制度の要件に従っていないときは,特許商標庁は,その出願を(a)に定められているとおりに公開する。ただし,特許商標庁が公開手続を開始していなかった場合は,特許商標庁は,特許出願公開を作成するに際し,(c)に基づいて出願人が提供した,その出願に関して不適時に提出された書面を使用することができる。(規則1.215;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.215;英語
1.215 (pre-AIA) Patent application publication.
(a) The publication of an application under 35 U.S.C. 122(b) shall include a patent application publication. The date of publication shall be indicated on the patent application publication. The patent application publication will be based upon the specification and drawings deposited on the filing date of the application, as well as the executed oath or declaration submitted to complete the application. The patent application publication may also be based upon amendments to the specification (other than the abstract or the claims) that are reflected in a substitute specification under § 1.125(b) , amendments to the abstract under § 1.121(b) , amendments to the claims that are reflected in a complete claim listing under § 1.121(c) , and amendments to the drawings under § 1.121(d) , provided that such substitute specification or amendment is submitted in sufficient time to be entered into the Office file wrapper of the application before technical preparations for publication of the application have begun. Technical preparations for publication of an application generally begin four months prior to the projected date of publication. The patent application publication of an application that has entered the national stage under 35 U.S.C. 371 may also include amendments made during the international stage. See paragraph (c) of this section for publication of an application based upon a copy of the application submitted via the Office electronic filing system.
(b) If applicant wants the patent application publication to include assignee information, the applicant must include the assignee information on the application transmittal sheet or the application data sheet (§ 1.76 ). Assignee information may not be included on the patent application publication unless this information is provided on the application transmittal sheet or application data sheet included with the application on filing. Providing this information on the application transmittal sheet or the application data sheet does not substitute for compliance with any requirement of part 3 of this chapter to have an assignment recorded by the Office.
(c) At applicant’s option, the patent application publication will be based upon the copy of the application (specification, drawings, and oath or declaration) as amended, provided that applicant supplies such a copy in compliance with the Office electronic filing system requirements within one month of the mailing date of the first Office communication that includes a confirmation number for the application, or fourteen months of the earliest filing date for which a benefit is sought under title 35, United States Code, whichever is later.
(d) If the copy of the application submitted pursuant to paragraph (c) of this section does not comply with the Office electronic filing system requirements, the Office will publish the application as provided in paragraph (a) of this section. If, however, the Office has not started the publication process, the Office may use an untimely filed copy of the application supplied by the applicant under paragraph (c) of this section in creating the patent application publication.(規則1.215;USPTO)

早期公開制度  [Early Publication]

出願人が請求することによって、手数料(出願公開料)を支払うことにより、18か月より早く公開することができる。

<関連法規>

規則1.219;日本語
§1.219 早期公開
§1.211 に基づいて公開される出願は,出願人からの請求があったときは,§1.211(a)に定められている時期より早く公開することができる。早期公開の請求には,§1.18(d)に記載されている公開手数料が添付されなければならない。出願人が§1.215(c)に従った特許庁電子出願制度の要件を満たす出願文書を提出していない場合は,特許商標庁は,§1.215(a)に定められているとおりに出願を公開する。一定の日における公開を求める請求は考慮されないものとし,そのような請求は,できる限り早い公開を求める請求として処理される。(規則1.219;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.219;英語
1.219 Early publication.
Applications that will be published under § 1.211 may be published earlier than as set forth in § 1.211(a) at the request of the applicant. Any request for early publication must be accompanied by the publication fee set forth in § 1.18(d). If the applicant does not submit a copy of the application in compliance with the Office electronic filing system requirements pursuant to § 1.215(c) , the Office will publish the application as provided in § 1.215(a) . No consideration will be given to requests for publication on a certain date, and such requests will be treated as a request for publication as soon as possible.(規則1.219;USPTO)

公開されない出願

次の出願は、公開されない。

  1. 米国特許庁に係属していない出願
  2. 秘密保持命令の対象の出願
    特許法第181条;日本語
    181 条 一定の発明についての秘密保持及び特許付与の留保
    合衆国政府が財産上の権利を有する発明に関しての出願公開又は特許付与による公表又は開示が,関係政府機関の長の見解によれば国家の安全を害する虞がある場合において,特許局長は,その旨の通知を受けたときは,次の条件に基づいて,その発明について秘密を保持すべき旨の命令を出さなければならず,また,それに係る出願の公開又は特許の付与を留保しなければならない。
    合衆国政府が財産上の権利を有さない発明に関しての出願公開又は特許付与による公表又は開示が,特許局長の見解によれば国家の安全を害する虞がある場合において,特許局長は,当該発明が開示されている特許出願を,原子力委員会,国防長官及び大統領が合衆国の防衛機関として指定する政府の他の部門又は機関の主席官の調査に委ねなければならない。出願の開示を受けた各個人は,日付を付した閲覧確認書に署名しなければならず,当該確認書は出願ファイルに入れておかなければならない。原子力委員会,国防長官又は前記のとおり指定された他の部門又は機関の主席官の見解によれば,出願公開又はそれに係る特許付与による発明の公表又は開示が国家の安全を害する虞がある場合は,原子力委員会,国防長官又は前記の他の主席官は,特許局長に通知するものとし,また,特許局長は,その発明についての秘密を保持すべき旨の命令を出すと共に,国益上必要とされる期間中,出願の公開又は特許の付与を留保しなければならず,かつ,出願人にその旨を通知しなければならない。
    秘密保持命令を出させた部門又は機関の長が,その出願の審査が国家の安全に危険をもたらす虞があることを適切に証明したときは,特許局長は,それに基づき,その出願を封印し,出願人にその旨を通知しなければならない。秘密保持命令の対象とされた出願の所有者は,当該命令に対し,商務長官が定めた規則に従って同長官に不服申立をする権利を有する。
    発明についての秘密保持の命令及び出願公開又は特許付与の留保は,その期間を 1 年以上としてはならない。特許局長は,秘密保持命令を出させた前記部門の長又は前記機関の主席官から,国益上,秘密保持命令の継続が必要であることを確認する決定がなされた旨の通知を受けたときは,前記期間の終了時又は更新期間の終了時に,更に 1 年間その命令を更新しなければならない。合衆国が戦争をしている時期において有効な又は出された命令は,戦争行為期間中及び戦争行為停止後 1 年間,その効力を保持するものとする。大統領が宣言した国家緊急事態の間において有効な又は出された命令は,国家緊急事態及びその後の 6 月の期間,その効力を保持するものとする。特許局長は,命令を出させた部門の長及び機関の主席官から,発明の公表又は開示はもはや国家安全を害するものとはみなされない旨の通知を受けたときは,命令を廃止することができる。(特許法第181条;JPO)【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
     
    特許法第181条;英語
    35 U.S.C. 181 Secrecy of certain inventions and withholding of patent.
    Whenever publication or disclosure by the publication of an application or by the grant of a patent on an invention in which the Government has a property interest might, in the opinion of the head of the interested Government agency, be detrimental to the national security, the Commissioner of Patents upon being so notified shall order that the invention be kept secret and shall withhold the publication of an application or the grant of a patent therefor under the conditions set forth hereinafter.Whenever the publication or disclosure of an invention by the publication of an application or by the granting of a patent, in which the Government does not have a property interest, might, in the opinion of the Commissioner of Patents, be detrimental to the national security, he shall make the application for patent in which such invention is disclosed available for inspection to the Atomic Energy Commission, the Secretary of Defense, and the chief officer of any other department or agency of the Government designated by the President as a defense agency of the United States.Each individual to whom the application is disclosed shall sign a dated acknowledgment thereof, which acknowledgment shall be entered in the file of the application. If, in the opinion of the Atomic Energy Commission, the Secretary of a Defense Department, or the chief officer of another department or agency so designated, the publication or disclosure of the invention by the publication of an application or by the granting of a patent therefor would be detrimental to the national security, the Atomic Energy Commission, the Secretary of a Defense Department, or such other chief officer shall notify the Commissioner of Patents and the Commissioner of Patents shall order that the invention be kept secret and shall withhold the publication of the application or the grant of a patent for such period as the national interest requires, and notify the applicant thereof. Upon proper showing by the head of the department or agency who caused the secrecy order to be issued that the examination of the application might jeopardize the national interest, the Commissioner of Patents shall thereupon maintain the application in a sealed condition and notify the applicant thereof. The owner of an application which has been placed under a secrecy order shall have a right to appeal from the order to the Secretary of Commerce under rules prescribed by him.An invention shall not be ordered kept secret and the publication of an application or the grant of a patent withheld for a period of more than one year. The Commissioner of Patents shall renew the order at the end thereof, or at the end of any renewal period, for additional periods of one year upon notification by the head of the department or the chief officer of the agency who caused the order to be issued that an affirmative determination has been made that the national interest continues to so require. An order in effect, or issued, during a time when the United States is at war, shall remain in effect for the duration of hostilities and one year following cessation of hostilities. An order in effect, or issued, during a national emergency declared by the President shall remain in effect for the duration of the national emergency and six months thereafter. The Commissioner of Patents may rescind any order upon notification by the heads of the departments and the chief officers of the agencies who caused the order to be issued that the publication or disclosure of the invention is no longer deemed detrimental to the national security.(特許法第181条;USPTO)
  3. 仮出願
  4. 意匠特許出願
  5. 出願人が非公開の請求をした出願

非公開の請求

出願人は、1年6カ月で出願公開がなされる米国以外の国に外国出願しないことを条件として、非公開の請求をすることができる。

非公開の請求をした後、1年6カ月で出願公開がなされる外国に出願した場合は、45日以内にUSPTOに届け出なければならない。これを怠った場合には、非公開請求をした出願は、放棄したものとみなされる。

<関連法規><

規則1.213;日本語
§1.213 非公開請求
(a) 出願において開示されている発明が,出願から 18 月後の出願公開を要求する他国において又は多国間国際協定に基づいてされる出願の主題となっておらず,また,今後もその予定がない場合において,次の条件が満たされるときは,その出願は,35 U.S.C.第 122 条(b)及び§1.211 に基づく公開がされない。
(1) 出願時に請求書(非公開請求書)がその出願に添付して提出されること
(2) 請求書が,明白な形で,出願について 35 U.S.C.第 122 条(b)に基づく公開が行われないようにすることを記述していること
(3) 請求書は,その出願において開示されている発明が,出願から 18 月後の出願公開を要求する他国において又は多国間国際協定に基づいてされる出願の主題となっておらず,また,今後もその予定がない旨の証明を含んでいること,及び
(4) 請求書が,§1.33(b)に従って署名されること
(b) 出願人はいつでも,非公開請求を取り下げることができる。(a)に基づく非公開請求を取り下げる請求は,次の条件を満たさなければならない。
(1) 対象とする出願を特定すること
(2) 明白な形で,出願について 35 U.S.C.第 122 条(b)に基づく公開が行われないようにすることの請求が取り下げられる旨を陳述していること,及び
(3) §1.33(b)に従って署名されること
(c) (a)に基づく非公開請求書を提出した出願人がその後,提出された非公開請求に係る出願において開示されている発明を対象とする出願を,出願から 18 月後の出願公開を要求する他国において又は多国間国際協定に基づいてするときは,出願人は,当該外国又は国際出願の出願日後 45 日以内に,特許商標庁にその出願の届出をしなければならない。当該外国又は国際出願の提出を適時に特許商標庁に届け出なかった場合は,提出された非公開請求に係る出願は,その結果,放棄されることになる(35 U.S.C.第 122 条(b)(2)(B)(iii))。(規則1.213;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.213;英語
1.213 Nonpublication request.
(a) If the invention disclosed in an application has not been and will not be the subject of an application filed in another country, or under a multilateral international agreement, that requires publication of applications eighteen months after filing, the application will not be published under 35 U.S.C. 122(b) and § 1.211 provided:
(1) A request (nonpublication request) is submitted with the application upon filing;
(2) The request states in a conspicuous manner that the application is not to be published under 35 U.S.C. 122(b) ;
(3) The request contains a certification that the invention disclosed in the application has not been and will not be the subject of an application filed in another country, or under a multilateral international agreement, that requires publication at eighteen months after filing; and
(4) The request is signed in compliance with § 1.33(b).
(b) The applicant may rescind a nonpublication request at any time. A request to rescind a nonpublication request under paragraph (a) of this section must:
(1) Identify the application to which it is directed;
(2) State in a conspicuous manner that the request that the application is not to be published under 35 U.S.C. 122(b) is rescinded; and
(3) Be signed in compliance with § 1.33(b) .
(c) If an applicant who has submitted a nonpublication request under paragraph (a) of this section subsequently files an application directed to the invention disclosed in the application in which the nonpublication request was submitted in another country, or under a multilateral international agreement, that requires publication of applications eighteen months after filing, the applicant must notify the Office of such filing within forty-five days after the date of the filing of such foreign or international application. The failure to timely notify the Office of the filing of such foreign or international application shall result in abandonment of the application in which the nonpublication request was submitted ( 35 U.S.C. 122(b)(2)(B)(iii) ).(規則1.213;USPTO)

仮保護の権利  [Provisional Rights]

日本の 補償金請求権(特許法第65条)に相当する権利である。出願人は、出願公開から特許権が付与される日までの期間、特許権を侵害した第3者に対して実施料相当額を請求することができる。
PCTの国内以降に基づく出願の場合は、USPTOで公開されている場合は国際公開日、USPTO以外の言語で公開されている場合は、米国特許庁が公開に関するUSPTO翻訳文を受領した日が公開日となる。

仮保護の権利は、特許が発行されてから6年以内に行使しなければならない。

<関連法規>

特許法第154条;日本語
第 154 条 特許証の内容及び存続期間;仮の権利 (抜粋)
(d) 仮の権利
(1) 一般
特許は,本条によって付与される他の権利に加え,第 122 条(b)に基づく当該特許に係る出願の公開日,又は合衆国を指定して第 351 条(a)に定義する条約に基づいて提出された国際出願の場合は,同条約第 21 条(2)(a)に基づく当該出願の公開日に開始し,特許が付与された日に終了する期間において,次に該当する者から適正なロイヤルティを取得する権利を含むものとする。
(A)(i) 公開された特許出願においてクレームされている発明を合衆国において製造し,使用し,販売の申出をし若しくは販売し,又は当該発明を合衆国に輸入する者,又は
(ii) 公開された特許出願においてクレームされている発明が方法である場合において,公開された特許出願においてクレームされている当該方法により製造された製品を,合衆国において使用し,販売の申出をし若しくは販売し又は合衆国に輸入する者,及び
(B) 公開された特許出願について実際に知っており,かつ,本号に基づいて生じる権利が,英語以外の言語で公開された合衆国を指定国とする国際出願に基づいている場合においては,当該国際出願に係る英語翻訳文を有していた者
(2) 実質的に同一の発明に基づく権利
適正なロイヤルティを取得するための(1)に基づく権利は,特許においてクレームされている発明が公開された特許出願においてクレームされている発明と実質的に同一でない限り,本項に基づいて取得することはできない。
(3) 適正なロイヤルティの取得に関する時間的制限
適正なロイヤルティを取得するための(1)に基づく権利は,特許が付与されてから 6 年以内に提起する訴訟によってのみ行使することができる。適正なロイヤルティを取得するための(1)に基づく権利は,(1)に記載した期間の存続による影響を受けないものとする。
(4) 国際出願に関する要件
(A) 効力発生日
適正なロイヤルティを取得するための(1)に基づく権利であって,合衆国を指定国とする国際出願についての第 351 条(a)に定義する条約に基づく公開を基礎とするものは,国際出願に関する前記条約に基づく公開日,又は国際出願に関する同条約に基づく公開が英語以外の言語によるものであった場合は,特許商標庁が公開に関する英語翻訳文を受領した日に開始するものとする。
(B) 写し
長官は,出願人に対し,国際出願の写し及びその翻訳文を提出するよう要求することができる。(特許法第154条(d);JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第154条;英語
35 U.S.C. 154 Contents and term of patent; provisional rights.
(d) PROVISIONAL RIGHTS.
(1) IN GENERAL. In addition to other rights provided by this section, a patent shall include the right to obtain a reasonable royalty from any person who, during the period beginning on the date of publication of the application for such patent under section 122(b) , or in the case of an international application filed under the treaty defined in section 351(a) designating the United States under Article 21(2)(a) of such treaty, the date of publication of the application, and ending on the date the patent is issued
(A) (i) makes, uses, offers for sale, or sells in the United States the invention as claimed in the published patent application or imports such an invention into the United States; or
(ii) if the invention as claimed in the published patent application is a process, uses, offers for sale, or sells in the United States or imports into the United States products made by that process as claimed in the published patent application; and
(B) had actual notice of the published patent application and, in a case in which the right arising under this paragraph is based upon an international application designating the United States that is published in a language other than English, had a translation of the international application into the English language.
(2) RIGHT BASED ON SUBSTANTIALLY IDENTICAL INVENTIONS. The right under paragraph (1) to obtain a reasonable royalty shall not be available under this subsection unless the invention as claimed in the patent is substantially identical to the invention as claimed in the published patent application.
(3) TIME LIMITATION ON OBTAINING A REASONABLE ROYALTY. The right under paragraph (1) to obtain a reasonable royalty shall be available only in an action brought not later than 6 years after the patent is issued. The right under paragraph (1) to obtain a reasonable royalty shall not be affected by the duration of the period described in paragraph (1).
(4) REQUIREMENTS FOR INTERNATIONAL APPLICATIONS
(A) EFFECTIVE DATE. The right under paragraph (1) to obtain a reasonable royalty based upon the publication under the treaty defined in section 351(a) of an international application designating the United States shall commence on the date of publication under the treaty of the international application, or, if the publication under the treaty of the international application is in a language other than English, on the date on which the Patent and Trademark Office receives a translation of the publication in the English language.
(B) COPIES. The Director may require the applicant to provide a copy of the international application and a translation thereof.(特許法第154条(d);USPTO)

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.