米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

方式審査~米国~

方式審査

出願番号通知

米国特許が出願を受領すると、出願番号が通知される[Official Filing Receipt]。出願日が認定されるためには、少なくとも一つのクレームを含む明細書と図面が特許商標庁に提出されることが必要となる。出願書類が出願日の付与を受けるための条件を満たしていない場合には、通知が発行される。

<関連法規>

規則1.53;日本語
§1.53 出願番号,出願日及び出願の完成 (抜粋)
(a) 出願番号
特許商標庁において受領される,出願を目的とする書類には,識別上の出願番号が与えられる。(規則1.53;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.53;英語
1.53 (pre-AIA) Application number, filing date, and completion of application.
(a) Application number. Any papers received in the Patent and Trademark Office which purport to be an application for a patent will be assigned an application number for identification purposes.(規則1.53;USPTO)

審査の繰上げ[Advancement of Examination]

出願が受領されると、その順番で審査が進められるが、一定条件のもと、手数料を支払って審査の繰上げを請求することができる。以下の場合には、手数料を支払わずに審査の繰上げが請求できる。

  1. 環境の質を高めること
  2. エネルギー資源の開発又は保全に貢献すること
  3. テロ行為に対する反撃に貢献すること
  4. 出願人の年齢が65歳以上

<関連法規>

規則1.102;日本語
§1.102 審査の繰上
(a) 出願は,審査又はその後の手続の順番から外して繰り上げられることはないものとする。ただし,この部により規定されている場合,又は長官による,それに係る庁の業務を迅速にすべき命令があったとき,又は(b)に基づく要求が提出されたとき,又は(c)若しくは(d)に基づく申請であって,長官の見解において繰上を正当化する証明が付されたものが提出されたときは,この限りでない。
(b) 出願であって,その発明が公益事業のある分野にとって特別な重要性を有するとみなされ,政府の省の長がその理由のために出願の即時の処理を要求したものは,審査の繰上を受けることができる。
(c) 出願を特別なものとするための申請は,申請理由が次のものであるときは,手数料を伴わずに提出することができる。(1) 出願人の年齢又は健康,又は
(2) その発明が著しく,
(i) 環境の質を高めること
(ii) エネルギー資源の開発又は保全に貢献すること,又は
(iii) テロ行為に対する反撃に貢献すること
(d) 出願を特別なものとするための申請であって,(c)に規定した理由以外によるものには,§1.17(h)に記載されている手数料が添付されなければならない。(規則1.102;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.102;英語
1.102 Advancement of examination.
(a) Applications will not be advanced out of turn for examination or for further action except as provided by this part, or upon order of the Director to expedite the business of the Office, or upon filing of a request under paragraph (b) or (e) of this section or upon filing a petition or request under paragraph (c) or (d) of this section with a showing which, in the opinion of the Director, will justify so advancing it.
(b) Applications wherein the inventions are deemed of peculiar importance to some branch of the public service and the head of some department of the Government requests immediate action for that reason, may be advanced for examination.
(c) A petition to make an application special may be filed without a fee if the basis for the petition is:
(1) The applicant’s age or health; or
(2) That the invention will materially:
(i) Enhance the quality of the environment;
(ii) Contribute to the development or conservation of energy resources; or
(iii) Contribute to countering terrorism.
(d) A petition to make an application special on grounds other than those referred to in paragraph (c) of this section must be accompanied by the fee set forth in § 1.17(h) .
(e) A request for prioritized examination under this paragraph must comply with the requirements of this paragraph and be accompanied by the prioritized examination fee set forth in § 1.17(c) , the processing fee set forth in § 1.17(i) , and if not already paid, the publication fee set forth in § 1.18(d) . An application for which prioritized examination has been requested may not contain or be amended to contain more than four independent claims, more than thirty total claims, or any multiple dependent claim. Prioritized examination under this paragraph will not be accorded to international applications that have not entered the national stage under 35 U.S.C. 371 , design applications, reissue applications, provisional applications, or reexamination proceedings. A request for prioritized examination must also comply with the requirements of paragraph (e)(1) or paragraph (e)(2) of this section.
(1) A request for prioritized examination may be filed with an original utility or plant nonprovisional application under 35 U.S.C. 111(a) that is complete as defined by § 1.51(b) , with any fees due under § 1.16 paid on filing. If the application is a utility application, it must be filed via the Office’s electronic filing system. The request for prioritized examination in compliance with this paragraph must be present upon filing of the application.
(2) A request for prioritized examination may be filed with or after a request for continued examination in compliance with § 1.114 . If the application is a utility application, the request must be filed via the Office’s electronic filing system. The request must be filed before the mailing of the first Office action after the filing of the request for continued examination under § 1.114 . Only a single such request for prioritized examination under this paragraph may be granted in an application.(規則1.102;USPTO)

また、以下の場合には、手数料を支払うことにより審査の繰上を請求することができる。

  1. 将来的に製造することが決まっている
  2. 現在、特許出願に関する発明が侵害されている(侵害の見込みは不可)
  3. 出願人の健康上の理由により、継続的に出願手続に参加することが困難な場合
  4. 組換DNAに関する出願

<関連法規>

MPEP708;日本語
708 審査の順番 [R-2]
非仮出願であって,合衆国特許商標庁に対して行われ,かつ,完全な出願として受理されたものは,審査のために,その出願が関連する発明分類を有する技術センターに割り当てられる。非仮出願は,特許規則 1.102 に従って審査が繰り上げられている出願を除き,それが提出された順序に従って,その出願を担当する審査官によって審査手続がされなければならない。国内段階における国際出願の審査についての順番に関しては,特許規則 1.496 及び MPEP§1893.03 を参照のこと。これには,新規性,進歩性及び産業上の利用可能性に関して特許協力条約(PCT)第 33 条(1)から(4)までの基準を満たしているとして表示されている一定の国内段階出願について順番外に審査手続をすることが含まれている。
出願であって,審査官によってその職務とされているもの,及び出願人によって,審査官による更なる手続ができるようにされたもの(補正された出願)は,USPTO 長官が定める順番に従って,審査手続がされるものとする。
各審査官は,補正されたものであるか又は新規であるかを問わず,事件一覧表の中にあって,最先の合衆国有効出願日を有する出願に優先性を与える。稀な事情により,技術センター長に個別の例外措置が認められる場合を除き,この基本方針は全ての出願に適用される。
一部継続出願の実際の出願日が,事件一覧表への記入のために使用される。しかしながら審査官は,一部継続出願に関し,望ましい場合は,有効出願日を使用して決定することができる。
審査官が,何れかの出願に関し,その「有効出願日」の状況は記録が示しているものとは異なっていると決定した如何なるときにも,技術支援職員には通知がされなければならず,同人は速やかに,訂正日を付して,その記録が正しい状況を示すように補正しなければならない。
各審査官にとっての審査の順序は,再発行出願及び再審査手続に対して優先性を与えるべきであって,その方法として最優先性が,訴訟が停止されている再発行出願(MPEP§1442.03),訴訟に関わっている査定系再審査手続(MPEP§2261),及び訴訟に関わっている当事者系再審査手続(MPEP§2661)に対して,次に審査官の答弁及び申立による決定のような,30 日の固定期限が付されている特別事件に与えられるべきである。「特別な」種類の中にある他の事件(インターフェアレンス事件,申請によって特別なものとされる事件,最終結論の用意が調っている事件等)の殆どは,その種類として継続し,通常,それらの中では最初の有効合衆国出願日が優先性を支配する。最終拒絶前の補正の全ては,受領から 2 月以内に応答されなければならない。(MPEP708;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
MPEP708;英語
708 Order of Examination [R-11.2013]
Nonprovisional applications filed in the U.S. Patent and Trademark Office and accepted as complete applications are assigned for examination to the respective examining Technology Centers (TCs) having the classes of inventions to which the applications relate. Nonprovisional applications are ordinarily taken up for examination by the examiner to whom they have been assigned in the order in which they have been filed except for those applications in which examination has been advanced pursuant to 37 CFR 1.102. See 37 CFR 1.496 and MPEP § 1893.03 for the order of examination of international applications in the national stage, including taking up out of order certain national stage applications which have been indicated as satisfying the criteria of PCT Article 33(1)-(4) as to novelty, inventive step and industrial applicability.

Applications which have been acted upon by the examiner, and which have been placed by the applicant in condition for further action by the examiner (amended applications) shall be taken up for action in such order as shall be determined by the Director of the USPTO.

Each examiner will give priority to that application in his or her docket, whether amended or new, which has the oldest effective U.S. filing date. This basic policy applies to all applications; rare circumstances may justify TC Directors granting individual exceptions.

The actual filing date of a continuation-in-part application is used for docketing purposes. However, the examiner may act on a continuation-in-part application by using the effective filing date, if desired.

If at any time an examiner determines that the “effective filing date” status of any application differs from what the records show, the technical support staff should be informed, who should promptly amend the records to show the correct status, with the date of correction.

The order of examination for each examiner is to give priority to reissue applications and to reexamination proceedings, with top priority to reissue applications in which litigation has been stayed (MPEP § 1442.03), to ex parte reexamination proceedings involved in litigation (MPEP § 2261), and to inter partes reexamination proceedings involved in litigation (MPEP § 2661), then to those special cases having a fixed 30-day due date, such as examiner’s answers and decisions on motions. Most other cases in the “special” category (for example, interference cases, cases made special by petition, cases ready for final conclusion, etc.) will continue in this category, with the earliest effective U.S. filing date among them normally controlling priority.

All amendments before final rejection should be responded to within two months of receipt.(MPEP708;USPTO)

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.