米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

アドバイザリ通知[Advisory Action]~米国~

アドバイザリ通知[Advisory Action]

アドバイザリ通知とは

最後の拒絶理由通知に対して行った応答でも、依然として特許とならない場合に通知される。出願人は、アドバイザリ通知を受け取ることで、最後の拒絶理由通知の応答時に行った補正が却下されたか否かを知ることができる。
アドバイザリ通知を受け取ったまま、最後の拒絶理由通知が発行された日から6カ月を経過した場合は、出願を放棄したものとみなされる。

アドバイザリ通知は、日本でいう拒絶査定に相当すると考えられる。しかし、日本と異なり米国では継続審査請求[RCE]を行うことによって再度審査に継続させることができる。

アドバイザリ通知フォーム

<関連法規>

MPEP706.07(f);日本語
I. 勧告的指令
(C) 最終庁指令が(A)に記載する変動的応答期間を設定し,かつ,出願人が最終庁指令に対する完全な最初の応答を最終庁指令の日付から 2 月以内に提出した場合は,審査官は,その応答が次のことをしているか否かを決定しなければならない。
(1) その出願を,許可できる状態にすること-その場合には,出願は許可として処理されなければならず,期間延長手数料の納付義務は生じない。
(2) その出願を,審査官が出願人の許可を得ることなく変更することができる様式事項に関するものを除き,許可できる状態にすること,MPEP§1302.04-その場合には,出願は必要に応じて補正され,許可として処理されなければならず,また,期間延長手数料の納付義務は生じない。
(3) その出願を,許可できる状態にしないこと-その場合には,勧告的指令は出願人に対し,応答のための短縮法定期間は最終拒絶の日付から 3 月又は勧告的指令の郵送日の内,何れか遅い方に終了することを通知しなければならず,その方法は,勧告的指令様式,PTOL-303 の上部にある欄 1.b)に照合の印を付すことによる。
(D) 最終庁指令が前記(A)に記載する変動的応答期間を設定しており,出願人が最終庁指令に対する完全な最初の応答を 2 月以内に提出しない場合は,審査官は,勧告的指令様式,PTOL-303 の上部にある欄 1.a)に照合の印を付さなければならない。
(E) 勧告的指令様式,PTOL-303 上部の欄 1.b)に照合の印が付されている場合は,出願人がその後の手続(特許規則 1.136(a)に基づく期間延長手数料の計算を含む)を取るための期間は,最終拒絶の日付から又は勧告的指令の日付から 3 月の内,何れか遅い方まで継続する。期間延長手数料は,1 月の端数部分について,比例配分することができない。如何なる場合にも,応答のための法定期間が,最終拒絶の日付から 6 月より後に満了することはあり得ない。例えば,出願人が最終拒絶通知の郵送日から 2 月以内に最初の応答をし,審査官が最終拒絶の郵送日から 3 月の期間の末日までに勧告的指令を郵送する場合は,短縮法定期間は,最終拒絶の郵送日から 3 月の期間の末日に終了する。そのような場合において,期間延長の申請が認められるときは,応答のための最終日は,最終拒絶を含む庁指令にスタンプ又は印字され123ている日付が起算日とされる。MPEP§710.01(a)参照。しかしながら審査官が 3 月期間の末日までに勧告的指令を郵送しない場合は,短縮法定期間は,審査官が勧告的指令を郵送した日に終了し,期間延長手数料は勧告的指令の郵送日を起算日とする。(MPEP706.07(f)Ⅰ勧告的指令;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
MPEP706.07(f);英語
706.07(f) Time for Reply to Final Rejection
The time for reply to a final rejection is as follows:
(A) All final rejections setting a 3-month shortened statutory period (SSP) for reply should contain one of form paragraphs 7.39, 7.40, 7.40.01, 7.40.02.fti, 7.40.02.aia, 7.41, 7.41.03, 7.42.03.fti, 7.42.031.fti, or 7.42.09 advising applicant that if the first reply is filed within 2 months of the date of the final Office action, the shortened statutory period will expire at 3 months from the date of the final rejection or on the date the advisory action is mailed, whichever is later. Thus, a variable reply period will be established. If the last day of “2 months of the date of the final Office action” falls on Saturday, Sunday, or a Federal holiday within the District of Columbia, and a reply is filed on the next succeeding day which is not a Saturday, Sunday, or a Federal holiday, pursuant to 37 CFR 1.7(a), the reply is deemed to have been filed within the 2 months period and the shortened statutory period will expire at 3 months from the date of the final rejection or on the mailing date of the advisory action, whichever is later (see MPEP § 710.05). In no event can the statutory period for reply expire later than 6 months from the mailing date of the final rejection.
(B) This procedure of setting a variable reply period in the final rejection dependent on when applicant files a first reply to a final Office action does not apply to situations where a SSP less than 3 months is set, e.g., reissue litigation applications (1-month SSP) or any reexamination proceeding.
I. ADVISORY ACTIONS
(C) Where the final Office action sets a variable reply period as set forth in paragraph (A) above AND applicant files a complete first reply to the final Office action within 2 months of the date of the final Office action, the examiner must determine if the reply:
(1) places the application in condition for allowance ? then the application should be processed as an allowance and no extension fees are due;
(2) places the application in condition for allowance except for matters of form which the examiner can change without authorization from applicant, MPEP § 1302.04 ? then the application should be amended as required and processed as an allowance and no extension fees are due; or
(3) does not place the application in condition for allowance ? then the advisory action should inform applicant that the SSP for reply expires 3 months from the date of the final rejection or as of the mailing date of the advisory action, whichever is later, by checking box 1.b) at the top portion of the Advisory Action form, PTOL-303.
(D) Where the final Office action sets a variable reply period as set forth in paragraph (A) above, and applicant does NOT file a complete first reply to the final Office action within 2 months, examiners should check box 1.a) at the top portion of the Advisory Action form, PTOL-303.
(E) When box 1.b) at the top portion of the Advisory Action form, PTOL-303 is checked, the time for applicant to take further action (including the calculation of extension fees under 37 CFR 1.136(a)) begins to run 3 months from the date of the final rejection, or from the date of the advisory action, whichever is later. Extension fees cannot be prorated for portions of a month. In no event can the statutory period for reply expire later than 6 months from the date of the final rejection. For example, if applicant initially replies within 2 months from the date of mailing of a final rejection and the examiner mails an advisory action before the end of 3 months from the date of mailing of the final rejection, the shortened statutory period will expire at the end of 3 months from the date of mailing of the final rejection. In such case, if a petition for extension of time is granted, the due date for a reply is computed from the date stamped or printed on the Office action with the final rejection. See MPEP § 710.01(a). If the examiner, however, does not mail an advisory action until after the end of the 3-month period, the shortened statutory period will expire on the date the examiner mails the advisory action and any extension of time fee would be calculated from the mailing date of the advisory action. (MPEP706.07(f);USPTO)
 
MPEP714.13;日本語
714.13 最終拒絶又は処分の後の補正,その手続 [R-5]
I. 最終拒絶-返答期間
出願人が,3 月の短縮法定返答期間を定めた最終庁指令の郵送日から 2 月以内に第 1 回目の返答をし,特許商標庁が 3 月の短縮法定返答期間の終了後に勧告的指令を郵送する場合は,延長手数料の決定の際に基にする返答期限は,出願の状態を通知する勧告的指令が特許商標庁から出願人に郵送される日であるが,如何なる事情でも,この期限は,この最終拒絶の日付から 6 月を超えて延長できない。この手続は,最終拒絶に対する第 1 回目の返答にのみ適用される。審査官は次の文言を,各最終拒絶に含めなければならない。
「本最終庁指令に対する短縮法定返答期間は,この指令の日付から 3 月で満了することを定める。第 1 回目の返答が本最終庁指令の郵送日から後の 2 月以内になされ,特許商標庁の勧告的指令が 3 月の短縮法定期間の終了後に郵送される場合は,勧告的指令が郵送される日に短縮法定期間が満了し,特許規則 1.136(a)にいう延長手数料は,勧告的指令の郵送日から計算される。如何なる事情でも,法定返答期間は,本最終庁指令の日付から 6 月を超えた後に満了することはない。」
前記表現は,様式文例 7.39,7.40,7.40.01,7.40.02,7.41,7.41.03,7.42.03 及び 7.42.09の一部である。様式文例7.39は,MPEP§706.07に掲載されている。様式文例7.40及び7.40.01は,MPEP§706.07(a)に掲載されている。様式文例 7.40.02,7.41,7.41.03 及び 7.42.09 は,MPEP§706.07(b)に掲載されている。様式文例7.42.03はMPEP§706.07(g)に掲載されている。
例えば,最終拒絶の郵送日から後の 2 月以内に出願人が第 1 回目の返答をし,最終拒絶の郵送日から後の 3 月が終了する前に審査官が勧告的指令を郵送する場合は,最終拒絶の郵送日から後の 3 月が終了したとき短縮法定期間が満了する。このような場合の延長手数料は,その 3 月の期間が終了したときから起算される。しかし,審査官が,3 月が終了した後に勧告的指令を郵送するときは,審査官が勧告的指令を郵送する日に短縮法定期間が満了し,延長手数料はその日から起算される。第 1 回目の返答が最終拒絶の郵送日から後の 2 月以内に提出されない場合は,特許規則 1.136(a)にいう延長手数料は,最終拒絶に定められた返答期間の満了から起算される。短縮法定期間中に返答を提出しない場合は,結果として,特許規則 1.136 にいう期間延長をしない限り,出願放棄が生じる。
(MPEP714.13;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
MPEP714.13;英語
714.13 Amendments and Other Replies After Final Rejection or Action, Procedure Followed [R-11.2013]
I. FINAL REJECTION ? TIME FOR REPLY
If an applicant initially replies within 2 months from the date of mailing of any final rejection setting a 3-month shortened statutory period for reply and the Office does not mail an advisory action until after the end of the 3-month shortened statutory period, the period for reply for purposes of determining the amount of any extension fee will be the date on which the Office mails the advisory action advising applicant of the status of the application, but in no event can the period extend beyond 6 months from the date of the final rejection. This procedure applies only to a first reply to a final rejection. The following language must be included by the examiner in each final rejection:

A SHORTENED STATUTORY PERIOD FOR REPLY TO THIS FINAL ACTION IS SET TO EXPIRE THREE MONTHS FROM THE DATE OF THIS ACTION. IN THE EVENT A FIRST REPLY IS FILED WITHIN TWO MONTHS OF THE MAILING DATE OF THIS FINAL ACTION AND THE ADVISORY ACTION IS NOT MAILED UNTIL AFTER THE END OF THE THREE-MONTH SHORTENED STATUTORY PERIOD, THEN THE SHORTENED STATUTORY PERIOD WILL EXPIRE ON THE DATE THE ADVISORY ACTION IS MAILED, AND ANY EXTENSION FEE PURSUANT TO 37 CFR 1.136(a) WILL BE CALCULATED FROM THE MAILING DATE OF THE ADVISORY ACTION. IN NO EVENT WILL THE STATUTORY PERIOD FOR REPLY EXPIRE LATER THAN SIX MONTHS FROM THE DATE OF THIS FINAL ACTION.

This wording is part of form paragraphs 7.39, 7.40, 7.40.01, 7.40.02, 7.41, 7.41.03.fti, 7.42.03, and 7.42.09. Form paragraph 7.39 appears in MPEP § 706.07. Form paragraphs 7.40 , 7.40.01 and 7.40.02 appear in MPEP § 706.07(a). Form paragraphs 7.41, 7.41.03.fti, and 7.42.09 appear in MPEP § 706.07(b). Form paragraph 7.42.03 appears in MPEP § 706.07(g).

For example, if applicant initially replies within 2 months from the date of mailing of a final rejection and the examiner mails an advisory action before the end of 3 months from the date of mailing of the final rejection, the shortened statutory period will expire at the end of 3 months from the date of mailing of the final rejection. In such a case, any extension fee would then be calculated from the end of the 3-month period. If the examiner, however, does not mail an advisory action until after the end of 3 months, the shortened statutory period will expire on the date the examiner mails the advisory action and any extension fee may be calculated from that date. In the event that a first reply is not filed within 2 months of the mailing date of the final rejection, any extension fee pursuant to 37 CFR 1.136(a) will be calculated from the end of the reply period set in the final rejection.

Failure to file a reply during the shortened statutory period results in abandonment of the application unless the time is extended under the provisions of 37 CFR 1.136.
(MPEP714.13;USPTO)

補正の却下

最後の拒絶理由通知に対して行った補正は、以下の理由によって却下されることがある。

  1. 最後の拒絶理由通知に示す拒絶理由が解消されていないため特許可能ではない。又は審判請求のために改善するものでない場合
  2. 補正の内容が新規事項を含んでいる場合
  3. 新たな争点を含んでいて、更なる検討又は調査を必要とする場合
  4. 最終拒絶されたクレームを取り消すことなくクレームを追加する場合

<関連法規>

MPEP714.13;日本語
714.13 最終拒絶又は処分の後の補正,その手続 [R-5]
I. 最終拒絶-返答期間
出願人が,3 月の短縮法定返答期間を定めた最終庁指令の郵送日から 2 月以内に第 1 回目の返答をし,特許商標庁が 3 月の短縮法定返答期間の終了後に勧告的指令を郵送する場合は,延長手数料の決定の際に基にする返答期限は,出願の状態を通知する勧告的指令が特許商標庁から出願人に郵送される日であるが,如何なる事情でも,この期限は,この最終拒絶の日付から 6 月を超えて延長できない。この手続は,最終拒絶に対する第 1 回目の返答にのみ適用される。審査官は次の文言を,各最終拒絶に含めなければならない。
「本最終庁指令に対する短縮法定返答期間は,この指令の日付から 3 月で満了することを定める。第 1 回目の返答が本最終庁指令の郵送日から後の 2 月以内になされ,特許商標庁の勧告的指令が 3 月の短縮法定期間の終了後に郵送される場合は,勧告的指令が郵送される日に短縮法定期間が満了し,特許規則 1.136(a)にいう延長手数料は,勧告的指令の郵送日から計算される。如何なる事情でも,法定返答期間は,本最終庁指令の日付から 6 月を超えた後に満了することはない。」
前記表現は,様式文例 7.39,7.40,7.40.01,7.40.02,7.41,7.41.03,7.42.03 及び 7.42.09の一部である。様式文例7.39は,MPEP§706.07に掲載されている。様式文例7.40及び7.40.01は,MPEP§706.07(a)に掲載されている。様式文例 7.40.02,7.41,7.41.03 及び 7.42.09 は,MPEP§706.07(b)に掲載されている。様式文例7.42.03はMPEP§706.07(g)に掲載されている。
例えば,最終拒絶の郵送日から後の 2 月以内に出願人が第 1 回目の返答をし,最終拒絶の郵送日から後の 3 月が終了する前に審査官が勧告的指令を郵送する場合は,最終拒絶の郵送日から後の 3 月が終了したとき短縮法定期間が満了する。このような場合の延長手数料は,その 3 月の期間が終了したときから起算される。しかし,審査官が,3 月が終了した後に勧告的指令を郵送するときは,審査官が勧告的指令を郵送する日に短縮法定期間が満了し,延長手数料はその日から起算される。第 1 回目の返答が最終拒絶の郵送日から後の 2 月以内に提出されない場合は,特許規則 1.136(a)にいう延長手数料は,最終拒絶に定められた返答期間の満了から起算される。短縮法定期間中に返答を提出しない場合は,結果として,特許規則 1.136 にいう期間延長をしない限り,出願放棄が生じる。(MPEP714.13;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
MPEP714.13;英語
714.13 Amendments and Other Replies After Final Rejection or Action, Procedure Followed [R-11.2013]
I. FINAL REJECTION ? TIME FOR REPLY
If an applicant initially replies within 2 months from the date of mailing of any final rejection setting a 3-month shortened statutory period for reply and the Office does not mail an advisory action until after the end of the 3-month shortened statutory period, the period for reply for purposes of determining the amount of any extension fee will be the date on which the Office mails the advisory action advising applicant of the status of the application, but in no event can the period extend beyond 6 months from the date of the final rejection. This procedure applies only to a first reply to a final rejection. The following language must be included by the examiner in each final rejection:

A SHORTENED STATUTORY PERIOD FOR REPLY TO THIS FINAL ACTION IS SET TO EXPIRE THREE MONTHS FROM THE DATE OF THIS ACTION. IN THE EVENT A FIRST REPLY IS FILED WITHIN TWO MONTHS OF THE MAILING DATE OF THIS FINAL ACTION AND THE ADVISORY ACTION IS NOT MAILED UNTIL AFTER THE END OF THE THREE-MONTH SHORTENED STATUTORY PERIOD, THEN THE SHORTENED STATUTORY PERIOD WILL EXPIRE ON THE DATE THE ADVISORY ACTION IS MAILED, AND ANY EXTENSION FEE PURSUANT TO 37 CFR 1.136(a) WILL BE CALCULATED FROM THE MAILING DATE OF THE ADVISORY ACTION. IN NO EVENT WILL THE STATUTORY PERIOD FOR REPLY EXPIRE LATER THAN SIX MONTHS FROM THE DATE OF THIS FINAL ACTION.

This wording is part of form paragraphs 7.39, 7.40, 7.40.01, 7.40.02, 7.41, 7.41.03.fti, 7.42.03, and 7.42.09. Form paragraph 7.39 appears in MPEP § 706.07. Form paragraphs 7.40 , 7.40.01 and 7.40.02 appear in MPEP § 706.07(a). Form paragraphs 7.41, 7.41.03.fti, and 7.42.09 appear in MPEP § 706.07(b). Form paragraph 7.42.03 appears in MPEP § 706.07(g).

For example, if applicant initially replies within 2 months from the date of mailing of a final rejection and the examiner mails an advisory action before the end of 3 months from the date of mailing of the final rejection, the shortened statutory period will expire at the end of 3 months from the date of mailing of the final rejection. In such a case, any extension fee would then be calculated from the end of the 3-month period. If the examiner, however, does not mail an advisory action until after the end of 3 months, the shortened statutory period will expire on the date the examiner mails the advisory action and any extension fee may be calculated from that date. In the event that a first reply is not filed within 2 months of the mailing date of the final rejection, any extension fee pursuant to 37 CFR 1.136(a) will be calculated from the end of the reply period set in the final rejection.

Failure to file a reply during the shortened statutory period results in abandonment of the application unless the time is extended under the provisions of 37 CFR 1.136.(MPEP714.13;USPTO)

アドバイザリ通知に対する対応

アドバイザリ通知が発行された場合は、継続審査請求[RCE]を行うか、審判請求を行う。または、権利化を断念することも選択の一つである。

最後の拒絶理由通知のフローチャートを参照のこと。

継続審査請求[Request for Continued Examiination]

継続審査請求とは

継続審査請求(以下、RCEという)は、一定の料金を支払うことにより、審査のやり直しを求めるものである。
アドバイザリ通知を受けた際、最後の拒絶理由通知に対する応答の際に提出した補正書が新たな争点を含むと判断された場合に有効である。

RCEでは、新たな争点となる特徴を盛り込む補正を行うことができる。逆に、新たな争点が無いと判断されると、RCE後に発行される1回目の拒絶理由通知が最後の拒絶理由通知となる場合がある。詳細は、1回目の拒絶理湯通知が最後の拒絶理由通知となる場合を参照。

手数料については、小規模事業体の場合小規模事業体以外の場合を参照。

<関連法規>

規則1.114;日本語
§1.114 継続審査の請求
(a) 出願に関する手続が終了した場合は,出願人は,次の事項の内の最先のものより前に,提出物及び§1.17(e)に記載される手数料を提出し,出願の継続審査を請求することができる。
(1) 発行手数料の納付。ただし,§1.313 に基づく申請が認められる場合を除く。
(2) その出願の放棄,又は
(3) 35 U.S.C.第 141 条に基づく合衆国連邦巡回控訴裁判所(以下「連邦巡回控訴裁判所」という)への上訴の通知又は35 U.S.C.第145条又は第146条に基づく民事訴訟の開始。ただし,上訴又は民事訴訟が終結している場合を除く。
(b) 本条において使用する場合の,出願に関する手続が終了しているとは,その出願について審判請求が行われていること,又は特許商標庁の最後の指令が最終処分(§1.113),許可通知(§1.311)若しくはそれ以外に出願手続を終了させる指令であることをいう。
(c) 本条において使用する場合の,提出物は,情報開示陳述書,又は記述された説明,クレーム又は図面に係る補正,又は特許性を支持する新たな論拠若しくは新たな証拠を含むが,それに限定されるものではない。35 U.S.C.第 132 条に基づく庁指令に対する応答が終わっていない場合は,提出物は,§1.111 の応答要件を満たしていなければならない。
(d) 出願人が適時に提出物及び§1.17(e)に規定される手数料を提出した場合は,特許商標庁は,庁指令の最終性を撤回し,かつ,提出物は記録され,考慮される。出願人が,審判請求後であるが,その審判請求に関する決定の前に,本条に基づく継続審査の請求を提出した場合は,その請求は,審判請求を取り下げ,審査官による出願についての手続の再開を求める請求として取り扱われる。審判請求趣意書(§41.37)若しくは判請求再答弁趣意書(§41.41),又は関連書類は,本条に基づく提出物とはみなされない。
(e) 本条の規定は,次の事項には適用されない。
(1) 仮出願
(2) 1995 年 6 月 8 日前に 35 U.S.C.第 111 条(a)に基づいて提出された通常特許出願又は植物
出願
(3) 1995 年 6 月 8 日前に 35 U.S.C.第 363 条に基づいて提出された国際出願
(4) 意匠特許出願,又は
(5) 再審査中の特許
(規則1.114;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則1.114;英語
1.114 Request for continued examination.
(a) If prosecution in an application is closed, an applicant may request continued examination of the application by filing a submission and the fee set forth in § 1.17(e) prior to the earliest of:
(1) Payment of the issue fee, unless a petition under § 1.313 is granted;
(2) Abandonment of the application; or
(3) The filing of a notice of appeal to the U.S. Court of Appeals for the Federal Circuit under 35 U.S.C. 141 , or the commencement of a civil action under 35 U.S.C. 145 or 146 , unless the appeal or civil action is terminated.
(b) Prosecution in an application is closed as used in this section means that the application is under appeal, or that the last Office action is a final action (§ 1.113 ), a notice of allowance (§ 1.311) , or an action that otherwise closes prosecution in the application.
(c) A submission as used in this section includes, but is not limited to, an information disclosure statement, an amendment to the written description, claims, or drawings, new arguments, or new evidence in support of patentability. If reply to an Office action under 35 U.S.C. 132 is outstanding, the submission must meet the reply requirements of § 1.111 .
(d) If an applicant timely files a submission and fee set forth in § 1.17(e) , the Office will withdraw the finality of any Office action and the submission will be entered and considered. If an applicant files a request for continued examination under this section after appeal, but prior to a decision on the appeal, it will be treated as a request to withdraw the appeal and to reopen prosecution of the application before the examiner. An appeal brief (§ 41.37 of this title) or a reply brief (§ 41.41 of this title), or related papers, will not be considered a submission under this section.
(e) The provisions of this section do not apply to:
(1) A provisional application;
(2) An application for a utility or plant patent filed under 35 U.S.C. 111(a) before June 8, 1995;
(3) An international application filed under 35 U.S.C. 363 before June 8, 1995;
(4) An application for a design patent; or
(5) A patent under reexamination.
(規則1.114;USPTO)
 
MPEP706.07(h);日本語
706.07(h) 継続審査請求(RCE)実務 [R-6]
特許法第 132 条 拒絶通告;再審査
*****
(b) 特許商標庁長官は,出願人の請求による特許出願の継続審査について規定する規則を定めるものとする。特許商標庁長官は,当該継続審査について適切な手数料を定めることができ,また,第 41 条(h)(1)に基づく減額された手数料についての資格を有する小規模事業体に対し当該手数料に関する 50%の減額を規定するものとする。
特許規則 1.114 継続審査請求
(a) 出願に関する手続が終了した場合は,出願人は,次に掲げる事項の内の最先のものより前に提出物及び§1.17(e)に記載されている手数料を提出することによって,出願についての継続審査を請求することができる。
(1) 発行手数料の納付。ただし,§1.313 に基づく申請が承認される場合を除く。
(2) 出願の放棄,又は
(3) 特許法第 141 条に基づく連邦巡回控訴裁判所に対する上訴通知書の提出,又は特許法第145 条若しくは第 146 条に基づく民事訴訟の開始。ただし,その上訴又は民事訴訟が終結している場合を除く。
(b) 本条において使用される「出願に関して手続が終了する」とは,出願について上訴がされていること,又は最後の庁指令が最終庁指令(§1.113),許可通知(§1.311)若しくは他の形で出願手続を終了させる指令であることをいう。
(c) 本条において使用される提出物は,情報開示陳述書,記述説明,クレーム又は図面についての補正書,及び特許性を支持する新たな主張又は新たな証拠を含むが,それに限定されない。特許法第 132 条に基づく庁指令に対する応答が未処理となっている場合は,提出物は,§1.111 の応答要件を満たしていなければならない。
(d) 出願人が適時に提出物,及び§1.17(e)に記載されている手数料を提出した場合は,特許商標庁は庁指令の終局性を撤回し,その提出物は採用され,検討される。出願人が本条に基づく継続審査請求書を,上訴後であるが,その上訴に関する決定の前に,提出する場合は,それは,上訴を取り下げ,審査官に対する出願手続を再開するための請求として取り扱われる。上訴趣意書(§41.37)若しくは応答趣意書(§41.41)又は関連書類は,本条に基づく提出物とは考えられない。
(e) 本条の規定は次の事項には適用されない。
(1) 仮出願
(2) 1995 年 6 月 8 日前に特許法第 111 条(a)に基づいてされた通常(utility)又は植物特許に
ついての出願
(3) 1995 年 6 月 8 日前に,特許法第 363 条に基づいてされた国際出願
(4) 意匠特許出願,又は
(5) 再審査中の特許
特許法第 132 条(b)は,手数料を納付してされる出願人による請求(継続審査請求,すなわち,RCE)に基づいて,出願人に対して特許規則 1.53(b)に基づく継続出願を要求することなく,出願についての継続審査を規定している。RCE 実務を実行するために,特許規則 1.114 は,出願人が,手続が終了している出願(例えば,その出願が最終拒絶又は許可通告を受けている)に関する継続審査を,提出物を提出し,所定の手数料を納付することによって,獲得できる方法を定めている。出願人は,前にクレームされ,権利事項として,審査されているクレームからは独立しており,かつ,異なっているクレームを基にして,継続審査を獲得するための RCE を提出することはできない(すなわち,出願人は発明を取り替えることができない)。
特許規則 1.145 参照。新たに提出されるクレームであって,前にクレームされている発明からは独立しており,かつ,異なっている発明を対象としているものは,検討から取り下げられ,かつ,採用されない。下記 VI.参照。RCE は新たな出願ではない。それ故に,特許商標庁は,RCE を新たな出願,例えば,特許規則 1.53(b)に基づいてされる出願又は特許規則 1.53(d)に基づく継続手続出願(CPA)には転換しない。
(MPEP706.07(h);JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
MPEP706.07(h);英語
706.07(h) Request for Continued Examination (RCE) Practice
35 U.S.C. 132 Notice of rejection; reexamination.
*****

(b) The Director shall prescribe regulations to provide for the continued examination of applications for patent at the request of the applicant. The Director may establish appropriate fees for such continued examination and shall provide a 50 percent reduction in such fees for small entities that qualify for reduced fees under section 41(h)(1).
37 C.F.R. 1.114 Request for continued examination.
(a) If prosecution in an application is closed, an applicant may request continued examination of the application by filing a submission and the fee set forth in § 1.17(e) prior to the earliest of:
(1) Payment of the issue fee, unless a petition under § 1.313 is granted;
(2) Abandonment of the application; or
(3) The filing of a notice of appeal to the U.S. Court of Appeals for the Federal Circuit under 35 U.S.C. 141, or the commencement of a civil action under 35 U.S.C. 145 or 146, unless the appeal or civil action is terminated.
(b) Prosecution in an application is closed as used in this section means that the application is under appeal, or that the last Office action is a final action (§ 1.113), a notice of allowance (§ 1.311), or an action that otherwise closes prosecution in the application.
(c) A submission as used in this section includes, but is not limited to, an information disclosure statement, an amendment to the written description, claims, or drawings, new arguments, or new evidence in support of patentability. If reply to an Office action under 35 U.S.C. 132 is outstanding, the submission must meet the reply requirements of § 1.111.
(d) If an applicant timely files a submission and fee set forth in § 1.17(e), the Office will withdraw the finality of any Office action and the submission will be entered and considered. If an applicant files a request for continued examination under this section after appeal, but prior to a decision on the appeal, it will be treated as a request to withdraw the appeal and to reopen prosecution of the application before the examiner. An appeal brief (§ 41.37 of this title) or a reply brief (§ 41.41 of this title), or related papers, will not be considered a submission under this section.
(e) The provisions of this section do not apply to:
(1) A provisional application;
(2) An application for a utility or plant patent filed under 35 U.S.C. 111(a) before June 8, 1995;
(3) An international application filed under 35 U.S.C. 363 before June 8, 1995;
(4) An application for a design patent; or
(5) A patent under reexamination.
35 U.S.C. 132(b) provides for continued examination of an application at the request of the applicant (request for continued examination or RCE) upon payment of a fee, without requiring the applicant to file a continuing application under 37 CFR 1.53(b). To implement the RCE practice, 37 CFR 1.114 provides a procedure under which an applicant may obtain continued examination of an application in which prosecution is closed (e.g., the application is under final rejection or a notice of allowance) by filing a submission and paying a specified fee. Applicants cannot file an RCE to obtain continued examination on the basis of claims that are independent and distinct from the claims previously claimed and examined as a matter of right (i.e., applicant cannot switch inventions). See 37 CFR 1.145. Any newly submitted claims that are directed to an invention that is independent and distinct from the invention previously claimed will be withdrawn from consideration and not entered. See subsection VI. below. An RCE is not the filing of a new application. Thus, the Office will not convert an RCE to a new application such as an application filed under 37 CFR 1.53(b) or a continued prosecution application (CPA) under 37 CFR 1.53(d).
(MPEP706.07(h);USPTO)

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.