米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

審判請求~欧州~

審判[Appeal]

審判請求とは

審判請求とは、審査部の最終的な拒絶に対して不服を申し立てる手段である。
出願人は、所定の手数料を納付した上で、審判部に審判を請求する。

審判請求の対象

受理課,審査部,異議部及び法規部の決定に対しては審判を請求することができる。具体的には、拒絶査定等の決定に対して、審査部を対象として審判を請求する。

<関連法規>

特許法第106条;日本語
第 106 条 審判に服する決定
(1) 受理課,審査部,異議部及び法律部の決定に対しては審判を請求することができる。審判請求は,執行停止の効力を有する。
(2) 当事者の一方について手続を終結させない決定に対しては,その決定により別個の審判請求が許される場合を除き,最終決定に対する請求と共にのみ審判を請求することができる。
(3) 異議申立手続費用の分担又は確定に関する決定に対して審判請求する権利は,施行規則によって制限することができる。
(特許法第106条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第106条;英語
Article 106
Decisions subject to appeal
(1)
An appeal shall lie from decisions of the Receiving Section, Examining Divisions, Opposition Divisions and the Legal Division. It shall have suspensive effect.
(2)
A decision which does not terminate proceedings as regards one of the parties can only be appealed together with the final decision, unless the decision allows a separate appeal.
(3)
The right to file an appeal against decisions relating to the apportionment or fixing of costs in opposition proceedings may be restricted in the Implementing Regulations.
(特許法第106条;EPO)

規則97;日本語
規則 97 費用の配分及び金額決定に対する審判請求
(1) 異議申立手続に係る費用の配分は,審判請求の唯一の主題とすることができない。
(2) 異議申立手続に係る費用の額を定める決定については,その額が審判請求手数料の額を超える場合を除き,審判請求をすることができない。
(規則97;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則97;英語
Rule 97
Appeal against apportionment and fixing of costs
(1)
The apportionment of costs of opposition proceedings cannot be the sole subject of an appeal.
(2)
A decision fixing the amount of costs of opposition proceedings cannot be appealed unless the amount exceeds that of the fee for appeal.
(規則97;EPO)

審判の審理

中間変更

審判部での審理の前に、審判請求が理由があると認められる場合には、該当部署はその決定を変更する。
中間変更が生じた場合であって、重要な手続違反があった場合には、審判請求手数料が返還される。。

<関連法規>

特許法第109条;日本語
第 109 条 中間変更
(1) その決定が争われている部課が審判請求は受容されるべきものであり,かつ,理由があるものと認める場合は,当該部課は,その決定を修正する。この規定は,審判請求人が審判手続における他の当事者と対立している場合には適用しない。
(2) 審判請求が理由を記載した書面の受領後 3 月以内に受容されなかった場合は,審判請求は,遅滞なくかつ実体についての意見を付することなく,審判部に送られる。
(特許法第109条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第109条;英語
Article 109
Interlocutory revision
(1)
If the department whose decision is contested considers the appeal to be admissible and well founded, it shall rectify its decision. This shall not apply where the appellant is opposed by another party to the proceedings.
(2)
If the appeal is not allowed within three months of receipt of the statement of grounds, it shall be remitted to the Board of Appeal without delay, and without comment as to its merit.
(特許法第109条;EPO)

規則103;日本語
規則 103 審判請求手数料の返却
(1) 次に該当するときは,審判請求手数料を返却する。
(a) 中間修正が生じた場合,又は審判部が審判請求を許可することができるものとみなした場合において,重要な手続違反を理由として,当該返却が衡平であること,又は
(b) 審判請求が,審判請求理由陳述書の提出前及びその陳述書を提出するための期間の満了前に取り下げられたこと
(2) 決定に異論を唱えられた部門が,その決定を変更し,かつ,重要な手続違反を理由として,返却することが衡平であると判断したときは,その部門は返却を命じる。それ以外の場合は,返却については審判部が決定する。
(規則103;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則103;英語
Rule 103
Reimbursement of appeal fees
(1)
The appeal fee shall be reimbursed in full
(a)
in the event of interlocutory revision or where the Board of Appeal deems an appeal to be allowable, if such reimbursement is equitable by reason of a substantial procedural violation, or
(b)
if the appeal is withdrawn before the filing of the statement of grounds of appeal and before the period for filing that statement has expired.
(2)
The appeal fee shall be reimbursed at 50% if the appeal is withdrawn after expiry of the period under paragraph 1(b), provided withdrawal occurs:
(a)
if a date for oral proceedings has been set, at least four weeks before that date;
(b)
if no date for oral proceedings has been set, and the Board of Appeal has issued a communication inviting the appellant to file observations, before expiry of the period set by the Board for filing observations;
(c)
in all other cases, before the decision is issued.
(3)
The department whose decision is impugned shall order the reimbursement if it revises its decision and considers reimbursement equitable by reason of a substantial procedural violation. In all other cases, matters of reimbursement shall be decided by the Board of Appeal.
(規則103;EPO)

審決

審判部は、審判請求を容認できるか否かについて審査した後に,審判部は,審判請求について審決する。
審判部は,審判請求されている決定をした部課の権限範囲内における権限を行使することができ,又は事件を更に審査させるために当該部課に差し戻すことができる。

審決には、以下が記載される。

  • それが審判部によって行われた旨の陳述
  • 審決のなされた日付
  • 審決に参加した審判長及び他の審判官の名称
  • 当事者及びその代理人の名称
  • 当事者の請求
  • 事実の概要
  • 理由
  • 審判部の命令。これは,適切な場合は費用に関する決定を含む

<関連法規>

特許法第111条;日本語
第 111 条 審判請求に関する審決
(1) 審判請求を容認できるか否かについて審査した後に,審判部は,審判請求について審決する。審判部は,審判請求されている決定をした部課の権限範囲内における権限を行使することができ,又は事件を更に審査させるために当該部課に差し戻すことができる。
(2) 審判部が審判請求されている決定をした部課に事件を更に審査させるために差し戻した場合は,当該部課は,事実関係が同一である限り,審判部の審決理由に拘束される。審判請求に基づく決定が受理課によってなされた場合は,審査部も,同様に審判部の審決理由に拘束される。
(特許法第111条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第111条;英語
Article 111
Decision in respect of appeals
(1)
Following the examination as to the allowability of the appeal, the Board of Appeal shall decide on the appeal. The Board of Appeal may either exercise any power within the competence of the department which was responsible for the decision appealed or remit the case to that department for further prosecution.
(2)
If the Board of Appeal remits the case for further prosecution to the department whose decision was appealed, that department shall be bound by the ratio decidendi of the Board of Appeal, in so far as the facts are the same. If the decision under appeal was taken by the Receiving Section, the Examining Division shall also be bound by the ratio decidendi of the Board of Appeal.
(特許法第111条;EPO)

規則102;日本語
規則 102 審決の形式
審決は,審判長によって及び審判部記録課の権限ある職員によって,署名又は他の適切な手段の何れかによって認証される。審決には,次の事項を記載する。
(a) それが審判部によって行われた旨の陳述
(b) 審決のなされた日付
(c) 審決に参加した審判長及び他の審判官の名称
(d) 当事者及びその代理人の名称
(e) 当事者の請求
(f) 事実の概要
(g) 理由
(h) 審判部の命令。これは,適切な場合は費用に関する決定を含む。
(規則102;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則102;英語
Rule 102
Form of decision of the Board of Appeal
The decision shall be authenticated by the Chairman of the Board of Appeal and by the competent employee of the registry of the Board of Appeal, either by their signature or by any other appropriate means.[ 99 ] The decision shall contain:
(a)a statement that it was delivered by the Board of Appeal;
(b)the date when the decision was taken;
(c)the names of the Chairman and of the other members of the Board of Appeal taking part;
(d)the names of the parties and their representatives;
(e)the requests of the parties;
(f)a summary of the facts;
(g)the reasons;
(h)the order of the Board of Appeal, including, where appropriate, a decision on costs.
(規則102;EPO)

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.