米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

特許出願~欧州~

出願[Application]

必要書類

出願に際し、以下の書類が必要となる。

  1. 願書
  2. 明細書
  3. クレーム
  4. 図面
  5. 要約書

願書フォーム(日本語)  願書フォーム(原語)

出願日の認定

欧州特許庁は、出願が出願日を付与するための要件を満たしているか否かを審査する。具体的には、提出書類がすべて正しい書式で提出されているかを判断する。

提出書類に不備がある場合には、出願人は、指摘した欠陥を2カ月以内に補充しなければならない。明細書、クレーム及び図面は、当該欠陥を補充するのに十分な範囲に限り補正することができる。
当該通知に応じない場合には、出願は、拒絶される。

<関連法規>

特許法第90条;日本語
第 90 条 出願時の審査及び方式要件についての審査
(1) 欧州特許庁は,施行規則に従って,出願が出願日を付与するための要件を満たしているか否かを審査する。
(2) (1)の審査により出願日を与えることができない場合は,出願は,欧州特許出願として
取り扱われない。
(3) 欧州特許出願に出願日が与えられた場合は,欧州特許庁は,施行規則に従って,第 14
条,第 78 条及び第 81 条の要件が満たされているか否か,適切な場合は,第 88 条(1),第133 条(2)及び施行規則が定める他の要件が満たされているか否かを審査する。
(4) (1)又は(3)に規定する審査において,補充し得る欠陥があることを欧州特許庁が指摘した場合は,出願人に欠陥を補充する機会を与える。
(5) (3)に規定する審査において指摘された欠陥が補充されない場合は,欧州特許出願は,
別段の法的帰結が本条約により規定されている場合を除き,拒絶される。欠陥が優先権に関する場合は,この優先権は,当該出願については喪失する。
(特許法第90条;特許庁)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

特許法第90条;英語
Article 90
Examination on filing and examination as to formal requirements
(1)
The European Patent Office shall examine, in accordance with the Implementing Regulations, whether the application satisfies the requirements for the accordance of a date of filing.
(2)
If a date of filing cannot be accorded following the examination under paragraph 1, the application shall not be dealt with as a European patent application.
(3)
If the European patent application has been accorded a date of filing, the European Patent Office shall examine, in accordance with the Implementing Regulations, whether the requirements in Articles 14, 78 and 81, and, where applicable, Article 88, paragraph 1, and Article 133, paragraph 2, as well as any other requirement laid down in the Implementing Regulations, have been satisfied.
(4)
Where the European Patent Office in carrying out the examination under paragraphs 1 or 3 notes that there are deficiencies which may be corrected, it shall give the applicant an opportunity to correct them.
(5)
If any deficiency noted in the examination under paragraph 3 is not corrected, the European patent application shall be refused unless a different legal consequence is provided for by this Convention. Where the deficiency concerns the right of priority, this right shall be lost for the application.
(特許法第90条;EPO)

規則58;日本語
規則 58 出願書類における欠陥の補充
欧州特許出願が規則 57(a)から(d)まで,(h)及び(i)の要件を満たしていない場合は,欧州特許庁は,その旨を出願人に知らせ,かつ,同人に対し,指摘した欠陥を 2 月以内に補充するよう求める。明細書,クレーム及び図面は,当該欠陥を補充するのに十分な範囲に限り,補正することができる。
(規則58;特許庁)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則58;英語
Rule 58
Correction of deficiencies in the application documents
If the European patent application does not comply with the requirements of Rule 57(a) to (d), (h) and (i), the European Patent Office shall inform the applicant accordingly and invite him to correct the deficiencies noted within two months. The description, claims and drawings may be amended only to an extent sufficient to remedy such deficiencies.
(規則58;EPO)

更新手数料  [Fee and Charges]

EPCでは、出願を維持するための更新手数料[Renewal Fee]を支払わなければならない
更新手数料は、出願日から3年目及びそれ以降毎年支払う。更新手数料が支払われなかった場合には、出願は取り下げたものとみなされる。

ただし、納付期限から6カ月以内であれば割増手数料を支払うことにより納付することができる。

更新手数料の支払い義務は、欧州特許の付与の告示が欧州特許公報に公告された年まで納付することにより消滅する。

手数料については、手数料一覧を参照のこと。

<関連法規>

特許法第86条;日本語
第 86 条 欧州特許出願の更新手数料
(1) 欧州特許出願の更新手数料は,施行規則に従い,欧州特許庁に納付する。更新手数料は,出願日から起算して第 3 年及びそれに続く各年につき納付する。更新手数料が所定の期限までに納付されない場合は,出願は取り下げられたものとみなす。
(2) 更新手数料の納付義務は,欧州特許の付与の告示が欧州特許公報に公告された年について納付すべき更新手数料の納付をもって消滅する。
(特許法第86条;特許庁)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第86条;英語
Article 86
Renewal fees for the European patent application
(1)
Renewal fees for the European patent application shall be paid to the European Patent Office in accordance with the Implementing Regulations. These fees shall be due in respect of the third year and each subsequent year, calculated from the date of filing of the application. If a renewal fee is not paid in due time, the application shall be deemed to be withdrawn.
(2)
The obligation to pay renewal fees shall terminate with the payment of the renewal fee due in respect of the year in which the mention of the grant of the European patent is published in the European Patent Bulletin.
(特許法第86条;EPO)

規則51;日本語
規則 51 更新手数料の納付
(1) 次年度に関する欧州特許出願の更新手数料は,その納付期限を,欧州特許出願の出願日から 1 周年となる日を含む月の末日とする。更新手数料は,その納付期限の 3 月以上前には有効に納付することができない。
(2) 更新手数料を納付期限内に納付しなかった場合は,その手数料は,納付期日から 6 月以内において納付することができる。ただし,その期間内に追加手数料も納付することを条件とする。
(3) 分割出願の出願日に,先の出願に関する更新手数料の納付期限が既に到来している場合は,分割出願についても更新手数料を納付しなければならず,その納付期日は,分割出願の出願時とする。これらの手数料,及び分割出願の提出から 4 月以内に納付期限が到来する更新手数料があるときは,その更新手数料は,前記期間内に追加手数料なしで納付することができる。(2)を適用する。
(4) 欧州特許出願が期限不遵守の結果,拒絶されたか又は取下とみなされ,かつ,出願人の権利が第 122 条に基づいて復活したときは,更新手数料であって,
(a) 権利の喪失が生じた日に始まり,その権利を復活させる決定の通告の日(当該日を含む)までの期間に,(1)に基づく納付期日が到来することになっていたものは,前記の後の方の日をその納付期日とする。
この手数料,及び前記の後の方の日から 4 月以内に納付期日が到来する更新手数料があるときは,その更新手数料は,前記の後の方の日から 4 月以内に追加手数料なしに納付することができる。(2)を適用する。
(b) 権利の喪失が生じた日に納付期日が到来していたが,(2)に定めた期間が満了していなかったものは,権利を復活させる決定の通告の日から 6 月以内に納付することができる。ただし,(2)による追加手数料もその期間に納付することを条件とする。
(5) 拡大審判部が第 112a 条(5)第 2 文に基づいて審判部における手続を再開したときは,更新手数料であって,
(a) 再審理請求の対象となった審判部の決定が行われた日に始まり,審判部における手続を再開させる拡大審判部の決定の日(当該日を含む)までの期間に(1)に基づく納付期限が到来
することになっていたものは,前記の後の方の日をその納付期日とする。
この手数料,及び前記の後の方の日から 4 月以内に納付期日が到来する更新手数料があるときは,その更新手数料は,前記の後の方の日から 4 月以内に追加手数料なしに納付することができる。(2)を適用する。
(b) 審判部の決定が行われた日に既に納付期限が到来していたが,(2)に定めた期間が満了していなかったものは,審判部における手続を再開させる拡大審判部の決定の通告の日から 6月以内においても納付することができる。ただし,(2)による追加手数料もその期間に納付することを条件とする。
(6) 第 61 条(1)(b)に基づいてされた新たな欧州特許出願に関しては,それがされた年及びその前年については,更新手数料の納付を必要としない。
(規則51;特許庁)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則51;英語
Rule 51
Payment of renewal fees
(1)
A renewal fee for the European patent application in respect of the coming year shall be due on the last day of the month containing the anniversary of the date of filing of the European patent application. Renewal fees may not be validly paid more than three months before they fall due.
(2)
If a renewal fee is not paid in due time, the fee may still be paid within six months of the due date, provided that an additional fee is also paid within that period.
(3)
Renewal fees already due in respect of an earlier application at the date on which a divisional application is filed shall also be paid for the divisional application and shall be due on its filing. These fees and any renewal fee due within four months of filing the divisional application may be paid within that period without an additional fee. Paragraph 2 shall apply.
(4)
If a European patent application has been refused or deemed to be withdrawn as a result of non-observance of a time limit, and if the applicant’s rights are re-established under Article 122, a renewal fee
(a)
which would have fallen due under paragraph 1 in the period starting on the date on which the loss of rights occurred, up to and including the date of the notification of the decision re-establishing the rights, shall be due on that latter date.
This fee and any renewal fee due within four months from that latter date may still be paid within four months of that latter date without an additional fee. Paragraph 2 shall apply.
(b)
which, on the date on which the loss of rights has occurred, was already due but the period provided for in paragraph 2 has not yet expired, may still be paid within six months from the date of the notification of the decision re-establishing the rights, provided that the additional fee pursuant to paragraph 2 is also paid within that period.
(5)
If the Enlarged Board of Appeal re-opens proceedings before the Board of Appeal under Article 112a, paragraph 5, second sentence, a renewal fee
(a)
which would have fallen due under paragraph 1 in the period starting on the date when the decision of the Board of Appeal subject to the petition for review was taken, up to and including the date of the notification of the decision of the Enlarged Board of Appeal re-opening proceedings before the Board of Appeal, shall be due on that latter date.
This fee and any renewal fee due within four months from that latter date may still be paid within four months of that latter date without an additional fee. Paragraph 2 shall apply.
(b)
which, on the day on which the decision of the Board of Appeal was taken, was already due but the period provided for in paragraph 2 has not yet expired, may still be paid within six months from the date of the notification of the decision of the Enlarged Board of Appeal re-opening proceedings before the Board of Appeal, provided that the additional fee pursuant to paragraph 2 is also paid within that period.
(6)
A renewal fee shall not be payable for a new European patent application filed under Article 61, paragraph 1(b), in respect of the year in which it was filed and any preceding year.
(規則51;EPO)

(手数料第2条;特許庁)
(手数料第2条;EPO)

優先権主張

優先権主張の手続き

欧州には、日本出願から1年以内であれば、パリ条約に基づく優先権を主張することができる。優先権を主張することにより、先の日本出願の出願日の利益を享受することができる。

優先権を主張するには、先の出願の日付、パリ条約の締約国又は世界貿易機関の加盟国であって、先の出願の出願国又は指定国となった国名、及び出願番号を表示する。

優先権主張の手続きは、基礎となる出願日から16カ月以内にしなければならない。日本の特許出願を基礎とする出願の場合には、優先権証明書の提出は、不要である。

<関連法規>

特許法第87条;日本語
第 87 条 優先権
(1) 次の何れかの国において又は何れかの国について,正規に特許出願,実用新案出願又は実用新案証の出願をした者又はその承継人は,同一の発明について欧州特許出願をすることについては,最初の出願の日から 12 月の期間中優先権を有する。
(a) 工業所有権の保護に関するパリ条約の締約国,又は
(b) 世界貿易機関の加盟国
(2) 出願がされた国の国内法又は本条約を含む 2 国間若しくは多国間の条約により正規の国内出願とされるすべての出願は,優先権を生じさせるものと認められる。
(3) 正規の国内出願とは,その出願の結果の如何を問わず,出願をした日を確定するに十分なすべての出願をいう。
(4) 最先の先の出願と同一の対象についてされた後の出願であって同一の国において又は同一の国についてされた出願は,後の出願の出願日において先の出願が公衆の閲覧に付されることなく,かつ,如何なる権利をも存続させることなく,取り下げられ,放棄され又は拒絶され,さらに優先権を主張するための基礎として用いられていないときは,優先権を決定するに際して最先の出願と認められる。先の出願は,その後優先権を主張するための基礎として用いることができない。
(5) 最先の出願が工業所有権の保護に関するパリ条約又は世界貿易機関を設立するための協定に加入していない工業所有権当局になされた場合は,(1)から(4)までは,当該当局が欧州特許庁長官の発出通知に従い,かつ,欧州特許庁になされた最先の出願に対して,パリ条約に規定する条件と同等の条件の下に同等の効力を有する優先権を認める場合に限り適用する。
(特許法第87条;特許庁)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第87条;英語
Article 87
Priority right
(1)
Any person who has duly filed, in or for
(a)
any State party to the Paris Convention for the Protection of Industrial Property or
(b)
any Member of the World Trade Organization,

an application for a patent, a utility model or a utility certificate, or his successor in title, shall enjoy, for the purpose of filing a European patent application in respect of the same invention, a right of priority during a period of twelve months from the date of filing of the first application.
(2)
Every filing that is equivalent to a regular national filing under the national law of the State where it was made or under bilateral or multilateral agreements, including this Convention, shall be recognised as giving rise to a right of priority.
(3)
A regular national filing shall mean any filing that is sufficient to establish the date on which the application was filed, whatever the outcome of the application may be.
(4)
A subsequent application in respect of the same subject-matter as a previous first application and filed in or for the same State shall be considered as the first application for the purposes of determining priority, provided that, at the date of filing the subsequent application, the previous application has been withdrawn, abandoned or refused, without being open to public inspection and without leaving any rights outstanding, and has not served as a basis for claiming a right of priority. The previous application may not thereafter serve as a basis for claiming a right of priority.
(5)
If the first filing has been made with an industrial property authority which is not subject to the Paris Convention for the Protection of Industrial Property or the Agreement Establishing the World Trade Organization, paragraphs 1 to 4 shall apply if that authority, according to a communication issued by the President of the European Patent Office, recognises that a first filing made with the European Patent Office gives rise to a right of priority under conditions and with effects equivalent to those laid down in the Paris Convention.
(特許法第87条;EPO)

規則52,53;日本語
規則 52 優先権の申立
(1) 第 88 条(1)にいう優先権申立には,先の出願の日付,パリ条約の締約国又は世界貿易機関の加盟国であって,先の出願の出願国又は指定国となったもの,及び出願番号を表示する。第 87 条(5)にいう場合は,第 1 文を準用する。
(2) 優先権申立は,欧州出願の出願時にすることが望ましい。申立は,その後,主張する最先の優先日から 16 月以内においても行うことができる。
(3) 出願人は,優先権申立の訂正を,主張する最先の優先日から 16 月,又はその訂正が主張する最先の優先日についての変更をもたらすときは,訂正後の最先の優先日から 16 月のうち,16 月の期間が先に満了する方の期間内に,行うことができる。ただし,当該訂正は,欧州特許出願に付与される出願日から 4 月の期間の満了前に提出することができることを条件とする。
(4) ただし,第 93 条(1)(b)に基づく請求を提出した後では,優先権申立をすること又はその訂正をすることはできない。
(5) 優先権申立の明細は,公開された欧州特許出願及び欧州特許明細書に表されていなければならない。

規則 53 優先権書類
(1) 優先権を主張する出願人は,先の出願の写しを,主張する最先の優先日から 16 月以内に提出しなければならない。この写し及び先の出願の出願日は,その出願を受けた当局によって,正しいものとして証明されなければならない。
(2) 先の出願の写しは,欧州特許庁において入手可能なその出願の写しが欧州特許庁長官によって定められた条件に基づいて欧州特許出願のファイルに挿入されることとなっている場合は,正規に提出されたものとみなす。
(3) 先の出願が欧州特許庁の公用語によるものでなく,かつ,優先権主張の有効性がその発明の特許性についての決定に関連するときは,欧州特許庁は,欧州特許の出願人又は所有者に,指定する期間内に公用語の 1 によるその出願の翻訳文を提出するよう求める。その代わりとして,当該欧州特許出願が先の出願の完全な翻訳文である旨の申立書を提出することができる。(2)を準用する。
(規則52,53;特許庁)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

 
規則52,53;英語
Rule 52
Declaration of priority
(1)
The declaration of priority referred to in Article 88, paragraph 1, shall indicate the date of the previous filing, the State party to the Paris Convention or Member of the World Trade Organization in or for which it was made and the file number. In the case referred to in Article 87, paragraph 5, the first sentence shall apply mutatis mutandis.
(2)
The declaration of priority shall preferably be made on filing the European patent application. It may still be made within sixteen months from the earliest priority date claimed.
(3)
The applicant may correct the declaration of priority within sixteen months from the earliest priority date claimed, or, where the correction would cause a change in the earliest priority date claimed, within sixteen months from the corrected earliest priority date, whichever sixteen-month period expires first, provided that such a correction may be submitted until the expiry of four months from the date of filing accorded to the European patent application.
(4)
However, a declaration of priority may not be made or corrected after a request under Article 93, paragraph 1(b), has been filed.
(5)
The particulars of the declaration of priority shall appear in the published European patent application and the European patent specification.

Rule 53
Priority documents
(1)
An applicant claiming priority shall file a copy of the previous application within sixteen months of the earliest priority date claimed. This copy and the date of filing of the previous application shall be certified as correct by the authority with which that application was filed.
(2)[ 56 ]
The copy of the previous application shall be deemed to be duly filed if a copy of that application available to the European Patent Office is to be included in the file of the European patent application under the conditions determined by the President of the European Patent Office.
(3)[ 57 ]
Where the previous application is not in an official language of the European Patent Office and the validity of the priority claim is relevant to the determination of the patentability of the invention concerned, the European Patent Office shall invite the applicant for or proprietor of the European patent to file a translation of that application into one of the official languages within a period to be specified. Alternatively, a declaration may be submitted that the European patent application is a complete translation of the previous application. Paragraph 2 shall apply mutatis mutandis. If a requested translation of a previous application is not filed in due time, the right of priority for the European patent application or for the European patent with respect to that application shall be lost. The applicant for or proprietor of the European patent shall be informed accordingly.
(規則52,53;EPO)

  パリ条約 第4条 [優先権]

A (1) いずれかの同盟国において正規に特許出願若しくは実用新案,意匠若しくは商標の登録出願をした者又はその承継人は,他の同盟国において出願することに関し,以下に定める期間中優先権を有する。
中略
C (1) A(1)に規定する優先期間は,特許及び実用新案については12箇月,意匠及び商標については6箇月とする。

PCT国内移行

国内移行期限

PCT出願は、国際出願日から31カ月以内に国内移行手続きを完了させなければならない。国内移行手続きとは、翻訳文(英語,フランス語,ドイツ語のいずれか)の提出及び手数料の支払いのことである。

PCT出願においても、上述の優先権を主張することができる。また、国内移行手続きにおいて、優先権の基礎となる出願の出願日が記載された書類を提出しなければならない。

<関連サイト>
(PCT出願人の手引き;WIPO)

審査請求

審査請求は、国際調査報告の発行から6カ月、又は優先日から31カ月のうち遅く満了する期間内に行わなければならない。

<関連サイト>
(PCT出願人の手引き;WIPO)

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.