米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

認可通知[Communication rule 71(3)]~欧州~

認可通知[Communication rule 71(3)]

規則71(3)の通知[Communication rule 71(3)]

出願人には、欧州特許を付与する旨の決定をする前に、特許の付与において使用する予定である旨が通知される

<関連法規>

規則71;日本語
規則 71 審査手続
(1) 第 94 条(3)に基づく連絡において,適切な場合は,審査部は,出願人に対し,指定する期間内に指摘した欠陥を補充し,かつ,明細書,クレーム及び図面を補正するよう求める。
(2) 第 94 条(3)に基づく連絡には,該当するものがある場合は,欧州特許の付与に反対するすべての理由に関し,理由を付した陳述を含める。
(3) 審査部は,欧州特許を付与する旨の決定をする前に,出願人に対し,特許の付与において使用する予定の正文を通知し,また,4 月の期間内に,付与及び公告のための手数料を納付するよう,かつ,その手続言語以外の 2 の欧州特許庁公用語によるクレームの翻訳文を提出するよう求める。出願人がこの期間内に,手数料を納付し,また,翻訳文を提出した場合は,出願人は,特許の付与において使用される予定の正文を承認したものとみなす。
(4) 出願人が,(3)に定めた期間内に規則 137(3)に基づく補正又は規則 139 に基づく過誤の訂正を要求した場合において,クレームが補正又は訂正されたときは,出願人は,補正又は訂正後のクレームの翻訳文を提出しなければならない。出願人がこの期間内に手数料を納付し,翻訳文を提出した場合は,出願人は,補正又は訂正された形式での特許の付与を承認したものとみなす。
(5) 審査部は,(4)に基づいて要求された補正又は訂正に同意しない場合は,決定を行う前に出願人に対し,指定する期間内にその意見書及び審査部が必要と考える補正書,並びにクレームが補正されるときは補正後のクレームの翻訳文を提出する機会を与える。出願人が当該補正書を提出したときは,出願人は,補正した形式での特許の付与を承認したものとみなす。その欧州特許出願が拒絶され,取り下げられ又は取下とみなされた場合は,付与及び公告のための手数料,並びに(6)に基づいて納付された手数料があるときは,その手数料は返却される。
(6) 付与のために使用される予定の正文による欧州特許出願が15を超えるクレームを含んでいる場合は,審査部は,出願人に対し,(3)及び該当するときは(5)に基づく期間内に,個々の追加クレームに関するクレーム手数料を納付するよう求める。ただし,当該手数料が既に規則 45 又は規則 162 に基づいて納付されているときは,この限りでない。
(7) 付与及び公告のための手数料若しくはクレーム手数料が期限内に納付されないか,又は翻訳文が期限内に提出されない場合は,その欧州特許出願は取り下げられたものとみなす。(8) 指定手数料の納付期限が(3)に基づく連絡の後になる場合は,欧州特許付与についての言及は,指定手数料が納付されるまでは公告しない。出願人には,その旨を知らせる。
(9) 更新手数料の納付期限が(3)に基づく連絡の後で,かつ,欧州特許の付与についての言及の次回の公告が可能な日の前になる場合は,その言及は,更新手数料が納付されるまでは公告しない。出願人には,その旨を知らせる。
(10) (3)に基づく連絡には,締約国における第 65 条(1)に基づく翻訳文の要求に関する情報が公告されている欧州特許庁のウェブサイトへの言及を含まなければならない。
(11) 欧州特許を付与する旨の決定は,欧州特許出願の何れの正文が欧州特許付与の基礎となったかを陳述する。
(規則71;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則71;英語
Rule 71
Examination procedure
(1)
In any communication under Article 94, paragraph 3, the Examining Division shall, where appropriate, invite the applicant to correct any deficiencies noted and to amend the description, claims and drawings within a period to be specified.
(2)
Any communication under Article 94, paragraph 3, shall contain a reasoned statement covering, where appropriate, all the grounds against the grant of the European patent.
(3)
Before the Examining Division decides to grant the European patent, it shall inform the applicant of the text in which it intends to grant it and of the related bibliographic data. In this communication the Examining Division shall invite the applicant to pay the fee for grant and publishing and to file a translation of the claims in the two official languages of the European Patent Office other than the language of the proceedings within four months.
(4)
If the European patent application in the text intended for grant comprises more than fifteen claims, the Examining Division shall invite the applicant to pay claims fees in respect of the sixteenth and each subsequent claim within the period under paragraph 3 unless the said fees have already been paid under Rule 45 or Rule 162.
(5)
If the applicant, within the period laid down in paragraph 3, pays the fees under paragraph 3 and, where applicable, paragraph 4 and files the translations under paragraph 3, he shall be deemed to have approved the text communicated to him under paragraph 3 and verified the bibliographic data.
(6)
If the applicant, within the period under paragraph 3, requests reasoned amendments or corrections to the communicated text or keeps to the latest text submitted by him, the Examining Division shall issue a new communication under paragraph 3 if it gives its consent; otherwise it shall resume the examination proceedings.
(7)
If the fee for grant and publishing or the claims fees are not paid in due time, or if the translations are not filed in due time, the European patent application shall be deemed to be withdrawn.
(規則71;EPO)

手続

出願人は、上記の通知が発行されてから4カ月以内に、以下の手続を行わなければならない。手続きを行わない場合には、出願は取り下げたものとみなされる。

  • 付与及び公告のための手数料の納付
  • 手続言語以外の2の欧州特許庁公用語によるクレームの翻訳文の提出

通知後の補正

出願人は、認可通知後は補正をすることができる場合がある。補正を行った場合であって、当該補正が認められた場合には、再度認可通知が発行され、支払期限及び翻訳文の提出期限が再設定される。補正が認められなかった場合には、審査が継続される。

各国への国内移行

出願人は、少なくとも3カ月以内に国内移行を行う国の言語の翻訳文を提出しなければならない。ただし、上記期間は、各国ごとに異なり、3カ月よりも長い期間を定めることができる。
指定国は、上記の翻訳文が期間内に提出されなかった場合には、当該指定国に限り、欧州特許を無効とすることができる。

特許権者は、指定国において、欧州特許公報に公告された日か指定国で付与された国内特許によって与えられる権利と同一の権利を有する。

<関連法規>

特許法第64条;日本語
第 64 条 欧州特許によって与えられる権利
(1) 欧州特許は,(2)の規定を条件として,その付与の告示が欧州特許公報に公告された日
からそれが付与された各締約国において当該締約国で付与された国内特許によって与えられる権利と同一の権利をその特許所有者に与える。
(2) 欧州特許の対象が方法である場合は,特許によって与えられる保護は,その方法によって直接得られる製品にまで及ぶ。
(3) 欧州特許権の侵害は,すべて国内法令によって処理される。
(特許法第64条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第64条;英語
Article 64
Rights conferred by a European patent
(1)
A European patent shall, subject to the provisions of paragraph 2, confer on its proprietor from the date on which the mention of its grant is published in the European Patent Bulletin, in each Contracting State in respect of which it is granted, the same rights as would be conferred by a national patent granted in that State.(2)
If the subject-matter of the European patent is a process, the protection conferred by the patent shall extend to the products directly obtained by such process.
(3)
Any infringement of a European patent shall be dealt with by national law.
(特許法第64条;EPO)
 
特許法第65条;日本語
65 条 欧州特許明細書の翻訳文
(1) いかなる締約国も,欧州特許庁により付与され,補正され,又は縮減された欧州特許が当該締約国の公用語の何れか一つで作成されていない場合,特許権者が,付与され,補正され又は縮減された当該欧州特許の,当該特許権者の選択による当該締約国の公用語の何れか一つによる,又は,当該締約国が特定の一の公用語の使用を定めている場合はその公用語による翻訳文を,当該締約国の中央産業財産権官庁に提出すべきことを規定することができる。翻訳文を提出するための期間は,当該締約国がより長い期間を定めていない限り,欧州特許付与の告示,補正された形式又は限定された形式で維持される旨の告示が欧州特許公報に公告された日から 3 月までとする。
(2) (1)に従う規定を採用した如何なる締約国も,特許所有者が,当該締約国が定める期間内に,翻訳文の公表費用の全部又は一部を納付すべき旨を定めることができる。
(3) 如何なる締約国も,(1)及び(2)に従って採用した規定が遵守されない場合は,当該締約国において欧州特許権が始めから効力を生じなかったものとみなされることを定めることができる。
(特許法第65条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第65条;英語
Article 65
Translation of the European patent
(1)
Any Contracting State may, if the European patent as granted, amended or limited by the European Patent Office is not drawn up in one of its official languages, prescribe that the proprietor of the patent shall supply to its central industrial property office a translation of the patent as granted, amended or limited in one of its official languages at his option or, where that State has prescribed the use of one specific official language, in that language. The period for supplying the translation shall end three months after the date on which the mention of the grant, maintenance in amended form or limitation of the European patent is published in the European Patent Bulletin, unless the State concerned prescribes a longer period.
(2)
Any Contracting State which has adopted provisions pursuant to paragraph 1 may prescribe that the proprietor of the patent must pay all or part of the costs of publication of such translation within a period laid down by that State.
(3)
Any Contracting State may prescribe that in the event of failure to observe the provisions adopted in accordance with paragraphs 1 and 2, the European patent shall be deemed to be void ab initio in that State.
(特許法第65条;EPO)

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.