米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

手続きの続行・権利の回復~欧州~

手続きの続行

手続きの続行とは

出願人は、指定された期間内に応答しなかった場合でも、欧州特許庁に対し、手続の続行を請求することができる。ただし、87条の優先権の主張期限や108条の審判請求期限等は対象外となる。

<関連法規>

特許法第121条;日本語
121 条 欧州特許出願についての手続の続行
(1) 出願人は,欧州特許庁に対して期限を遵守できない場合でも,欧州特許出願手続の続行を請求することができる。
(2) 欧州特許庁は,請求が施行規則に定める要件を満たしている場合は,その請求を容認する。その他の場合は,欧州特許庁は,請求を却下する。
(3) 請求が容認された場合は,期限を遵守しなかったことにより発生した法的結果は,生じなかったものとみなす。
(4) 手続の続行は,第 87 条(1),第 108 条及び第 112a 条(4)の期限については,手続の続行の請求期限又は権利の回復の請求期限と同様に,除外される。施行規則において,その他の期限について手続の続行を除外することができる。
(特許法第121条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第121条;英語
Article 121
Further processing of the European patent application
(1)
If an applicant fails to observe a time limit vis-a-vis the European Patent Office, he may request further processing of the European patent application.
(2)
The European Patent Office shall grant the request, provided that the requirements laid down in the Implementing Regulations are met. Otherwise, it shall reject the request.
(3)
If the request is granted, the legal consequences of the failure to observe the time limit shall be deemed not to have ensued.
(4)
Further processing shall be ruled out in respect of the time limits in Article 87, paragraph 1, Article 108 and Article 112a, paragraph 4, as well as the time limits for requesting further processing or re-establishment of rights. The Implementing Regulations may rule out further processing for other time limits.
(特許法第121条;EPO)

規則135;日本語
規則 135 手続の続行
(1) 第 121 条(1)に基づく手続の続行は,期限の不遵守又は権利喪失の何れかに関する連絡から 2 月以内に所定の手数料を納付することによって請求する。遺漏した手続は,請求をするための期間内に完了させなければならない。
(2) 手続の続行は,第 121 条(4)にいう期間,並びに規則 6(1),規則 16(1)(a),規則 31(2),規則 36(1)(a),(1)(b)及び(2),規則 40(3),規則 51(2)から(5)まで,規則 52(2)及び(3),規則 55,規則 56,規則 58,規則 59,規則 62a,規則 63,規則 64 並びに規則 112(2)に基づく期間に関しては除外する。
(3) 遺漏が生じた手続に関して決定をする権限を有する部門は,手続の続行に関する請求について決定する。
(規則135;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則135;英語
Rule 135
Further processing
(1)
Further processing under Article 121, paragraph 1, shall be requested by payment of the prescribed fee within two months of the communication concerning either the failure to observe a time limit or a loss of rights. The omitted act shall be completed within the period for making the request.
(2)[ 112 ]
Further processing shall be ruled out in respect of the periods referred to in Article 121, paragraph 4, and of the periods under Rule 6, paragraph 1, Rule 16, paragraph 1(a), Rule 31, paragraph 2, Rule 36, paragraph 2, Rule 40, paragraph 3, Rule 51, paragraphs 2 to 5, Rule 52, paragraphs 2 and 3, Rules 55, 56, 58, 59, 62a, 63, 64 and Rule 112, paragraph 2.
(3)
The department competent to decide on the omitted act shall decide on the request for further processing.
(規則135;EPO)

手続

出願人は、出願のみなし取り下げ等から2カ月以内に、所定の手数料とともに手続を行わなければならない。
以下の権利の回復と異なり、「相当な注意」の要件が不要となる。

権利の回復

権利の回復とは

出願人は、相当の注意を払ったにもかかわらず、期限を渡過したことにより出願が取り下げられたとみなされた場合等は、権利の回復を請求することができる。

権利の回復の請求書では、その根拠とする理由を記述し、それが依拠する事実を説明しなければならない。

<関連法規>

特許法第122条;日本語
第 122 条 権利の回復
(1) 状況によって必要とされる当然の注意をしたにも拘らず,欧州特許庁に対し期限を遵守することができなかった欧州特許出願人又は欧州特許所有者は,この期限の不遵守が直接の結果として,欧州特許出願若しくは何らかの請求の拒絶,その出願が取り下げられたものとみなされること,欧州特許の取消又はその他の権利若しくは救済手段の喪失をもたらす場合は,請求により,自らの権利を回復することができる。
(2) 欧州特許庁は,当該請求が(1)及び施行規則の要件を満たしている場合は,当該請求を
容認する。それ以外の場合は,欧州特許庁は,請求を却下する。
(3) 請求が容認された場合は,期限の不遵守による法的結果は,生じなかったものとみなす。
(4) 権利の回復は,権利の回復の請求期限については除外される。施行規則において,他の期限についての権利の回復を除外することができる。
(5) 公開(公告)された欧州特許出願又は欧州特許の対象である発明を,指定された締約国において(1)にいう権利喪失とその権利の回復の告示の欧州特許公報での公告との間に善意に
使用し又はその発明を使用するために実際上のかつ真摯な準備をした者は,その業務を遂行する上で又はその業務の必要のために,無償でその使用を継続することができる。
(6) 本条の如何なる規定も,締約国の当局に対し遵守すべき本条約に定められる期限に関して原状回復を許容する当該締約国の権利を制限するものではない。
(特許法第122条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第122条;英語
Article 122
Re-establishment of rights
(1)
An applicant for or proprietor of a European patent who, in spite of all due care required by the circumstances having been taken, was unable to observe a time limit vis-à-vis the European Patent Office shall have his rights re-established upon request if the non-observance of this time limit has the direct consequence of causing the refusal of the European patent application or of a request, or the deeming of the application to have been withdrawn, or the revocation of the European patent, or the loss of any other right or means of redress.
(2)
The European Patent Office shall grant the request, provided that the conditions of paragraph 1 and any other requirements laid down in the Implementing Regulations are met. Otherwise, it shall reject the request.
(3)
If the request is granted, the legal consequences of the failure to observe the time limit shall be deemed not to have ensued.
(4)
Re-establishment of rights shall be ruled out in respect of the time limit for requesting re-establishment of rights. The Implementing Regulations may rule out re-establishment for other time limits.
(5)
Any person who, in a designated Contracting State, has in good faith used or made effective and serious preparations for using an invention which is the subject of a published European patent application or a European patent in the period between the loss of rights referred to in paragraph 1 and publication in the European Patent Bulletin of the mention of re-establishment of those rights, may without payment continue such use in the course of his business or for the needs thereof.
(6)
Nothing in this Article shall limit the right of a Contracting State to grant re-establishment of rights in respect of time limits provided for in this Convention and to be observed vis-à-vis the authorities of such State.
(特許法第122条;EPO)
 
規則136;日本語
規則 136 権利の回復
(1) 第 122 条(1)に基づく権利回復請求は,期間不遵守の理由の除去から 2 月以内,ただし,遵守しなかった期限の終結から遅くとも 1 年以内に,書面をもって提出する。ただし,第 87条(1)及び第 112a 条(4)において指定した期間に関するものは,その期間の満了から 2 月以内に提出する。権利回復請求は,所定の手数料が納付されるまでは,提出されたとみなさない。
(2) 請求書は,その根拠とする理由を記述し,また,それが依拠する事実を説明する。遺漏が生じた手続は,(1)による請求書提出のための関連する期間内に完了させなければならない。
(3) 権利回復は,第 121 条に基づく手続の続行が利用可能である期間,及び権利回復請求のための期間に関しては除外する。
(4) 遺漏が生じた手続に関して決定をする権限を有する部門が,権利回復請求について決定する。
(規則136;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則136;英語
Rule 136
Re-establishment of rights
(1)
Any request for re-establishment of rights under Article 122, paragraph 1, shall be filed in writing within two months of the removal of the cause of non-compliance with the period, but at the latest within one year of expiry of the unobserved time limit. However, a request for re-establishment of rights in respect of any of the periods specified in Article 87, paragraph 1, and in Article 112a, paragraph 4, shall be filed within two months of expiry of that period. The request for re-establishment of rights shall not be deemed to have been filed until the prescribed fee has been paid.
(2)
The request shall state the grounds on which it is based and shall set out the facts on which it relies. The omitted act shall be completed within the relevant period for filing the request according to paragraph 1.
(3)
Re-establishment of rights shall be ruled out in respect of any period for which further processing under Article 121 is available and in respect of the period for requesting re-establishment of rights.
(4)
The department competent to decide on the omitted act shall decide on the request for re-establishment of rights.
(規則136;EPO)

請求期間

権利の回復は、期間を渡過した理由が無くなってから2カ月以内に手数料と共に請求しなければならない。
ただし、本来の期間の満了日の1年以内でなければならない。

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.