米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

実体審査~欧州~

審査請求

審査請求期間

出願人は、出願公開から6カ月以内(延長不可)に審査請求しなければならない。審査請求を行わない出願は、取り下げたものとみなされる。一度行った審査請求は、取り下げることができない。

<関連法規>

特許法第94条;日本語
第 94 条 欧州特許出願の審査
(1) 欧州特許庁は,施行規則に従って,請求により欧州特許出願及びその出願に係る発明が本条約の要件を満たすか否かを審査する。審査手数料が納付されるまでは審査請求があったものとはみなされない。
(2) 審査請求が所定の期限までにされない場合は,出願は取り下げられたものとみなす。
(3) 審査によって,当該出願又は当該出願に係る発明が本条約の要件を満たしていないことが明らかになった場合は,審査部は,出願人に対し,必要な場合は何度でも,意見書を提出し,かつ,第 123 条(1)に従い,出願を補正するよう求める。
(4) 出願人が審査部からの通知に対して所定の期限までに応答しない場合は,当該出願は取り下げられたものとみなす。
(特許法第94条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第94条;英語
Article 94
Examination of the European patent application
(1)
The European Patent Office shall, in accordance with the Implementing Regulations, examine on request whether the European patent application and the invention to which it relates meet the requirements of this Convention. The request shall not be deemed to be filed until the examination fee has been paid.
(2)
If no request for examination has been made in due time, the application shall be deemed to be withdrawn.
(3)
If the examination reveals that the application or the invention to which it relates does not meet the requirements of this Convention, the Examining Division shall invite the applicant, as often as necessary, to file his observations and, subject to Article 123, paragraph 1, to amend the application.
(4)
If the applicant fails to reply in due time to any communication from the Examining Division, the application shall be deemed to be withdrawn.
(特許法第94条;EPO)

規則70;日本語
規則 70 審査請求
(1) 出願人は,欧州特許公報が欧州調査報告の公開に言及した日から 6 月の間に欧州特許出願の審査を請求することができる。審査請求は取り下げることができない。
(2) 欧州調査報告が出願人に発送される前に審査請求が提出された場合は,欧州特許庁は,出願人に対し,出願人が出願手続を続行することを希望するか否かを指定する期間内に指示するよう求め,また,出願人に対し,調査報告について意見を述べ,かつ,適切な場合は,明細書,クレーム及び図面を補正する機会を与える。
(3) 出願人が期限内に,(2)に基づく求めに対して応答しない場合は,出願は取り下げられたものとみなす。
(規則70;JPO)【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則70;英語
Rule 70
Request for examination
(1)
The applicant may request examination of the European patent application up to six months after the date on which the European Patent Bulletin mentions the publication of the European search report. The request may not be withdrawn.
(2)
If the request for examination has been filed before the European search report has been transmitted to the applicant, the European Patent Office shall invite the applicant to indicate, within a period to be specified, whether he wishes to proceed further with the application, and shall give him the opportunity to comment on the search report and to amend, where appropriate, the description, claims and drawings.
(3)
If the applicant fails to reply in due time to the invitation under paragraph 2, the application shall be deemed to be withdrawn.
(規則70;EPO)

締約国の指定

出願人は、出願公開から6カ月以内にいずれの締約国を指定しなければならない。併せて、手数料も納付しなければならない。現在は、いずれの国を指定した場合であっても料金は一律となっている。

特許を受けるための要件

特許出願が認可されるためには、主に以下の要件を満たさなければならない。

  1. 特許法第52条:発明性
    <関連法規>
    特許法第52条;日本語
    52 条 特許を受けることができる発明
    (1) 欧州特許は,産業上利用することができ,新規であり,かつ,進歩性を有するすべての技術分野におけるあらゆる発明に対して付与される。
    (2) 次のものは,特に,(1)にいう発明とはみなされない。
    (a) 発見,科学の理論及び数学的方法
    (b) 美的創造物
    (c) 精神的な行為,遊戯又は事業活動の遂行に関する計画,法則又は方法,並びにコンピューター・プログラム
    (d) 情報の提示
    (3) (2)は,欧州特許出願又は欧州特許が同項に規定する対象又は行為それ自体に関係している範囲内においてのみ,当該対象又は行為の特許性を排除する。
    (特許法第52条;JPO)
    【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
     
    特許法第52条;英語
    Article 52
    Patentable inventions
    (1)
    European patents shall be granted for any inventions, in all fields of technology, provided that they are new, involve an inventive step and are susceptible of industrial application.
    (2)
    The following in particular shall not be regarded as inventions within the meaning of paragraph 1:
    (a)discoveries, scientific theories and mathematical methods;
    (b)aesthetic creations;
    (c)schemes, rules and methods for performing mental acts, playing games or doing business, and programs for computers;
    (d)presentations of information.
    (3)
    Paragraph 2 shall exclude the patentability of the subject-matter or activities referred to therein only to the extent to which a European patent application or European patent relates to such subject-matter or activities as such.
    (特許法第52条;EPO)
  2. 特許法第54条:新規性
    <関連法規>
    特許法第54条;日本語
    第 54 条 新規性
    (1) 発明は,それが技術水準の一部を構成しない場合は,新規であると認められる。
    (2) 欧州特許出願の出願日前に,書面若しくは口頭,使用又はその他のあらゆる方法によって公衆に利用可能になったすべてのものは技術水準を構成する。
    (3) また,その出願の出願日が(2)にいう日の前であり,かつ,その日以後に公開された欧
    州特許出願の出願時の内容も技術水準を構成するものとみなされる。
    (4) (2)及び(3)は,第 53 条(c)にいう方法において使用される物質又は組成物であって技術水準に含まれるものの特許性を排除するものではない。ただし,その方法におけるその使用が技術水準に含まれない場合に限る。
    (5) (2)及び(3)はまた,第 53 条(c)にいう方法において特に使用するための(4)にいう物質又は組成物の特許性も排除するものではない。ただし,その使用が技術水準に含まれない場合に限る。
    (特許法第54条;JPO)
    【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
     
    特許法第54条;英語
    Article 54
    Novelty
    (1)
    An invention shall be considered to be new if it does not form part of the state of the art.
    (2)
    The state of the art shall be held to comprise everything made available to the public by means of a written or oral description, by use, or in any other way, before the date of filing of the European patent application.
    (3)
    Additionally, the content of European patent applications as filed, the dates of filing of which are prior to the date referred to in paragraph 2 and which were published on or after that date, shall be considered as comprised in the state of the art.
    (4)
    Paragraphs 2 and 3 shall not exclude the patentability of any substance or composition, comprised in the state of the art, for use in a method referred to in Article 53(c), provided that its use for any such method is not comprised in the state of the art.
    (5)[ 44 ]
    Paragraphs 2 and 3 shall also not exclude the patentability of any substance or composition referred to in paragraph 4 for any specific use in a method referred to in Article 53(c), provided that such use is not comprised in the state of the art. (特許法第54条;EPO)
  3. 特許法第56条:非自明性
    <関連法規>
    特許法第56条;日本語
    第 56 条 進歩性
    発明は,それが技術水準を考慮した上で当該技術の熟練者にとって自明でない場合は,進歩性を有するものと認める。第 54 条(3)にいう書類が技術水準に含まれる場合は,そのような書類は,進歩性の有無を判断する際には,考慮されない。
    (特許法第56条;JPO)
    【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
     
    特許法第56条;英語
    Article 56
    Inventive step
    An invention shall be considered as involving an inventive step if, having regard to the state of the art, it is not obvious to a person skilled in the art. If the state of the art also includes documents within the meaning of Article 54, paragraph 3, these documents shall not be considered in deciding whether there has been an inventive step.
    (特許法第56条;EPO)
  4. 特許法第57条:産業上の利用可能性
    <関連法規>
    特許法第57条;日本語
    57 条 産業上の利用性
    発明は,それが農業を含む産業の何れかの分野において生産し又は使用することができる場合は,産業上の利用可能性を有するものと認められる。
    (特許法第57条;JPO)
    【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
     
    特許法第57条;英語
    Article 57
    Industrial application
    An invention shall be considered as susceptible of industrial application if it can be made or used in any kind of industry, including agriculture.
    (特許法第57条;EPO)

特許法第52条

発明の保護対象

特許法52条は、発明、方法について定義されている。以下のものは、発明とはみなされない。

  • 発見、科学の理論及び数学的方法
  • 美的創造物
  • 精神的な行為、遊戯又は事業活動の遂行に関する計画、法則又は方法、並びにコンピューター・プログラム
  • 情報の提示

コンピュータプログラム

結果としてコンピュータ・プログラムは、そのプログラムがコンピュータを作動させているときに、プログラムとコンピュータとの間に存在する通常の物理的対話構造を超えた更なる技術的効果を与える能力を有していれば、第52 条(1)で意味する範囲内の発明とみなすことができる。

<関連法規>

特許法第52条;日本語
52 条 特許を受けることができる発明
(1) 欧州特許は,産業上利用することができ,新規であり,かつ,進歩性を有するすべての技術分野におけるあらゆる発明に対して付与される。
(2) 次のものは,特に,(1)にいう発明とはみなされない。
(a) 発見,科学の理論及び数学的方法
(b) 美的創造物
(c) 精神的な行為,遊戯又は事業活動の遂行に関する計画,法則又は方法,並びにコンピューター・プログラム
(d) 情報の提示
(3) (2)は,欧州特許出願又は欧州特許が同項に規定する対象又は行為それ自体に関係している範囲内においてのみ,当該対象又は行為の特許性を排除する。
(特許法第52条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第52条;英語
Article 52
Patentable inventions
(1)
European patents shall be granted for any inventions, in all fields of technology, provided that they are new, involve an inventive step and are susceptible of industrial application.
(2)
The following in particular shall not be regarded as inventions within the meaning of paragraph 1:
(a)
discoveries, scientific theories and mathematical methods;
(b)
aesthetic creations;
(c)
schemes, rules and methods for performing mental acts, playing games or doing business, and programs for computers;
(d)
presentations of information.
(3)
Paragraph 2 shall exclude the patentability of the subject-matter or activities referred to therein only to the extent to which a European patent application or European patent relates to such subject-matter or activities as such.
(特許法第52条;EPO)

特許法第54条

新規性

優先権を伴う出願の場合は、優先日前に,公衆に利用可能になったすべてが公知技術となる。

引例の出願日が本願の優先日の前であって、その後に公開された欧州特許出願も引例との地位を有する。
つまり、日本の 特許法29条の2と異なり、発明者同一の例外の適用がないため、欧州に実施例が共通(明細書が共通)する複数の出願を行う場合には、同一の出願日に出願しなければならない(54条(3))。そうしないと、後願の出願が自己の先願に基づいて拒絶されてしまう
[Self collision]。

<関連法規>

特許法第54条;日本語
第 54 条 新規性
(1) 発明は,それが技術水準の一部を構成しない場合は,新規であると認められる。
(2) 欧州特許出願の出願日前に,書面若しくは口頭,使用又はその他のあらゆる方法によって公衆に利用可能になったすべてのものは技術水準を構成する。
(3) また,その出願の出願日が(2)にいう日の前であり,かつ,その日以後に公開された欧
州特許出願の出願時の内容も技術水準を構成するものとみなされる。
(4) (2)及び(3)は,第 53 条(c)にいう方法において使用される物質又は組成物であって技術水準に含まれるものの特許性を排除するものではない。ただし,その方法におけるその使用が技術水準に含まれない場合に限る。
(5) (2)及び(3)はまた,第 53 条(c)にいう方法において特に使用するための(4)にいう物質又は組成物の特許性も排除するものではない。ただし,その使用が技術水準に含まれない場合に限る。
(特許法第54条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第54条;英語
Article 54
Novelty
(1)
An invention shall be considered to be new if it does not form part of the state of the art.
(2)
The state of the art shall be held to comprise everything made available to the public by means of a written or oral description, by use, or in any other way, before the date of filing of the European patent application.
(3)
Additionally, the content of European patent applications as filed, the dates of filing of which are prior to the date referred to in paragraph 2 and which were published on or after that date, shall be considered as comprised in the state of the art.
(4)
Paragraphs 2 and 3 shall not exclude the patentability of any substance or composition, comprised in the state of the art, for use in a method referred to in Article 53(c), provided that its use for any such method is not comprised in the state of the art.
(5)[ 44 ]
Paragraphs 2 and 3 shall also not exclude the patentability of any substance or composition referred to in paragraph 4 for any specific use in a method referred to in Article 53(c), provided that such use is not comprised in the state of the art. (特許法第54条;EPO)

特許法第56条

進歩性

審査官は、以下に述べる『課題及び解決のアプローチ』を適用することにより、進歩性を評価する。

  1. 「最も近接する先行技術」を決定する段階
  2. 解決すべき「客観的な技術的課題」を確定する段階
  3. 最も近接する先行技術及び客観的な技術的課題から着手して,クレームされた発明が当該技術の熟練者に自明であったか否かを検討する段階

進歩性の判断の際は、54条(3)の規定は適用されない。つまり、本願出願後に公開となった先願の引例は、進歩性の判断の際に考慮されない。

<関連法規>

特許法第56条;日本語
第 56 条 進歩性
発明は,それが技術水準を考慮した上で当該技術の熟練者にとって自明でない場合は,進歩性を有するものと認める。第 54 条(3)にいう書類が技術水準に含まれる場合は,そのような書類は,進歩性の有無を判断する際には,考慮されない。
(特許法第56条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第56条;英語
Article 56
Inventive step
An invention shall be considered as involving an inventive step if, having regard to the state of the art, it is not obvious to a person skilled in the art. If the state of the art also includes documents within the meaning of Article 54, paragraph 3, these documents shall not be considered in deciding whether there has been an inventive step.
(特許法第56条;EPO)

特許法第57条

産業上の利用可能性

出願人は、明細書又は発明の内容からその発明が産業上実施可能であることが自明でなければ,その発明の産業上実施可能な方法を明白に示す必要がある。
例えば、永久運動期間等は、57条により拒絶される。ただし、この規定が問題となることは、希である。

<関連法規>

特許法第57条;日本語
57 条 産業上の利用性
発明は,それが農業を含む産業の何れかの分野において生産し又は使用することができる場合は,産業上の利用可能性を有するものと認められる。
(特許法第57条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第57条;英語
Article 57
Industrial application
An invention shall be considered as susceptible of industrial application if it can be made or used in any kind of industry, including agriculture.
(特許法第57条;EPO)

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.