米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

異議申し立て[Opposition]~欧州~

異議申し立て[Opposition]

異議申し立てとは

ヨーロッパ特許が付与されてから9カ月以内であれば、何人も欧州特許庁に異議を申し立てることができる。
つまり、特許権を無効としたい第3者は、異議を申し立てることにより、特許権を無効にできる。
異議申し立てには、手数料が必要となる。

異議申し立て理由

実体審査の理由とほとんど同一の理由により申し立てることができる。具体的には、以下の通り。

  1. 欧州特許の対象が第52条から第57条(実体審査を参照)までに基づいて特許を受けることができない。
  2. 欧州特許が発明を当該技術の熟練者が実施することができる程度に明確かつ十分に開示していない。
  3. 補正による新規事項の追加,又は,分割出願が親出願の出願時の内容を超えている。

<関連法規>

特許法第100条;日本語
100 条 異議申立理由
異議申立は,次の理由に基づいてのみすることができる。
(a) 欧州特許の対象が第 52 条から第 57 条までに基づいて特許を受けることができないこと
(b) 欧州特許が発明を当該技術の熟練者が実施することができる程度に明確かつ十分に開示していないこと
(c) 欧州特許の対象が出願時の出願内容を超えていること,又は,特許が分割出願について若しくは第 61 条に従い提出された新たな出願について付与された場合は,先の出願の出願時の内容を超えていること
(特許法第100条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第100条;英語
Article 100
Grounds for opposition
Opposition may only be filed on the grounds that:
(a)
the subject-matter of the European patent is not patentable under Articles 52 to 57;
(b)
the European patent does not disclose the invention in a manner sufficiently clear and complete for it to be carried out by a person skilled in the art;
(c)
the subject-matter of the European patent extends beyond the content of the application as filed, or, if the patent was granted on a divisional application or on a new application filed under Article 61, beyond the content of the earlier application as filed.
(特許法第100条;EPO)

異議申し立ての審理

特許庁は、特許権者に意見を求める。特許権者は、指定された期間(通常4カ月)以内に応答しなければならない。

<関連法規>

特許法第101条;日本語
第 101 条 異議申立の審査,欧州特許の取消又は維持
(1) 異議申立が受容し得るものである場合は,異議部は,施行規則に従って,第 100 条に定める異議申立の理由の少なくとも 1 が欧州特許の維持を妨げるか否かを審査する。この審査期間中に,異議部は,他の当事者からの又は異議部自身が発出した通知に対して,必要な場合は何度でも,意見書を提出することを当事者に求める。
(2) 異議部は,異議申立の理由の少なくとも 1 によって,欧州特許を維持することができないと認める場合は,特許を取り消す。それ以外の場合は,異議申立は,却下する。
(3) 異議部は,異議申立の手続中に特許所有者がした補正を考慮した上で,特許及びそれに係る発明が,
(a) 本条約の要件を満たしていると認める場合は,施行規則に定める条件が満たされている場合に限り,補正された明細書を維持するという決定をし,
(b) 本条約の要件を満たしていないと認める場合は,その特許を取り消す。
(特許法第101条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第101条;英語
Article 101
Examination of the opposition Revocation or maintenance of the European patent
(1)
If the opposition is admissible, the Opposition Division shall examine, in accordance with the Implementing Regulations, whether at least one ground for opposition under Article 100 prejudices the maintenance of the European patent. During this examination, the Opposition Division shall invite the parties, as often as necessary, to file observations on communications from another party or issued by itself.
(2)
If the Opposition Division is of the opinion that at least one ground for opposition prejudices the maintenance of the European patent, it shall revoke the patent. Otherwise, it shall reject the opposition.
(3)
If the Opposition Division is of the opinion that, taking into consideration the amendments made by the proprietor of the European patent during the opposition proceedings, the patent and the invention to which it relates
(a)
meet the requirements of this Convention, it shall decide to maintain the patent as amended, provided that the conditions laid down in the Implementing Regulations are fulfilled;
(b)
do not meet the requirements of this Convention, it shall revoke the patent.
(特許法第101条;EPO)

規則79;日本語
規則 79 異議申立の審査の準備
(1) 異議部は,異議申立通知を特許所有者に連絡し,また,特許所有者に対し,指定する期間内に答弁書を提出し,かつ,適切な場合は,明細書,クレーム及び図面を補正する機会を与える。
(2) 複数の異議申立通知が提出された場合は,異議部は,(1)に基づく連絡と同時に,それについて他の異議申立人に連絡する。
(3) 異議部は,特許所有者によって意見書及び補正書が提出された場合は,それらについて他の当事者に連絡し,また,異議部が便宜であると考えるときは,指定する期間内に応答するようそれらの者に求める。
(4) 第 105 条に基づく参加の事件に関しては,異議部は,(1)から(3)までの適用を除外することができる。
(規則79;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則79;英語
Rule 79
Preparation of the examination of the opposition
(1)
The Opposition Division shall communicate the notice of opposition to the proprietor of the patent and shall give him the opportunity to file his observations and to amend, where appropriate, the description, claims and drawings within a period to be specified.
(2)
If several notices of opposition have been filed, the Opposition Division shall communicate them to the other opponents at the same time as the communication under paragraph 1.
(3)
The Opposition Division shall communicate any observations and amendments filed by the proprietor of the patent to the other parties, and shall invite them, if it considers this expedient, to reply within a period to be specified.
(4)
In the case of an intervention under Article 105, the Opposition Division may dispense with the application of paragraphs 1 to 3.
(規則79;EPO)

補正

特許権者は、123条に規定された範囲内で補正を行うことができる。補正された内容で特許権を付与する前に,その旨が当事者に通知される。

<関連法規>

規則81;日本語
規則 81 異議申立の審査
(1) 異議部は,規則 76(2)(c)に基づく異議申立人の陳述において援用された異議申立理由を審査する。異議部は,異議申立人が援用していない異議申立のための理由を,それが欧州特許の維持を害するときは,職権により審査することができる。
(2) 第 101 条(1)第 2 文に基づく連絡及びそれに対する応答は,すべての当事者に送付する。異議部は,便宜であると考えるときは,当事者に対し,指定する期間内に応答するよう求める。
(3) 第 101 条(1)第 2 文に基づく連絡において,必要な場合は,欧州特許所有者は,適切なときは明細書,クレーム及び図面を補正する機会を与えられる。必要な場合は,その連絡に,欧州特許の維持に反対する根拠を包含する理由を付した陳述を含める。
(規則81;JPO)

規則81;英語
Rule 81
Examination of opposition
(1)
The Opposition Division shall examine those grounds for opposition which are invoked in the opponent’s statement under Rule 76, paragraph 2(c). Grounds for opposition not invoked by the opponent may be examined by the Opposition Division of its own motion if they would prejudice the maintenance of the European patent.
(2)
Communications under Article 101, paragraph 1, second sentence, and all replies thereto shall be sent to all parties. If the Opposition Division considers this expedient, it shall invite the parties to reply within a period to be specified.
(3)
In any communication under Article 101, paragraph 1, second sentence, the proprietor of the European patent shall, where necessary, be given the opportunity to amend, where appropriate, the description, claims and drawings. Where necessary, the communication shall contain a reasoned statement covering the grounds against the maintenance of the European patent.
(規則81;EPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則82;日本語
規則 82 補正された形式での欧州特許の維持
(1) 異議部は,補正された欧州特許を維持する旨の決定をする前に,その特許を維持する上で使用する正文を当事者に通知し,また,それらの者が正文を承認しない場合は,それらの者に対し 2 月以内に意見書を提出するよう求める。
(2) 何れかの当事者が異議部から連絡された正文を承認しない場合でも,異議申立の審査は継続することができる。それ以外においては,異議部は,(1)に基づく期間の満了時に,特許所有者に対し,3 月以内に所定の手数料を納付すること及び手続言語以外の欧州特許庁公用語による補正クレームの翻訳文を提出するよう求める。この求めは,締約国における第 65条(1)に基づく翻訳文の要求に関する情報が公表されている欧州特許庁のウェブサイトへの言及を含まなければならない。
(3) (2)に基づいて要求された行為が期限内に履行されなかった場合は,その行為は,期限の不遵守に関する連絡から 2 月以内においても履行することができる。ただし,割増料がこの期間内に納付されることを条件とする。それ以外においては,特許を取り消す。
(4) 補正された欧州特許を維持する旨の決定には,特許に関する何れの正文がその決定の基礎を形成しているかを陳述する。
(規則82;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則82;英語
Rule 82
Maintenance of the European patent in amended form
(1)
Before the Opposition Division decides to maintain the European patent as amended, it shall inform the parties of the text in which it intends to maintain the patent, and shall invite them to file their observations within two months if they disapprove of that text.
(2)[ 87 ]
If a party disapproves of the text communicated by the Opposition Division, examination of the opposition may be continued. Otherwise, the Opposition Division shall, on expiry of the period under paragraph 1, invite the proprietor of the patent to pay the prescribed fee and to file a translation of any amended claims in the official languages of the European Patent Office other than the language of the proceedings, within a period of three months.
(3)
If the acts required under paragraph 2 are not performed in due time, they may still be performed within two months of a communication concerning the failure to observe the time limit, provided that a surcharge is paid within this period. Otherwise, the patent shall be revoked.
(4)
The decision to maintain the European patent as amended shall state which text of the patent forms the basis for the decision.
(規則82;EPO)

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.