米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

方式審査~欧州~

方式審査

出願日認定

特許出願が受理されると、出願日の要件を満たしているか否かを判断する。書面に不足などがあった場合には、出願人に対して、2カ月以内に補充するよう求める。
補充されなかった場合は、当該出願は欧州出願として取り扱われない。

<関連法規>

特許法第90条;日本語
第 90 条 出願時の審査及び方式要件についての審査
(1) 欧州特許庁は,施行規則に従って,出願が出願日を付与するための要件を満たしているか否かを審査する。
(2) (1)の審査により出願日を与えることができない場合は,出願は,欧州特許出願として
取り扱われない。
(3) 欧州特許出願に出願日が与えられた場合は,欧州特許庁は,施行規則に従って,第 14
条,第 78 条及び第 81 条の要件が満たされているか否か,適切な場合は,第 88 条(1),第133 条(2)及び施行規則が定める他の要件が満たされているか否かを審査する。
(4) (1)又は(3)に規定する審査において,補充し得る欠陥があることを欧州特許庁が指摘した場合は,出願人に欠陥を補充する機会を与える。
(5) (3)に規定する審査において指摘された欠陥が補充されない場合は,欧州特許出願は,
別段の法的帰結が本条約により規定されている場合を除き,拒絶される。欠陥が優先権に関する場合は,この優先権は,当該出願については喪失する。
(特許法第90条;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
特許法第90条;英語
Article 90
Examination on filing and examination as to formal requirements
(1)
The European Patent Office shall examine, in accordance with the Implementing Regulations, whether the application satisfies the requirements for the accordance of a date of filing.
(2)
If a date of filing cannot be accorded following the examination under paragraph 1, the application shall not be dealt with as a European patent application.
(3)
If the European patent application has been accorded a date of filing, the European Patent Office shall examine, in accordance with the Implementing Regulations, whether the requirements in Articles 14, 78 and 81, and, where applicable, Article 88, paragraph 1, and Article 133, paragraph 2, as well as any other requirement laid down in the Implementing Regulations, have been satisfied.
(4)
Where the European Patent Office in carrying out the examination under paragraphs 1 or 3 notes that there are deficiencies which may be corrected, it shall give the applicant an opportunity to correct them.
(5)
If any deficiency noted in the examination under paragraph 3 is not corrected, the European patent application shall be refused unless a different legal consequence is provided for by this Convention. Where the deficiency concerns the right of priority, this right shall be lost for the application.
(特許法第90条;EPO)
 
規則55;日本語
規則 55 出願時の審査
第 90 条(1)に基づく審査が,出願は規則 40(1)(a)若しくは(c),(2),又は(3)第 1 文に定めた要件を満たしていないことを明らかにしたときは,欧州特許庁は,出願人に対し,欠陥について知らせ,かつ,同人に対し,当該欠陥が 2 月以内に補充されない限り,その出願を欧州特許出願としては取り扱わない旨を通知する。出願人がこれを行ったときは,庁が付与した出願日を同人に知らせる。
(規則55;JPO)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
 
規則55;英語
Rule 55
Examination on filing
If the examination under Article 90, paragraph 1, reveals that the application fails to meet the requirements laid down in Rule 40, paragraph 1(a) or (c), paragraph 2 or paragraph 3, first sentence, the European Patent Office shall inform the applicant of any deficiencies and advise him that the application will not be dealt with as a European patent application unless such deficiencies are remedied within two months. If the applicant does this, he shall be informed of the date of filing accorded by the Office.
(規則55;EPO)

審査

方式審査は、以下の要件をみたしているか否かを判断する。

  1. 出願の翻訳文が提出されていること
  2. 所定の要件を満たす願書が提出されていること
    規則41;日本語
    規則 41 付与を求める願書
    (1) 欧州特許の付与を求める願書は,欧州特許庁によって作成された様式によって提出する。
    (2) 願書には,次の事項を記載する。
    (a) 欧州特許の付与を求める旨の申立
    (b) 発明の名称。これは,明確かつ簡潔に発明の技術的表示を陳述し,かつ,すべての架空名称を排除する。
    (c) 出願人の名称,宛先及び国籍,並びに出願人の居所又は主たる営業所が所在する国。自然人の名称は,姓によって表示し,その後に名を続ける。法人,及び団体に関する法律に基づいて法人と同等である団体の名称は,その公式呼称によって表示する。宛先は,迅速な郵便配達のために適用される通常の要件に従って表示し,また,住居番号がある場合はそれを含め,関連するすべての行政単位を含める。ファックス及び電話の番号を表示することが望ましい。
    (d) 出願人が代理人を任命している場合は,代理人の名称及び営業所の宛先であって,(c)
    の規定によるもの
    (e) 該当する場合は,その出願が分割出願である旨の表示及び先の欧州特許出願の番号
    (f) 第 61 条(1)(b)の対象である事例の場合は,原欧州特許出願の番号
    (g) 適用可能な場合は,申立であって,先の出願の優先権を主張し,かつ,先の出願の出願日及び出願国又は指定国を表示しているもの
    (h) 出願人又はその代理人の署名
    (i) 願書に添付した書類の一覧。この一覧は,願書に添えて提出する明細書,クレーム,図面及び要約の枚数も表示する。
    (j) 発明者が出願人である場合は,発明者の表示
    (3) 出願人が 2 以上である場合は,願書は,共通代理人として 1 の出願人又は代理人を指名することが望ましい。
    (規則41;JPO)
    【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
     
    規則41;英語
    Rule 41
    Request for grant
    (1)
    The request for grant of a European patent shall be filed on a form drawn up by the European Patent Office.
    (2)
    The request shall contain:
    (a)
    a petition for the grant of a European patent;
    (b)
    the title of the invention, which shall clearly and concisely state the technical designation of the invention and shall exclude all fancy names;
    (c)[ 47 ]
    the name, address and nationality of the applicant and the State in which his residence or principal place of business is located. Names of natural persons shall be indicated by the person’s family name, followed by his given names. Names of legal persons, as well as of bodies equivalent to legal persons under the law governing them, shall be indicated by their official designations. Addresses shall be indicated in accordance with applicable customary requirements for prompt postal delivery and shall comprise all the relevant administrative units, including the house number, if any. It is recommended that the fax and telephone numbers be indicated;
    (d)
    if the applicant has appointed a representative, his name and the address of his place of business as prescribed in sub-paragraph (c);
    (e)
    where appropriate, an indication that the application constitutes a divisional application and the number of the earlier European patent application;
    (f)
    in cases covered by Article 61, paragraph 1(b), the number of the original European patent application;
    (g)
    where applicable, a declaration claiming the priority of an earlier application and indicating the date on which and the country in or for which the earlier application was filed;
    (h)
    the signature of the applicant or his representative;
    (i)
    a list of the documents accompanying the request. This list shall also indicate the number of sheets of the description, claims, drawings and abstract filed with the request;
    (j)
    the designation of the inventor, where the applicant is the inventor.
    (3)
    If there is more than one applicant, the request shall preferably contain the appointment of one applicant or representative as common representative.
    (規則41;EPO)
  3. クレームを含んでいること
  4. 要約を含んでいること
  5. 出願手数料及び調査手数料が納付されていること
  6. 発明者の指定が適法に行われていること
    規則19;日本語
    規則 19 発明者の指定
    (1) 欧州特許の付与を求める願書には,発明者の指定を含める。ただし,出願人が発明者でないか又は単独の発明者でない場合は,その指定は,別の書類として提出する。指定書には,発明者の姓,名,完全な宛先を記載し,第 81 条にいう陳述を含め,更に出願人又はその代理人の署名を付す。
    (2) 欧州特許庁は,発明者の指定の正確性については確認しない。
    (3) 出願人が発明者でないか又は単独の発明者でない場合は,欧州特許庁は,指定された発明者に対し,発明者を指定する書類にある情報及び次の事項を連絡する。
    (a) 欧州特許出願の番号
    (b) 欧州特許出願の出願日,並びに優先権が主張されている場合は先の出願の日付,国名及び出願番号
    (c) 出願人の名称
    (d) 発明の名称
    (e) 指定された締約国
    (4) 出願人及び発明者は,(3)に基づく連絡の遺漏又はその連絡に含まれている誤りの何れも援用することができない。
    (規則19;JPO)
    【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
     
    規則19;英語
    Rule 19
    Designation of the inventor
    (1)
    The request for grant of a European patent shall contain the designation of the inventor. However, if the applicant is not the inventor or is not the sole inventor, the designation shall be filed in a separate document. The designation shall state the family name, given names and full address of the inventor, contain the statement referred to in Article 81 and bear the signature of the applicant or his representative.
    (2)
    The European Patent Office shall not verify the accuracy of the designation of the inventor.
    (3)
    If the applicant is not the inventor or is not the sole inventor, the European Patent Office shall communicate to the designated inventor the information in the document designating him and the following data:
    (a)
    the number of the European patent application;
    (b)
    the date of filing of the European patent application and, if priority has been claimed, the date, State and file number of the previous application;
    (c)
    the name of the applicant;
    (d)
    the title of the invention;
    (e)
    the Contracting States designated.
    (4)
    The applicant and the inventor may invoke neither the omission of the communication under paragraph 3 nor any errors contained therein.
    (規則19;EPO)
  7. 優先権が適法に主張されていること
    規則52;日本語
    規則 52 優先権の申立
    (1) 第 88 条(1)にいう優先権申立には,先の出願の日付,パリ条約の締約国又は世界貿易機関の加盟国であって,先の出願の出願国又は指定国となったもの,及び出願番号を表示する。第 87 条(5)にいう場合は,第 1 文を準用する。
    (2) 優先権申立は,欧州出願の出願時にすることが望ましい。申立は,その後,主張する最先の優先日から 16 月以内においても行うことができる。
    (3) 出願人は,優先権申立の訂正を,主張する最先の優先日から 16 月,又はその訂正が主張する最先の優先日についての変更をもたらすときは,訂正後の最先の優先日から 16 月のうち,16 月の期間が先に満了する方の期間内に,行うことができる。ただし,当該訂正は,欧州特許出願に付与される出願日から 4 月の期間の満了前に提出することができることを条件とする。
    (4) ただし,第 93 条(1)(b)に基づく請求を提出した後では,優先権申立をすること又はその訂正をすることはできない。
    (5) 優先権申立の明細は,公開された欧州特許出願及び欧州特許明細書に表されていなければならない。
    (規則52;JPO)
    【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
     
    規則52;英語
    Rule 52
    Declaration of priority
    (1)
    The declaration of priority referred to in Article 88, paragraph 1, shall indicate the date of the previous filing, the State party to the Paris Convention or Member of the World Trade Organization in or for which it was made and the file number. In the case referred to in Article 87, paragraph 5, the first sentence shall apply mutatis mutandis.
    (2)
    The declaration of priority shall preferably be made on filing the European patent application. It may still be made within sixteen months from the earliest priority date claimed.
    (3)
    The applicant may correct the declaration of priority within sixteen months from the earliest priority date claimed, or, where the correction would cause a change in the earliest priority date claimed, within sixteen months from the corrected earliest priority date, whichever sixteen-month period expires first, provided that such a correction may be submitted until the expiry of four months from the date of filing accorded to the European patent application.
    (4)
    However, a declaration of priority may not be made or corrected after a request under Article 93, paragraph 1(b), has been filed.
    (5)
    The particulars of the declaration of priority shall appear in the published European patent application and the European patent specification.
    (規則52;EPO)

    規則53;日本語
    規則 53 優先権書類
    (1) 優先権を主張する出願人は,先の出願の写しを,主張する最先の優先日から 16 月以内に提出しなければならない。この写し及び先の出願の出願日は,その出願を受けた当局によって,正しいものとして証明されなければならない。
    (2) 先の出願の写しは,欧州特許庁において入手可能なその出願の写しが欧州特許庁長官によって定められた条件に基づいて欧州特許出願のファイルに挿入されることとなっている場合は,正規に提出されたものとみなす。
    (3) 先の出願が欧州特許庁の公用語によるものでなく,かつ,優先権主張の有効性がその発明の特許性についての決定に関連するときは,欧州特許庁は,欧州特許の出願人又は所有者に,指定する期間内に公用語の 1 によるその出願の翻訳文を提出するよう求める。その代わりとして,当該欧州特許出願が先の出願の完全な翻訳文である旨の申立書を提出することができる。(2)を準用する。
    (規則53;JPO)
    【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
     
    規則53;英語
    Rule 53
    Priority documents
    (1)
    An applicant claiming priority shall file a copy of the previous application within sixteen months of the earliest priority date claimed. This copy and the date of filing of the previous application shall be certified as correct by the authority with which that application was filed.
    (2)[ 56 ]
    The copy of the previous application shall be deemed to be duly filed if a copy of that application available to the European Patent Office is to be included in the file of the European patent application under the conditions determined by the President of the European Patent Office.
    (3)[ 57 ]
    Where the previous application is not in an official language of the European Patent Office and the validity of the priority claim is relevant to the determination of the patentability of the invention concerned, the European Patent Office shall invite the applicant for or proprietor of the European patent to file a translation of that application into one of the official languages within a period to be specified. Alternatively, a declaration may be submitted that the European patent application is a complete translation of the previous application. Paragraph 2 shall apply mutatis mutandis. If a requested translation of a previous application is not filed in due time, the right of priority for the European patent application or for the European patent with respect to that application shall be lost. The applicant for or proprietor of the European patent shall be informed accordingly.(規則53;EPO)
  8. 適法な代理人により手続きがなされていること
    特許法第133条;日本語
    133 条 代理の一般原則
    (1) (2)に従うことを条件として,何人も,本条約に規定される手続を職業代理人が代理す
    ることを強制されない。
    (2) 締約国内に住所又は主たる営業所を有していない自然人又は法人については,欧州特許出願の提出を除き,本条約に規定するすべての手続を職業代理人が代理しかつその代理人を通して手続をする。施行規則には,その他の例外を規定することができる。
    (3) 締約国内に住所又は主たる営業所を有する自然人又は法人については,本条約に規定する手続をその従業者が代理することができる。この従業者は,職業代理人であることを要さないが,施行規則に従い,授権を要する。施行規則には,そのような法人の従業者が締約国内に営業所を有しかつ当該法人と経済的な関係を有する他の法人の代理をもすることができるか及び如何なる条件の下で代理することができるかについて定めることができる。
    (4) 施行規則には,共同で手続をする複数当事者の共同代理に関する特別の規定を定めることができる。
    (特許法第133条;JPO)
    【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
     
    特許法第133条;英語
    Article 133
    General principles of representation
    (1)
    Subject to paragraph 2, no person shall be compelled to be represented by a professional representative in proceedings established by this Convention.
    (2)
    Natural or legal persons not having their residence or principal place of business in a Contracting State shall be represented by a professional representative and act through him in all proceedings established by this Convention, other than in filing a European patent application; the Implementing Regulations may permit other exceptions.
    (3)
    Natural or legal persons having their residence or principal place of business in a Contracting State may be represented in proceedings established by this Convention by an employee, who need not be a professional representative but who shall be authorised in accordance with the Implementing Regulations. The Implementing Regulations may provide whether and under what conditions an employee of a legal person may also represent other legal persons which have their principal place of business in a Contracting State and which have economic connections with the first legal person.
    (4)
    The Implementing Regulations may lay down special provisions concerning the common representation of parties acting in common.
    (特許法第133条;EPO)
  9. 書類が適正な書式で提出されていること(規則46~49)
PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.