米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

ヨーロッパ特許制度[European Patent Convention]

ヨーロッパ特許制度[European Patent Convention]

ヨーロッパ特許制度[EPC]とは

ヨーロッパ諸国の特許に関する実体的、手続的要件を統一化して、出願から特許付与までの手続を欧州特許庁で一括して行うことを目的として設立された制度である。
ヨーロッパ特許制度によって特許権を取得した後は、締約国に移行することによって、各国における特許権を取得することができる。

国際特許出願[PCT]と違って、出願から権利化までの実体的な手続き等は、欧州特許庁[European Patent Office]によって行われる。

欧州特許庁[EPO]の公用語は、英語、ドイツ語、フランス語であり、いずれかの言語で出願する必要がある。

<関連法規>

特許法第14条;日本語
第 14 条 欧州特許庁,欧州特許出願及びその他の書類の言語
(1) 欧州特許庁の公用語は,英語,フランス語及びドイツ語とする。
(2) 欧州特許出願は,これらの公用語のうちの何れか 1 の言語で提出するものとし,又は,他の言語でされた場合は,施行規則に従って何れか 1 の公用語に翻訳する。欧州特許庁における手続を通して,その翻訳文は,出願時の原文に一致させることができる。要求されている翻訳文が所定の期間内に提出されなかった場合は,出願は取り下げられたものとみなす。
(3) 施行規則に別段の定めがある場合を除き,欧州特許出願がされたときの欧州特許庁の公用語又は欧州特許出願が翻訳されたときの欧州特許庁の公用語は,欧州特許庁におけるすべての手続において手続言語として用いる。
(4) 英語,フランス語又はドイツ語以外の言語を公用語とする締約国に住所又は営業の本拠地を有する自然人又は法人,並びに外国に居住する当該締約国の国民は,当該締約国の公用語で,期限内に提出しなければならない書類を提出することができる。ただし,施行規則に従い欧州特許庁の公用語による翻訳文を提出する。欧州特許出願を構成する書類以外の書類が規定されている言語で提出されなかった場合又は要求された翻訳文が期間内に提出されなかった場合は,当該書類は,提出されなかったものとみなす。
(5) 欧州特許出願は,手続言語で公開する。
(6) 欧州特許の明細書は,手続言語で公開するものとし,この明細書は,欧州特許庁の他の2 の公用語によるクレームの翻訳文を含む。
(7) 次のものは,欧州特許庁の 3 の公用語で発行する。
(a) 欧州特許公報
(b) 欧州特許庁公報
(8) 欧州特許登録簿への記入は,欧州特許庁の 3 の公用語で行う。疑義のある場合は,手続語による記入を真正なものとする。
(特許法第14条;特許庁)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報
  
特許法第14条;英語
Article 14[ 11 ], [ 12 ]
(1)
The official languages of the European Patent Office shall be English, French and German.
(2)
A European patent application shall be filed in one of the official languages or, if filed in any other language, translated into one of the official languages in accordance with the Implementing Regulations. Throughout the proceedings before the European Patent Office, such translation may be brought into conformity with the application as filed. If a required translation is not filed in due time, the application shall be deemed to be withdrawn.
(3)
The official language of the European Patent Office in which the European patent application is filed or into which it is translated shall be used as the language of the proceedings in all proceedings before the European Patent Office, unless the Implementing Regulations provide otherwise.
(4)
Natural or legal persons having their residence or principal place of business within a Contracting State having a language other than English, French or German as an official language, and nationals of that State who are resident abroad, may file documents which have to be filed within a time limit in an official language of that State. They shall, however, file a translation in an official language of the European Patent Office in accordance with the Implementing Regulations. If any document, other than those documents making up the European patent application, is not filed in the prescribed language, or if any required translation is not filed in due time, the document shall be deemed not to have been filed.
(5)
European patent applications shall be published in the language of the proceedings.
(6)
Specifications of European patents shall be published in the language of the proceedings and shall include a translation of the claims in the other two official languages of the European Patent Office.
(7)
The following shall be published in the three official languages of the European Patent Office:
(a)
the European Patent Bulletin;
(b)
the Official Journal of the European Patent Office.
(8)
Entries in the European Patent Register shall be made in the three official languages of the European Patent Office. In cases of doubt, the entry in the language of the proceedings shall be authentic.
(特許法第14条;EPO)

ヨーロッパ特許制度設立の経緯

ヨーロッパ特許制度は、1973年にミュンヘンで規定された。ヨーロッパ特許制度は、パリ条約第19条の特別取極であるため、優先権(パリ条約4条)を主張することができる。

2007年12月に、俗にEPC2000といわれる大幅な改正が行われた。EPC2000では、締約国のみなし全指定、拡大先願の地位の先行技術の適用の拡大等が変更された。

PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.