米国、欧州、中国、日本、及び国際特許の出願に関する特許法を解説するサイト

クレーム[Claim]~欧州~

クレーム[Claim]

クレームの記載方法

クレームは以下の要件を満たすように記載しなければならない。

  1. 保護を求める事項を記載
  2. 明確かつ簡潔
  3. 明細書に裏付けがあること

クレームには、理解を助けるために、対応する図面の部材の参照番号を括弧書きで追記することが望ましい。これらの引用符号は、クレームを限定するものとは解釈されない。

クレームは、2パートフォーム[two-part form]で記載しなければならない。
2パートフォームとは、従来技術と、本発明の特徴部分とを分けた記載方法である。

例えば、以下のクレームにおいて、構成要件Cが特徴部分であるとする。下の”characteriaed in that”は”characterized by”でもよい。

装置クレーム

A device comprising:
A; and
B,
characterized in that the device further comprises:
C.
AとBと特徴部分Cとからなる装置。

A device comprising:
A; and
B,
characterized by
C.
AとBと特徴部分Cとからなる装置。

方法クレーム

A method comprising:
Aing; and
Bing,
characterized in that the method further comprises:
Cing.
AとBと特徴部分Cとからなる方法。

媒体クレーム

A non-transitory computer readable medium storing a program causing a computer to execute image process, the image process comprising:
Aing; and
Bing,
characterized in that the image process further comprises:
Cing.
AとBと特徴部分Cとをコンピュータに実行させるプログラムを保存した媒体。

従属クレーム

The device according to claim 1, further comprising;
D; and
E.
DとEとをさらに備えた請求項1に記載の装置。

The device according to claim 1, wherein A includes D.
AはDを備えた請求項1に記載の装置。

*多数項従属クレーム
The device according to any one of claims 1 to 5, further comprising;
D; and
E.
DとEとをさらに備えた請求項1から5のいずれか1項に記載の装置。

<関連法規>

規則43;日本語
規則 43 クレームの形式及び内容
(1) クレームは,保護が求められている事項を,発明の技術的特徴に関して定義する。適切と認められるときは,クレームには次の事項を含める。
(a) 発明の主題の指定,及び技術的特徴であって,クレームする主題の定義のために必要であるが,結合して先行技術をなすものを示す陳述
(b) 特徴部分であって,「を特徴とする」又は「によって特徴付けられる」という表現によって始まり,(a)に記載した技術的特徴と結合して保護が求められている技術的特徴を明示しているもの
(2) 第 82 条を損なうことなく,欧州特許出願は,同一範疇(製品,方法,装置又は用途)に属する 2 以上の独立クレームを含むことができるが,ただし,出願の主題が次の項目の 1 に係わっている場合に限る。
(a) 相互に関連する複数の製品
(b) 製品又は装置の異なる用途
(c) 特定の問題についての代替的解決法。ただし,これらの代替的解決法を単一のクレームに包含させることが適切でない場合に限る。
(3) 発明の本質的特徴を記載したクレームは,その発明の特定の実施態様に関する 1 又は 2以上のクレームを伴うことができる。
(4) 他のクレームのすべての特徴を含むクレーム(従属クレーム)は,可能なときは冒頭において他のクレームを引用し,その後に追加の特徴を記載する。他の従属クレームを直接引用する従属クレームも認められる。前の単一のクレームを引用するすべての従属クレーム及び前の複数のクレームを引用するすべての従属クレームは,可能な範囲において,かつ,最も適切な方法でとりまとめる。
(5) クレームの数は,クレームする発明の内容に関して適切な数でなければならない。複数のクレームには,アラビア数字による連続番号を付する。
(6) クレームは,絶対的に必要な場合を除いて,発明の技術的特徴を指定する際に,明細書又は図面の引用に依拠してはならない。特にクレームは,「明細書の……の箇所に記載されているように」又は「図面の第何図に示したように」のような表現を含んではならない。
(7) 欧州特許出願が引用符号を含む図面を含んでいる場合において,クレームの理解の助けとなるとき,クレームに記載する技術的特徴には,それらの特徴に関する当該引用符号を
括弧に入れて続けることが望ましい。これらの引用符号はクレームを限定するものとは解釈しない。
(規則43;特許庁)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

規則43;英語
Rule 43
Form and content of claims
(1)The claims shall define the matter for which protection is sought in terms of the technical features of the invention. Wherever appropriate, claims shall contain:
(a)a statement indicating the designation of the subject-matter of the invention and those technical features which are necessary for the definition of the claimed subject-matter but which, in combination, form part of the prior art;
(b)a characterising portion, beginning with the expression “characterised in that” or “characterised by” and specifying the technical features for which, in combination with the features stated under sub-paragraph (a), protection is sought.
(2)Without prejudice to Article 82, a European patent application may contain more than one independent claim in the same category (product, process, apparatus or use) only if the subject-matter of the application involves one of the following:
(a)a plurality of interrelated products,
(b)different uses of a product or apparatus,
(c)alternative solutions to a particular problem, where it is inappropriate to cover these alternatives by a single claim.
(3)Any claim stating the essential features of an invention may be followed by one or more claims concerning particular embodiments of that invention.
(4)Any claim which includes all the features of any other claim (dependent claim) shall contain, if possible at the beginning, a reference to the other claim and then state the additional features. A dependent claim directly referring to another dependent claim shall also be admissible. All dependent claims referring back to a single previous claim, and all dependent claims referring back to several previous claims, shall be grouped together to the extent and in the most appropriate way possible.
(5)The number of claims shall be reasonable with regard to the nature of the invention claimed. The claims shall be numbered consecutively in Arabic numerals.
(6)Except where absolutely necessary, claims shall not rely on references to the description or drawings in specifying the technical features of the invention. In particular, they shall not contain such expressions as “as described in part … of the description”, or “as illustrated in figure … of the drawings”.
(7)Where the European patent application contains drawings including reference signs, the technical features specified in the claims shall preferably be followed by such reference signs relating to these features, placed in parentheses, if the intelligibility of the claim can thereby be increased. These reference signs shall not be construed as limiting the claim.
(規則43;EPO)

クレーム作成時の留意事項

独立クレーム

独立クレームは、原則的には1つのカテゴリに1つとされている。
クレームのカテゴリとは、『もの』のカテゴリである製品、装置と、『方法』のカテゴリである方法、用途とに大別される。

例外的に1つのカテゴリに複数の独立クレームが認められるのは、以下の場合。

  1. 相互に関連する複数の製品(プラグとソケット、送信機と受信機等)
  2. 製品又は装置の異なる用途(第1次医学的適用が公知である場合の第2次以後の医学的適用に関するクレーム)
  3. 特定の問題についての代替的解決法。ただし,これらの代替的解決法を単一のクレームに包含させることが適切でない場合(化合物のグループ、その化合物を生成するための2以上の方法)

その他

なお、ヨーロッパ特許出願では、米国と異なり、多数項従属クレームに従属する多数項従属クレームは認められる。

クレームの数が15を超える場合には、16以降は所定の手数料が発生する。手数料については、手数料一覧を参照のこと。

<関連法規>

規則43(2);日本語
規則 43 クレームの形式及び内容
(2) 第 82 条を損なうことなく,欧州特許出願は,同一範疇(製品,方法,装置又は用途)に属する 2 以上の独立クレームを含むことができるが,ただし,出願の主題が次の項目の 1 に係わっている場合に限る。
(a) 相互に関連する複数の製品
(b) 製品又は装置の異なる用途
(c) 特定の問題についての代替的解決法。ただし,これらの代替的解決法を単一のクレームに包含させることが適切でない場合に限る。
(規則43(2);特許庁)
【引用】特許庁 外国産業財産権制度情報

規則43(2);英語
Rule 43
Form and content of claims
(2)Without prejudice to Article 82, a European patent application may contain more than one independent claim in the same category (product, process, apparatus or use) only if the subject-matter of the application involves one of the following:
(a)a plurality of interrelated products,
(b)different uses of a product or apparatus,
(c)alternative solutions to a particular problem, where it is inappropriate to cover these alternatives by a single claim.
(規則43(2);epO)
PAGETOP
Copyright © gaikoku-pat.com All Rights Reserved.